2007年07月29日

今週の応援現場134日目 浜田編

2007年7月17日(火) いわみーる


介護支援専門員研修専門課程T


対人個別援助技術(ソーシャルワーク)


講義・演習  1日目(浜田1グループ)



 島根県は東西(じゃないの?)に細長い地域です。それを島根県全域の、介護支援専門員の方々を松江に一堂に集めることはかなり難しい。ですから、介護支援専門員の人々の研修も松江(北部)と浜田に分かれて開催されています。

 ということで、今日から「浜田地域」の方々とかかわります。しかし、やむにやまれぬ理由があるものです。
(身から出たサビともいうが。)

図1 益田駅を立つ。忘れものに注意!.jpg

図1 益田駅を立つ。忘れものに注意!


※写真をクリックすると大きくなります。以下同じ。


図2 荒々しい日本海の波は失敗を忘れさせてくれる.jpg

図2 荒々しい日本海の波は失敗を忘れさせてくれる


 早朝からJRで益田駅まで行き、ただ往復してきました(トホホ)。滞在時間5分。えっ?といわれるかも知れませんがこっちも残念。雪舟庭園も大麻山も行けないなんて(まぁ番外編ではないから仕方がない)。

 車窓から眺める日本海は、はるか遠くに水平線が丸く弧を描いてみることができ、地球は丸いということをを実感することができました。ふふふ。これで島根県全域を横断となりました。(自己満足か? さては不幸中の幸いか?)

図3 出雲大社石見分祠.jpg

図3 出雲大社石見分祠


 そして、ここ浜田市には出雲大社の石見分祠があります。佐藤は朝食後、この分祠にお参り。

「これから、浜田地域の介護支援専門員の方々の研修を行います。どうか、参加者の方とうまくかかわれますように!」と心をこめてお願いをしました。
(あ〜、はいはい。)

図4 研修開始!.jpg

図4 研修開始!


 今回の研修には140名近い介護支援専門員の方が参加されていました。さらに、参加者の中には、すでに実務者研修のときに佐藤とかかわった方もいらして、また会えたことが嬉しかった。

 介護支援専門員の専門課程は、介護支援専門員の実務を更新するために参加をしているという方が多くいらっしゃいますので、これからの介護支援専門員として必要な参考文献なども紹介しながら研修をスタートしました。

 まずは、パワーポイントを活用し、ソーシャルワークについて説明、さらに皆さんには「自己理解・他者理解」を深めていただきました。

 自己理解を深めるためには自分自身について考える必要があります。まずは、皆さんに「自分は何者であるか」を考え、資料に箇条書きにしていただきました。

 自分で文字にしたものを点検していただくと、自分の好き(得意)な部分を書かれた方よりも、嫌い(だめ)な部分を書かれた方が多かったですねぇ。松江でもそうでしたが島根の人々は自分に厳しい方が多いのかもしれません(苦笑)。

図5 研修風景(1).jpg

図5 研修風景(1)


 次に、二人一組になっていただき、自己紹介も含めて、幼い頃の楽しい思い出を語り合っていただきました。そのあとで、話し合ったその方について、自分が抱いたイメージをノートに書いていただきました。

 そして、今文章にした相手のイメージを、本人に伝えていただきました。皆さんはそのときの約束である「否定せず、受けとめること」が少し難しい方もいたようで、おもわずくびを横に振ってしまう方もいました(笑)。どうも、自分に対して他者が発する「肯定的なことば」を自分が素直に受けとめることは難しいようです。

 そして、自分のコミュニケーションの傾向性を測るツールを活用し、それぞれが自分の傾向性を測ってもらったときは、標準だと五角形になる図が、いびつになったり、なかには思いがけない結果も出たらしく、愕然とされた方もいたようですね(苦笑)。

図6 研修風景(2).jpg

図6 研修風景(2)


 所詮は「自己理解」や今回作成した様々な図も、作成したのは自分自身ですから、すべてにおいて、信憑性は低いのであまり気になさらなくて結構なのです(笑)。ただ、このような部分もあるかも知れないと気づいていただければ、考えていただいた意義があるというものです。

 午後からは、事例検討で「台本の書き換え」の作業をしていただきました。1時間という短い時間でしたが、7枚の紙にその場面に適した言葉で表現されていました。こちらは明日使用してグループワークをします。

図7 講師にとっても楽しい研修.jpg

図7 講師にとっても楽しい研修


 最後は、皆さんに自分のパーソナリティを認識していただくための「エゴグラム」を作成していただきました。そして、私たちは幼い頃に私達を育ててくれた人々の影響を受けているということを伝えました。これにて今日の研修は終了しました。

 夕食は浜田市の片庭町の老舗、たこ初食堂にて、「たこ初ライス」と野菜サラダをいただきました。もちろんビールも欠かしません(笑)。

図8 たこ初食堂のたこ初ライスを楽しむ.jpg

図8 たこ初食堂のたこ初ライスを楽しむ


 この、たこ初ライスとは、白いご飯の上に、デミグラスソースがかかり、その上にふわふわの卵焼きがとろりと乗っかり、さらにその上に魚肉ソーセージと干ししいたけがトッピングしてあります。(なぜに、干ししいたけかは不明、知っている方は教えて・・)

 たこ初ライスは、卵の程よい甘さと、デミグラスソースのやさしいうまみがマッチしてとても美味しかった。昔ながらの洋食屋さんという感じでした。ご馳走様でした。

図9 地域の味を楽しまないと(笑).jpg

図9 地域の味を楽しまないと(笑)


図10 夕暮れの浜田の町、すでに故郷のよう(笑).jpg

図10 夕暮れの浜田の町、すでに故郷のよう(笑)

(つづく)
posted by さとうはあまい at 13:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケアマネジャー(介護支援専門員) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック