2020年05月16日

奮闘記・第1098回:ステイホームという表現がきらい

●2020年● ステイホームという表現がきらい

「介護支援専門員業務実践マニュアル」(第03回)


というより、あの知事さんがなんだろうな。

「気をつけろよ、刺すような毒気がなけりゃ、男稼業もおしまいさ―」
今の時代、まさに「蘇れ松田勇作」って感じだ。鵺の鳴く夜は恐ろしい。

それにしても小さい。アベノマスクって総理の人間の器と同じくらいの大きさかなぁ、まぁどこかの知事よりは・・・・。
(むかしのカドカワさんは良かったな・ひゃ〜参謀)


さて、ひゃ〜参謀は食事に行きました(笑)。今回も続きをあげましょう。


(2)利用の申し込みにおける調整を行う:事業所側の選択。
エントリーの段階で、相談者から「居宅介護支援事業所を利用したい」という希望があった場合には、次の段階へ入ります。それは当事業所で《その方の支援を行えるかどうか》を吟味する段階なのです。この担当者を決める作業を、そうです「申し込みにおける調整」というのです。

この利用の申し込みにおける調整を、管理者と空いている(お手すきとも)介護支援専門員のみで行って、新たな利用者の情報を他の職員が知らないということは良くありませんね(それは談合に近い)。

なぜならば、利用者とは「居宅介護支援事業所を利用する方」であって、担当する介護支援専門員のみの独占する利用者ではないのですよ。

そこで、誰が担当するにせよ会議などを通して、新たに利用者になった方の情報をすべての職員で共有する仕組みを整備しておきましょう(でないといろいろ辛くなりますよ、自分が)。

☆☆佐藤からのアドバイス☆☆☆☆☆

「新規利用者の受け入れマニュアルを作りましょう。」


ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

 申し込みにおける調整マニュアル
エントリーの段階(相談受付)
      ・利用希望あり 
      ・毎週〇曜日の職員会議にて担当者を決める(会議録)
      ・利用者希望者に、担当の可否を伝える。1週間以内とする。

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

    

大事なことなので繰り返します。

利用者は「居宅介護支援事業所を利用する利用者」であって、1人の介護支援専門員のみを利用する方ではないのです。

そこで、今後支援の過程において、担当する介護支援専門員が、困りごとを抱えたときに、他の介護支援専門員と相談できるそのような環境作りをするためにも、《利用の申し込みにおける調整》は、慎重かつ迅速に行い、皆で支援しているという機運を高めるように努めることが協働できる環境作りの第一歩なのです。

さてさて、皆さま夜明けは近いかも知れませんが、油断なくお過ごしください。



【YouTube:「佐藤ちよみチャンネル」へのお誘い💛
https://www.youtube.com/channel/UCvDRKWx-pj-cp6-Wy_2teOg


今年もひゃ〜参謀の紫蘭ちゃんは好調!.jpg

今年もひゃ〜参謀の紫蘭ちゃんは好調!


(To Be Continued!)
posted by さとうはあまい at 14:51| 東京 ☔| Comment(0) | 書いてみた! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。