2019年12月13日

奮闘記・第1092回 見聞録/茨城県

●2019年● 茨城県常陸太田市&日立市


常陸国の超絶パワースポット💛

交通安全のお札を交換に行くぜ、御岩神社!


前回、我々は下総国香取神宮で無事に今年の穢れをたっぷり祓って頂いた。そして次なる目的は、常陸国(茨城県日立市)で幸運を頂くべく、御岩神社を目指すのだった。

研究所の愛車・カナメイシ君のナビ様に「おいわじんじゃ」と入れ、ルートを検索。佐藤は一般道を選択すると、なんとその移動距離140キロであったw。

先ほど亀甲堂さんで、釜めし定食を頂いたのでエネルギーは満タンだ(車には関係ない💛)。

佐藤はルンルン気分でアクセルを踏み込んだ。


「・・・大将、くれぐれも安全運転でお願いしますよ」


とは、ひゃ〜参謀の言。

はいはい、遵法速度(佐藤基準だが)で行くからご安心をw、と軽やかに香取神宮の駐車場を後にした。

なんせ、御岩神社の交通安全守をカナメイシ君の内にぶら下げてからはまったくヒヤリハットすらないのだ。でもでも油断は禁物、「制服を着た〇ルメットの2人組」にはゆめゆめ注意しなければならないのだw。


●さて、常陸国へと参りますか●.jpg

●さて、常陸国へと参りますか●



その後、文字通り国道を走りに走り走りに走り続けた。車内には、ひゃ〜参謀が持参したCDが懐かしの曲を奏でている。佐藤はそのリズムに合わせ、知っている曲は歌詞を口ずさみ、知らない曲は勝手に作詞して、ノリノリで移動した。

近所の山奥で〜、修行をしてぇぇぇ


なになに、歌詞が間違っているからおちおち寝るに寝れないってとは、ひゃ〜参謀
まぁまぁ、そう言わずに静かに寝ておれ(笑)。

こちら、茨城県内の国道である。周囲には田園風景が広がり、畑には大根の葉や、にんじんの葉が風に揺れている。

また、周囲の小山の木々は最後の力を振り絞り、紅葉した葉をしっかりつなぎ留め、我々の目を楽しませてくれた。

茨城の一般道はフリーウェイに近いせいか、信号機が少ないのと、周りの車が速やかに移動してくださることが重なり、思ったよりスピーディに移動できた。

一般道を移動していて頼りになるのが道の駅である。ちなみにひゃ〜参謀は道の駅のマグネットを集めており、事前にあちこち調べているのだ。

道中「道の駅・ひたちおおた」の文字を発見した。「あそこで一休みしませんか?」と聞くと、「よっても良いけどマグネットはないですぞ」とのこと。

まぁ、そうはいってもここら辺で休まないと、この先トイレ休憩ができないかも〜、ということで一休み。


【道の駅・ひたちおおた】
この道の駅は、2016年7月に茨城県内13番目に誕生したそうな。なんと水戸黄門さんの故郷だとか。

また、国土交通省より重点道の駅にも選定されており、地域の情報発信・交流拠点となっているらしい。


●道の駅・ひたちおおたで御岩神社のどら焼きを発見!●.jpg

●道の駅・ひたちおおたで御岩神社のどら焼きを発見!●



確かに、店内には、新鮮な野菜や加工品が並んでおり、この地域で取れた野菜が勢ぞろい。このまま帰宅できるのであればそれら新鮮野菜を購入したいところではあるが、我々がここで購入したのはおやつである。

ひゃ〜参謀は、魅惑的な餡が入った揚げパンを、佐藤はお豆がぎっしり詰まった豆大福をゲットした。すると、その店になんと御岩神社の神饌・どら焼きが売られていたのだ。

なんですと? 御岩神社ですと、それはぜひ手に入れねばなりますまいということで、


「御岩神社のどら焼きも2つ追加で!」


とこちらもめでたくゲットである。


●これが御岩神社の「神饌」のどら焼きだ●.jpg

●これが御岩神社の「神饌」のどら焼きだ●



こうして、お互いに食物プラスどら焼きを手に、再び車に乗り込んだ。やがて車は、市街地より山間部へ入っていく。

緩やかなカーブを曲がると、ナビ様が目的地は右に曲がり、後方に戻ります。お疲れ様でしたと案内を終了した。

そうそう、ここよ、ここよと佐藤は周囲を確認し、ハンドルを大きく右回転して、参道へ入り、めでたく車を駐車場へ入れた。気づけば、最初の到着予定より40分くらい短縮できた。


【御岩(おいわ)神社】
駐車場から、参道にもどるとそこに社務所がある。すでに陽は傾いており、参拝後にお札を購入できるか不安を覚えた。

佐藤は、「先にお札を交換しましょう」と提案し、ひゃ〜参謀を誘って社務所に向かい、社務所では目的の交通安全のお札をゲットした。


●御岩神社の本殿へ向かう●.jpg

●御岩神社の本殿へ向かう●


●こちらの神社にも立派な大杉が!●.jpg

●こちらの神社にも立派な大杉が!●


●だいぶまわりも暗くなってきた●.jpg

●だいぶまわりも暗くなってきた●



その後、鳥居をくぐり、左側にある祓戸社を参拝した。1年頑張って護ってくださったお札は、参道の途中にある納め場所に御礼を告げて納めた。

ここは何度も来ているが、知る人ぞ知る「日本一のパワースポット」(2019年12月現在)と評される神社である。まぁ寺社の好き嫌いは個人差があってもいいだろうが、戸隠神社(奥社)、榛名神社と並んで魅惑的な神社なのは確かであろう。


御岩神社のホームページに寄れば、創建の時期は不明だが、縄文晩期の祭祀遺跡の発掘や、日本最古の書の1つ『常陸國風土記』(721年)に


「浄らかな山かびれの高峰(御岩山の古称)に天つ神鎮まる」


と記されていることから、古代より信仰の聖地であったことが窺える。

御祭神は、国常立神・大国主神・伊邪那岐神・伊邪那美神。その他、大山祗神ほか20柱が御岩山総祭神188柱として祀られていた。みんななじみの神様ばかりだ。

中世には山岳信仰とともに神仏混淆の霊場となり、江戸時代に至っては水戸藩初代・徳川頼房公により出羽三山を勧請し、水戸藩の国峰と位置づけ、徳川光圀公(水戸黄門様)など藩主代々参拝を常例とする祈願所であったという。

まだ行ったことはないが、近くには水戸藩2代藩主・徳川光圀公の隠居所の西山荘もある。


●見えて来た本殿●.jpg

●見えて来た本殿●



ふむふむ。黄門様はともかく、佐藤が移動するところに国之常立神(国常立尊)の神様有りであるな。これはこの神様に呼ばれているとしか思えないw(ご都合主義💛)。

いやいや、高級神がいる神社は、呼ばれていない人はなかなか足を運べないという話もあるのだ。


さて、境内には小川が流れ、杉の木々が天に向かい枝を伸ばし、大地は緑色に苔むしておりその上に赤色のもみじが落ち日本庭園の風情を醸し出している。我々は玉砂利を踏みしめ、本殿を目指した。

御岩神社では、現在令和の大改修として、大日堂御造営と大日如来坐像の修復工事をしていた。我々は、途中工事の方々が、奏でる様々な音の中を案内板に沿って移動しながら、本殿に無事に着いた。

森に抱かれながら本殿まで行くと空気が凛と澄みわたり、周囲はおごそかな雰囲気に包まれる。我々は背筋を伸ばし、拝殿にて手を合わせた。

「おかげさまで、今年1年、大きな災いもなく無事に過ごすことができました。来年も無事に過ごせますように・・・・」


と深々と頭をたれ、祈念した。その後、途中で阿弥陀如来像を参拝。こちらでは無病息災をお願いした。なんせ、加齢に伴う体の痛みは少なからずあるのだ(泣)。


●たどり着いた本殿●.jpg

●たどり着いた本殿●




こうして、念願の御岩神社の参拝を無事に終え、佐藤は車に戻りさっそく新たな御札を駐車場で着けたのはいうまでもない。

さてさて、今回はここまで・・・・であるが、帰りにちょいと足を延ばして、竜神大吊橋も眺めて、渡ってみたw。いや〜、落ちたら死にますよこれ。


●竜神大吊橋の「龍神様」●.jpg

●竜神大吊橋の「龍神様」●


●いやいや凄い。死にますよ、落ちたらこれw●.jpg

●いやいや凄い。死にますよ、落ちたらこれw●


●バンジージャンプができるって・・・するかい!●.jpg

●バンジージャンプができるって・・・するかい!●


●竜神大吊橋は渡り切ったら戻ってくるのだ。ハハハ。橋じゃないんだ!●.jpg

●竜神大吊橋は渡り切ったら戻ってくるのだ。ハハハ。橋じゃないんだ!●



さてさて、皆様。気づけば、今年も残すところ後わずか。1日1日をお元気でお過ごしくださいませ!

(To Be Continued?)
posted by さとうはあまい at 14:55| 東京 ☁| Comment(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。