2008年05月19日

奮闘記・第219回 ケアマネ/島根県

●Key Word● 客観的な視点

島根県社会福祉協議会

介護支援専門員実務未経験者更新研修

介護支援専門員再研修

(1日目)

〜介護保険制度の理念・ケアマネジメントの基本〜


(2008年5月13日 島根県浜田市・いわみーる)



 1か月ぶりに出雲空港へ降り立ちました。おや? 空港ロビーがいつになく賑やかな感じ。中にはツアー・コンダクターが、旗を振ってお客様を誘導している姿もちらほら。ははん、この方々はやはり出雲大社(杵築大社)へ向うようです。

 実は、出雲大社では60年に一度の「平成の大遷宮」を迎えているのです。そのために、神様に仮のお社にお移りいただいて(御仮殿遷座)、通常は一般の方々が昇殿出来ない本殿にあがり、一般人が本殿(といっても各部屋には入れない)を見学ができるのです。

 60年に1度ですよ! 60年に1度ですからねぇ〜。佐藤も機会があれば見たいけれど・・・。もちろん、仕事優先。佐藤は人々の間を縫って出雲市駅行きのバスに乗り込み、出雲市から浜田に向かったのでした(沈黙)。長いね〜この時間!

 それはさておき、今回の研修は、介護保険法の改正に伴って、介護支援専門員資質向上事業の実施で行われるもの。

 「介護支援専門員証に有効期限が付され、更新時に研修の受講を課す事により、定期的な研修受講の機会を確保し、介護支援専門員としての必要な知識技術の向上を図り、専門職としての能力の保持・向上を図ること」と、「介護支援専門員として、実務についていない方、または実務から離れているが実務に就く際に、介護支援専門員としての必要な知識、技能の再修得を測ること」を目的としています(そのままだが長い)。

 ですから、参加者の方の多くは、介護支援専門員の資格を持ちながら、実務未経験者の方々です。この研修内容は、介護支援専門員の実務研修と全く同様。44時間のカリキュラムと、そのほかに演習実習が組み込まれています。ひゃ〜!

 いや〜、系統だてられた研修とはいえ、介護支援専門員の資格を持ちながらも、現在は他の職についているわけで(笑)。その仕事を休み、この研修に参加するのは、本当に大変なことでしょうね。だから、会場で皆さんのお顔を拝見しても、研修に対する意欲が伝わってこない(それがふつうでしょうな)。

 まぁ、佐藤が、そう感じただけかもしれません。でも、せっかく、皆さんとかかわることができるのですから、皆さんにも意欲的に参加していただきたい(でなきゃほんとうに無駄)。そこで、まずは、皆さんからみた「介護支援専門員の仕事とはどのようなことでしょう?」とテーマを出し、グループで語り合って頂きました。

 佐藤は、この間にいつものように皆さんの間に割り込んで、情報収集しました。するとやっと皆さんの緊張もほぐれ、ほんのりと笑顔を見せてくださいましたね。

 グループ討議の後で、参加者の方に前に出ていただいてホワイト・ボードへ話し合った内容を書き出して頂きました。その内容は


 
 1)相談業務
 2)課題分析(アセスメント)
 3)サービスとの連携・情報収集
 4)計画作成
 5)モニタリング
 などなど・・・。

 
 佐藤は書かれた内容をみて、まさしくその通りだと思いました。1番に相談業務を持ってきてくれたことがうれしかったですねぇ〜。このような質問をすると、大概は、「居宅サービス計画を作成する」がトップにあがるんですよね、はい。そりゃ計画を作成する役割はあるわけだけど、本来は相談業務が主な仕事なんですよぉ。

 その後は、テキストに沿って、介護保険法の理念や、ケアマネジメントの基本を解説していきました。そして、利用者の主体性を尊重するために必要な介護支援専門員の心がまえなどを伝え、介護保険制度がスタートしたときの情勢と、現状との違いを解説していきました。

 佐藤が、皆さんに介護支援専門員の役割を順序だてて伝えていくと、皆さんは、素直にうなずかれたり、熱心にメモをとられたりしていました。その姿をみて、皆さんは現在、介護支援専門員の職についていないので、周囲にいる介護支援専門員の仕事を客観的に観察することができるのだなぁと思いました。

 なぜなら、介護支援専門員の職についている方々に、同じ、更新研修を行った時には、会場から「そうはいっても現実は難しい」という雰囲気が伝わってきましたからね。その方々は、それだけ介護支援専門員の職務に対して情熱があるのだとは思いますが・・・。

 時にはこのように自分達の仕事を客観的な視点で振り返ることが大切だと思いますがいかがでしょうか? さて、いよいよ、明日からは事例を通して、居宅サービス計画を作成に移ります。


図1 いわみーるからの風景.jpg

図1 いわみーるからの風景


(To Be Continued!)
posted by さとうはあまい at 15:51| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ケアマネジャー(介護支援専門員) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック