2007年07月24日

今週の応援現場133日目 松江編

2007年7月16日(月) いきいきプラザ島根



平成19年度介護支援専門員


実務従事者基礎研修 4日目



 いよいよ、本日は最終日。皆さんが、介護支援専門員の実務研修を受けたあと、実際に介護支援専門員の業務に従事し、ケアプランを作成。 そのケアプランを元にグループのなかで事例検討。そして、他者と事例検討をするなかから改めて自分で「できていたこと」「できていなかったこと」を再確認できたのではないか、という話をしました。

 そして、各自が新たに気づいた「できたこと」「できていなかったこと」を明らかにし、できたことを維持するためにはどうするのか。また、できていなかったことを維持するためにはどうするのかを考えられるように、各グループでKJ法を活用し、まとめていただきました。

 多くの参加者から、実務研修のときにKJ法で学んできた経緯もあり、皆さんから「待ってました!」という意欲的な言葉を聞くことができました(笑)。

図1 研修風景(1).jpg

図1 研修風景(1)

※写真をクリックすると大きくなります。以下同じ。


 各自、自分の考えをポストイットに書いて模造紙に貼っていくことにより、模造紙は色とりどりのポストイットでうまっていきました。

 佐藤が会場をまわってみたところ、まだまだ自分に厳しい考えを持っている人が多く、「できていること」への紙が少なかったように思いました(笑)。

 最終的に、できていることを維持するためにはどうするのか、その決断のことばを。また、できていないところを向上するためにはどうするのか、その決断のことばを書き添えていただきました。

図2 成果物(1).jpg

図2 成果物(1)


 皆さんが張り切って作成した成果物は、やがて、会場の窓や壁に張り出されていき、様々な模様の模造紙で、会場はにぎやかさを増していきましたね。

 佐藤は皆さんの写真を懸命に撮りました。多くの作品を載せたいですが、はっきり写せたものを載せます。

 最後に各グループに発表をしていただきました。15のグループに発表していただくためには、5分の時間配分でも、それぞれが今回の研修の感想なども付け加えてくれた(有り難いことです)ので、終了時間がギリギリになりました。

図3 成果物(2).jpg

図3 成果物(2)


 発表者から、「新たなネットワークを作っていく」という声も聞こえてきました。これからが楽しみです。一人ひとりの力は小さくても、お互いの知恵を集めることで大きな力を発揮することができるでしょう。

これからもお互いに、自分の力を頼りにしながら、他者の力も頼りにして日々の仕事に励んでください。皆様のさらなる成長を楽しみにしています。

図4 研修風景(2).jpg

図4 研修風景(2)


(つづく)

posted by さとうはあまい at 18:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケアマネジャー(介護支援専門員) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック