2007年08月29日

奮闘記・第008回 ケアマネ/埼玉県

●Key Word● ケアプランの適正化


ヒューマンライフケア 南与野の湯
オープンセミナー


介護支援専門員に求められる

コンプライアンススキル


(2007年8月22日 埼玉県・ヒューマンライフケア南与野)



 この日の会場は、佐藤がテレビ研修の講師を務めるヒューマンリソシアの関連会社、ヒューマンライフケア南与野の湯です。ここでオープンセミナーがありました。

 佐藤は、出先の所沢から電車に乗り、南与野を目指して移動を開始しました。セミナーの開始時間は17:00。だから、所沢を16:00に出れば間にあうはずです、よね。

 しかし・・・・。佐藤が移動を開始したとたん。突然イナズマがひかり始めたのです。

 (おや? これは!)

 てっきり、雷神様が佐藤を応援してくれている(甘い!)、と思ったのもつかの間、佐藤が乗ったJR武蔵野線電車が動かなくなったのです。

 車内放送では「只今落雷のため○×△〜◇×!!!」(うるさい割に必要な情報量は少ないな)とのこと。結果、新秋津駅〜武蔵浦和駅までを18分で移動するところを50分かけて移動したのですぅぅぅぅぅ!!!

 さらに、JR埼京線に乗り換えようと降りたった武蔵浦和の駅では、停電していて真っ暗(ハハハ、何か私に問題が?)。さらにさらにじゃ、JR埼京線は停電のために再起不能ではなく上下線とも運転を取りやめていました。

 しからばタクシーじゃ〜と思いタクシー乗り場に行くがタクシーがいない。全く来る様子もない(こういう時こそ稼ぎ時なんじゃないの?)。

 しかたなく主催者に電話をしてJR武蔵浦和まで迎えに来ていただきましたとさ、めでたし、めでたし。結局、開催時間までに間に合いました。

 さて、気を取り直して、セミナーです(笑)。テーマは介護支援専門員が遵守すべく法律について説明をしました。

 しかし、短い時間の中で詳細に法令の解説などできるわけもなく、この部分のキモとして介護支援専門員の基本テキストを読むように伝えました。

 せっかく、介護支援専門の方々が集まってくださったので、お互いに現在困っていることなどについて情報交換をしていただきました。

 そこで皆さんが困っていたのは、自分の立てたケアプランが、適正な内容かどうかを保険者に問い合わせをした時、保険者によっての対応がまちまちであること。これは良い、これは悪いで観点が違ってしまうので、その都度対応に苦慮していることなどの話が出ました(ケアプランの適正化)。

 佐藤は、介護支援専門員の専門課程の書籍を参考に、ケアプランと個別援助計画書の適正についての説明を加え、サービス担当者会議の時には、サービス提供者の方々から個別の援助計画書を提出していただくことや、具体的なサービス内容については個別援助計画と照らし合わせて記載する手法などを話しました。

 2時間という短い時間でしたが、参加された方々はお互いで情報を交換することができて満足されていました。

図1 セミナーのひとコマ.jpg

図1 セミナーのひとコマ


 はてさて、これにてセミナーは終了。佐藤は落雷の影響がまだ続いている埼京線に乗って帰宅しましたよ。それにしても、恐るべし自然災害。皆さんも気をつけてくださいませ!(って気をつけようがあるかい)


(次回へつづく)

posted by さとうはあまい at 14:03| 島根 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ケアマネジャー(介護支援専門員) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
佐藤先生

先日は豪雨と雷の中、ありがとうございました。
電車の方々は結局来れず終いになり、とても残念がっておりました。

稲妻のごとく現れ、夕立のごとく去っていく先生の雄姿を久々に拝見でき、嬉しく思いました♪

また、雨が降りましたらお立ちより下さいませ♪
ありがとうございました!!
Posted by はや at 2007年08月29日 14:48
稲妻のごとく現れ、夕立のこごとく・・・・って。私は雷神かい???
ということで、この素晴らしき文字さばきに佐藤より「コメント賞」を差し上げます(笑)
それにしても、カキ氷が美味しかったなぁ〜♪♪♪
Posted by さとうはあまい at 2007年08月30日 07:30
佐藤先生へ
島根のこの度の研修も大盛況のことでしょう!!10月6日の隠岐入りを楽しみに待っていますのでどうぞ、ヨロシクお願いします。
さて、当日の研修ですが、テーマ「私にもできる、素敵な相談援助」としまして14:10〜17:30頃までを設定しています。研修プログラムとして◆人とかかわる時の心がまえ(自己理解と他者理解、介護支援専門員としての心がまえなど)
◆『ケアマネ』という役割に押しつぶされず、役割を遂行するためには?(ケースに行き詰ったり、振り回されないケアマネのスキル)
◆ケース検討(スーパービジョン)の醍醐味を知ろう!!
・・等と計画してあります。3時間しかない研修で欲張った内容にしてありますが、如何でしょか?
また、先生のファンが沢山いまして、夕食をはさみながら『ケアマネのよろず悩みの解決箱』と称し、日日の問題解決へのアドバイスを頂きたいと切望しています。合わせて如何でしょうか?
Posted by 隠岐CM協会 亀谷です at 2007年09月27日 13:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック