2007年09月19日

奮闘記・第025回 読んでみた!/東京都

●本の分野● 介護技術


『古武術介護入門』を読む


(2007年9月5日 東京都豊島区・旭屋書店池袋店にて購入)



『古武術介護入門』か。そういえば、この前、テレビでなんだかやっていたっけ。介護技術に古武術ってなんかねぇ、という人もいるやも知れません。

 佐藤も介護技術講習主任指導者として、介護技術を指導している立場でいうと、介護技術には基本的にボデイメカニクスを活用して、介護職も、利用者も安心して、痛くならない介助方法があることはある。

 ただ、無理を強いられる現状ではその方法で常に行うゆとりを持てない(つまり手っ取り早くやろうとする)から、結局は身体を痛めてリタイアしてしまうんだよね。

 しかも、介護福祉士国家試験の実技試験でのポイントは、全介助ではなく、自立支援に向けた介護技術を重視しているからねぇ。

 まっ。介護職をサポートしている佐藤とすれば、「知らないよりは知っていたほうが良い」程度で眺めた本ですが・・・・。

 これが凄い。目からうろことはこのことをいいますよ。

 とにかく、この本を片手に読み始めると実践したくなっちゃた。だから、ためしに、そばにいる人に、協力をあおいでやってみた。

 すると、何じゃこりゃぁ〜〜〜!この手つきは、すでに、佐藤も実践の場で、無意識にやっていたではないかぁ〜。

 特に、第2章では、「古武術介護の6つの原理」について、写真と絵をふんだんに活用して、解説をしている。著者自身も介護職。だから介護職員が理解できる言語で解説できるんですよ。

 この部分が、今までの小難しい、しかも何通りもやり方があったり、使えない場面の多い介護技術の本とはちがうところなんだろうな(笑)。だって、すらすら読めちゃうもの。

 介護職員が、利用者に全介助を行う機会が多い、施設現場などで働いている介護職は、自分の身を守り、援助を受ける人も楽だというこの介護方法を読んでみたらいかがかしら。

 DVDがついているので、職場で購入して、仲間同士わいわいがやがや言いながら練習してみてもいいのではないかなぁ〜。まぁこの本の著者はそういうこと(介護技術を論じ合う)ができない、閉鎖的な、でも一般的な介護現場”にいたからこそ、生まれた方法なのだということは皮肉なことだが。

 実際、古武術でもなんでもいい。異業種技術や考えでも、いいもの、いい技術なら取り入れていける風通しのよい職場を創ること。それが利用者だけなく、介護現場で働く自分の未来のためにも繋がっていく。この本はそんな可能性のひとつを見せてくれた気がします。皆さんもぜひ手にとって眺めてみては。

 ではまた本屋さんで会いましょう!



【本データ】

 『古武術介護入門』[DVD付]

  岡田慎一郎(著) 医学書院、2006年8月刊、定価3150円(税込)


図1 これがその本。となりは吉備津神社の御札(笑).jpg

図1 これがその本。となりは吉備津神社の御札(笑)



(To Be Continued!)

posted by さとうはあまい at 16:14| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 読んでみた! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

介護職
Excerpt: 専門職の質の維持また、新人職員の働く動機だけではなく介護職としての知識にもばらつきがみられ、知識を吸収するスピードも職員によってかなり差があります。もちろん、基礎資格が介護福祉士であったり、ヘルパーで..
Weblog: 介護情報
Tracked: 2007-10-03 20:29