2018年06月22日

奮闘記・第1060回 見聞録/長崎県&熊本県

●2018年● 長崎県大村市・長崎県島原市&熊本県天草市ほか


『道の駅』マグネット探訪の記

〜潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅(その2)〜


皆さま、おげんきでしょうか。なんとか続きができました。今回は1058回の第2弾です!

と言いつつ、良く考えると、あまり、潜伏キリシタン関連遺産は廻れてませんでしたねぇ・・・。外海や大浦天主堂くらいかな? もうこの時期は、長崎や天草も、世界遺産に登録されることは、規定路線だったんで、各施設がノリノリで補修していました。

走行ルートは、潜伏キリシタン関連のエリアを界隈を走っているのですが、全然遺構や施設が「潜伏」していなかったのです(笑)。むしろ、誇らしげでありました。

潜伏キリシタン関連の資料自体は、かなりあちこちで拝見しましたから、いろはを学ぶ旅が近いのかな(汗)。さてさて、以下、今回はいよいよ潜伏キリシタン・・・、いや道の駅・マグネット探しも終盤です。


本日、我々は、島原半島から熊本県天草へ渡り、長崎空港から東京へ戻るのであった。今回の九州での移動距離、おおむね約367キロときた。

我々の実績(?)からすれば、「並の距離」なのだが、ニコニコレンタカーへの返却時に「いやいや、お客さん、たくさん走りましたねぇ〜」と感心された。まぁ初日も結構乗ったしねぇ・・・。そこは、ハハハ。

ということで、我々は、道の駅・マグネット探しと、ついでに潜伏キリシタン関連遺産を巡るという、大きな使命のもと、早朝、もはや「常宿」となったホテルベルビュー長崎出島を後にした。

この日は、天気予報どおりのあいにくの雨。もともと、直前は「全部雨」予報であったが、今日以外晴れたんだから文句も言えまいて。長崎空港に着く頃は晴れたしね。

我々は、昨夜もどうやったら、快適かつ安く(←ここ重要)天草へ渡れるかと、様々なルートを模索していた。なんせ有明海を越えれば、どちらか周りで長崎空港へ行かなければならない。そうそう、遠回りはできないのだ。

出発前にパソコンでルート検索をして、「ひゃ〜参謀」にそのルートを告げた。


「・・・・大将(佐藤)、いったいフェリーはどちらから?」

「フェリー? 乗らないわよ。だって、ルート検索でふつうに渡っていったわよ。きっと橋がかかって・・・」

「昨年(2017年)の11月に出た地図で掛かってないのに?(笑) しかも、1年もしないうちに橋なんか掛けられますかいな。そんで長崎と熊本、どちらの自治体がその費用を?」

「・・・・」



私は、どうやら知らない間に、空想の中でフェリーに乗って天草への旅をしていたらしい。再検索の結果、佐藤が出した答えは、口之津港(くちのつこう)から対岸の鬼池港(おにいけこう)にわたるルートであった。

これは、司馬遼太郎先生がかって『街道をゆく 17 島原・天草の諸道』で渡ったルートである。まぁ、主目的があちら様は街道、こちらは道の駅のマグネットという違いはあるのだが。


【島鉄フェリー 口之津港】
ナビ様(たまに海上を車が走る)に導かれるままに、島原半島を周遊し、口之津港へ無事に着いた。佐藤が、読んでいる遠藤周作先生の『切支丹の里』にも、この口之津港が登場する。

ここは、1562年に肥前有馬氏・当主の有馬義直により貿易港として開港された。その翌年、イエズス会の宣教師ルイス・デ・アルメイダが来航して布教活動を開始。

1567年には南蛮船(ポルトガル船)が入港、1579年には、全国から日本で布教活動を行う宣教師が集合して第1回口之津会議が開催されている。

その後、布教の中心が長崎に移るまで、キリスト教布教と南蛮貿易の中心地として栄えた港なのだ。

いや、もう一度、栄えたことがある。明治の初め、現在の福岡県大牟田市と熊本県荒尾市にあった、三池炭鉱の石炭の輸出港として活用されていた頃である。

炭鉱は江戸時代から操業されていた。やがて明治に三井会社(後の三井財閥)に払い下げられ、三井・三池炭鉱となるが、主な需要は、製塩業者(瀬戸内海が主)が製塩用の釜を沸騰させて、稼働する燃料にしたらしい。

大牟田市にも、研修会で呼んで頂いたことがあるし、その港や三池関連のレストランでも会食もした。その港から、ここまで石炭を底が浅い船を数珠つなぎにして、有明海を渡ったという。ここはその三池の有明海の対岸にある港なのだ。

むかし有明海は浅かったため、大型船が通れなかったのだ。やがて三井財閥の力で、明治42年に、三池に港を作って大型の船が着港できるようになると、口之津港は静かにその役割を終えた。

先の「ひゃ〜参謀」の話は、橋など云々の話は、何度も船による産業が衰退し、また立ち直るということを繰り返して来た、口之津(長崎県)が、フェリーの観光産業などが大幅衰退するような、明石大橋級の橋をわざわざ莫大な予算をかけて作るとは思えないということなのだ。

遠藤周作先生は、天草に春夏秋と訪れ、何の変哲もないこの港が好きだと書かれていた。その上で、町の人はおそらくほとんど、自分たちが今住んでいる場所に約400年前、教会が建てられ、唐人や南蛮人が往来し、切支丹の賛美歌(カトリックなら聖歌)が流れていたことにそれほど関心がないだろう、と。

しかし、車で走行していると、あちこちに墓地があり、明らかに日本の墓石と違う墓石が点在しているにが見えるのだ。全然「潜伏」などしてはいない。

たぶん、遠藤先生は、弾圧され、信仰に命をかけた「純粋な教徒」に想いを寄せ、隠れながら変質し、細々とした「キリスト教もどき」となってしまった教徒には厳しいのだろう。先生ご自身は、結構カトリックとプロテスタントを混同して使っていることが度々あるようだが・・・。

それくらい、現代の穏やかなキリスト教とは違う、命がけの信仰であったのだろう。まぁ現代でも、某・石油がウハウハ出る地域にて、キリシタンであることを宣言すれば、同じ状況を味わう可能性は高いかも知れない。現代でも、信仰の不自由さは、さして変わりがないのかもしれない。

うだうだと、港に向かって車を飛ばしていたが、その港は突然目の前に現れた。いや、正確には突然ではない、ナビ様も道路標識もちゃんと「口之津港」を案内していたのだから。

ところが、そのう、なんというか、うっかり東武東上線(知らんか)の踏切のように、なんとなくそこに存在していたのだ。ハハハ。

佐藤は、長崎の大波止港(おおはとこう)のような、もっと大きな港を想像していたので、口之津港と書かれた、隠れ居酒屋のような、看板を見つけても、それが本体とは認識できず、どうにも入りそびれてしまったのだ。


「ちょっと・・・。もしかして今のじゃない? 入りそびれちゃった。どうしょう?」


と話していると、なんと、カーブを曲がったところに我らが最強のデイリーヤマザキ(パンや惣菜なら、某セブンなんとかよりも確実に上)を発見した。

ここらで、チト確かめて見ようと言うことになり、早速中に入り買い物をしがてら、店員さんに尋ねてみた。


「あの〜、フェリーはどこから乗れますか?」

「この先の左手に入り口がありますから、そこから中に入るとあります」



とのこと。我々は、駐車場で反転し、先の方向へ引き換えした。すると、さっき通り過ぎたときには、人気(「ひとけ」である)が無かった場所に、数台の車が並んでいた。

係の方が聞く前に、さっさと我々を所定の場所へ導いてくれた。窓を開けてあいさつをすると、


「車検証を持って、あちらの案内所へ行ってチケットを購入してくだされ」


と教えてくれた。こうして無事に乗船し、天草に向かったのである。楽しみにした船旅は、たったの30分。何ということはない、あっという間に天草に着いてしまった。


●ここが口之津港であった●.jpg

●ここが口之津港であった●



●船内でいきなりおやつ●.jpg

●船内でいきなりおやつ●



これが隠岐の島後(どうご)などに渡ったときは、もう・・・・、まぁ海もきれいで楽しかったが、時間はかかった。長崎でも五島列島に渡れば、こちらもけっこう時間かかるだろうなぁ。でも、行ってみたいな他所(よそ)の国(日本だよ!)。

鬼池にも、ザ・ピーナッツも唄った島原地方の子守唄で「鬼の池ん久助どんの 連れんこらるばい」(恐いおじさんに連れて行かれるよ)という歌詞があるほど、対岸の島原などに遊女が連れて行かれた港であり、興味深いのだが、今回はテーマが違うので、そこから、一路天草キリシタン館をめざした。いよいよ、雨は本降り。ワイパーがご機嫌に躍動していた。


【天草キリシタン館】
佐藤は、天草宝島観光協会の天草ロードマップ兼天草ミュージアムマップを手に入れている。ミュージアムマップによれば天草には20の施設があるという。しかし、長崎や熊本の地図や案内、ガイドなどがこんなに充実しているのだろう。しかも、ほとんど無料である。薄目ではあるが、持ち運びに良く、市販にものより使い勝手が良い。

でも、やはり、天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を知るためには、通りすがりの見学では追いつきませんなぁ。入門知識くらいが得れれば喜びますわい。

車を駐車場に入れ、外へ出た。駐車場の前にはマリア像が雨に濡れ静かにたたずんでいた(動き回っていたら恐い)。館の入口には、天草四郎像があり、出迎えてくれている。

早速中に入り、パンフレットなど入手。こちらでは、天草・島原の乱を中心に、天草キリシタン史を4つのゾーンに分けて展示している。


●天草四郎は雨でも頑張る●.jpg

●天草四郎は雨でも頑張る●



[天草キリシタン史]
エントランスから入ると、いきなり、《天草四郎陣中旗》が目に飛び込んで来た。これによって「観光」という視点から、「歴史の検証」というような視点になり、大げさだが、思わず居住まいを正してしまった。この「展示スペース」が「歴史そのままの空間」に変わったとでも言えようか。

この旗は「歴史の証人」として扱われている。そりゃあ、日本キリシタン史の代表的な資料なのだから。もちろん、展示されている物はレプリカであるが、本物そっくりに作成されているらしい。

ちなみに、日本で展示されている国宝や重要文化財などは、建物以外はまずはレプリカである。文化財に指定を受けると、所轄の官庁から、精巧なレプリカの作成と、それを展示することが求められるという。

したがって、よほどのコネがない限り、建物以外、実物を観ることはないと言える。それが嫌な所有者は、初めから「レプリカ」と説明して、置いているのかも知れない。

さて、この《天草四郎陣中旗》には、中央にキリストの十字架が描かれ、その下にワイングラス。その両サイドには羽をつけた信者が跪き、手を合わせている(一般的に、十字架+キリストは、カトリックの象徴とされ、プロテスタントなら十字架だけである。だからこれはカトリックの絵であると判断できる)。

本物の旗には、戦いの最中に、槍で突かれ血糊がついた跡が残されていたらしく、こちらにも。その跡などが鮮明に写されていた。

佐藤は、その旗に釘付けになった。しばし、見入ってしまったのだ。おいおい、初っぱなからこれでは時間が足りなくなるぞ。しかし、これが天草・島原の乱で使用され、参加した人々の心のよりどころになっていたとすれば感無量である。

なんせ、天草のキリシタンと、島原のキリシタンwithキリシタンじゃない町の人の想いも考えも、実は、全然乖離していた。

正直、天草四郎を始め、天草のキリシタンたちは、こちらに合流するべきではなかったのだと思う。この乱の性質は、純粋な宗教戦争などではなかったからだ。

この時代の日本で言う、キリシタンとはおおむねカトリックを指している。本来は、プロテスタントも含んでいる表現なのだが、幕府はそうは考えなかった。だから、オランダは、プロテスタント国だから比較的フレキシブルであり、厳格とも言えなかったようで、「キリスト教徒」には見えず、拒否されなかったようだ。

[南蛮文化の伝来と天草]
ここでは、キリスト教の伝来から天草・島原の乱勃発までをキリスト教の隆盛と、禁教令によるキリシタン弾圧という激動の時代が紹介されている。

宣教師の人々は、その地域に住み、その地域の人々と共に暮らすことで信頼を得ることで、ようやく布教活動ができた。しかも、神の教えだけではなく、学問や農業・医療の知識などを持ち、その土地にあった耕作物の指導も行い、そしてその土地で骨を埋める覚悟で赴任する方々も多くいた。

苦労の末、ようやく布教ができ、信者が増えたころに、今度は禁止令によって身を隠す生活を余儀なくされるのだ。

それだけではなく、キリスト教弾圧ということで、幕府は絵踏みなどによって、キリスト教徒を発見し、追放あるいは拷問し、棄教を求めるなど、挙げ句の果てには見せしめのために処刑までしているのだ。このあたりは遠藤先生の本を読んでいると身震いするほどですよ、はい。

これらの仕打ちの恐ろしいことは、元々、農民や下級武士たちが、搾取され低待遇で使われていることへの不満を、より弱い立場の者に転嫁させる役割もあった。そう、ガス抜きのようなものである。

ここでは、たまたまキリシタン、そう、たまたまなのだ。幕府からするば、口実があり、弱ければ、なんでも良かったのだろう。

実際、江戸時代の新潟・佐渡送りにされた罪人は、重罪犯や凶悪犯というわけではなく、気の弱い犯罪者ばかりであった。そうでなければ、随時、佐渡に鎮圧部隊を置いておかなければならなくなる。ううん、幕府のえげつない一面とでも言えようか。

[天草・島原の乱]
ここでは、年表と資料や、武器などを展示して、戦いがどのように行われていったのかを案内している。

天草・島原の乱の発端は、松倉勝家が領する島原藩のある、肥前島原半島と、寺沢堅高が領する唐津藩の飛地・肥後天草諸島の領民が、百姓の酷使や過重な年貢負担に窮したことである。幕府軍125,800人、キリシタン軍37,000人であった。ちなみに関ヶ原の戦いは、東軍88,880人、西軍83,200人である。

佐藤は、例の遠藤先生本を読んでいる最中であったため、この資料に引き込まれてしまい、時の経つのも忘れ、しばし、その場に立ち止まって、その説明文を読みふけってしまった。

領民たちが起こした一揆も、原城にて終焉を迎えるのだが、それはそれは、たくさんの命が失われた。

まぁだから、原城址などは、いくら世界文化遺産に含められたとはいえ、場所が場所なだけに簡素化したままである。名古屋城や島原城のように再建なんかできない。なんせ、いまだに何万もの遺骨がそのままらしいのだ(ヒソヒソ)。

しかも、地元の方々からは、「あそこは〈あれ〉が出るから、夜は絶対行かないほうがいいよ」とマジで止めて頂けるという。これは司馬先生の行ったころから変わらない。

そもそも、正式なキリシタン(本来、仏教徒もだが)は、霊の存在を認めないのだ。だからこそ、遠藤先生が地元の彼らを「キリシタンの末裔」と認めないのかも知れない。まぁそれは別に双方、自由だとは思いますが・・・。長崎はホントに幽○話が多いらしい。

[乱後の天草復興とキリスト教信仰]
当時の幕府は、天草・島原の乱で多くの犠牲者が出たため、各地から島原への移住策を進めた。ここらへんは、幕府の有能なところだろう。天領から、たとえば、各場所、100人ごとに1人を選ぶなどで移住させ、年貢を数年減免するなどで対処したようだ。

そのせいで、長崎や佐賀などの近隣の農民がひそかに移住してしまうなどの問題も起きたらしい(笑)。まぁ期間限定ではあるが、タックス・ヘイヴン(tax haven/租税回避地)ではそりゃあねぇ。

いまでも、人口ランキングが当時の島原状態に近い、47都道府県での47位のT県や、46位のS県でもやって・・・、いや、なんでもないです。

一方、キリシタンの中にも生き延びた者もあり、その人々は隠れキリシタンとなり、自分たちの信仰としての十字架やマリア像やキリスト像を形を変えて隠し持ち生きながらえて行った。

マリアとは、カトリックでも、本来神様扱いではないのだが、天の神様(父=唯一神)の分身とも言える、イエス・キリスト(子=唯一神の分身)に「取り次いで頂く」役割があり、キリシタン初心者の日本人を、フランシスコ・ザビエルがマリアに捧げたとも言われている。

ちなみに「聖霊」(せいれい)とは、いささか表現が難しいが、神様の「不思議な力」(神秘的な力)などを指していると思われる。奇跡とも言える。

やがて、開国からまもなく長崎に来た宣教師たちは、大浦天主堂を建設。居留地の西洋人のために宣教活動を行い、その宣教師と浦上村の潜伏キリシタンが出会った「信徒発見」をきっかけに信徒達が信仰を表明したのだが、再び弾圧が強化され、摘発事件が相次いで起こった。

これに、西洋諸国から当然ながら、強い抗議が相次ぎ、1873年に明治政府は禁教の高札を取り除き、ようやくキリスト教が解禁された。まぁ、西郷(せご)どんをみるまでもなく、明治政府も名ばかり政府であった。

西洋諸国の弾圧の善し悪しは別に(人道的には完全な悪)、本来、信教の自由、不自由は、その国の主管の問題であり、これらは内政干渉にあたると思うのだが、日本に跳ね返す力はなかった。今でも、某・西洋花札大統領に振り回されているのと同じ構造だ。しかし、これは世界中が標的ではあるのがねぇ。

いやいや、ものすごい、時代の時間空間をさまよって、現代に帰って来たような気がした。「歴史を学ぶ」というのは、難しい感じや歴史用語、人名を覚えることも必要だが、「肝」(キモ)を押さえることが、悪しき歴史を繰り返さないためには必要である。サッカーのロシアW杯でも、日本対コロンビア戦でも、そのことが実証されていたと思う。

我々が、館を出たときに、雨の中にもお日様の光を感じたのは気のせいだったのかな? さてさて、先を急がないと!


【道の駅・有明リップルランド】
ここからは、再び「道の駅」のマグネット獲得の旅となる。我々は国道324号、通称・ありあけタコ街道を走っています。ありこちにたこの文字が観られるようになった頃、車は道の駅・有明リップルランドへ着いた。

ここは、物産館はもちろん、温泉施設も併設していて賑やかな所でした。雨が降っているにもかかわらずお客さんが多く訪れていた。ひゃ〜参謀は、早速、同道の駅、トレードマークのたこの写真入りのマグネットをゲット!

混んでいたので、再び車に戻って出発。雨は容赦なく降り続けている。ここは、海岸線を巡る道。本来であれば有明海が輝いてみえるはずだが、あ〜あ、残念。でも、長崎→熊本→福岡→佐賀→長崎と有明海の周囲を一周廻ってしまったが(笑)。


●天草キリシタン館前●.jpg

●天草キリシタン館前●



●悪天候のせいか、荒荒しい有明海●.jpg

●悪天候のせいか、荒荒しい有明海●



【道の駅・上天草さんぱーる】
佐藤は、ナビ様に次に行く場所をインプット。ナビ様に導かれるままに行くと、いつしか国道266号線に乗って、島から島を結ぶ天草五橋を渡っていた。

無事、道の駅・上天草さんぱーるに着いた。車から降りた我々は、よさげな食堂があったら昼食にしましょうといいつつ、中に入った。

すると、なんてこったい。よさげな食堂というより、旬の魚を楽しめる、併設のレストランがあった。さらに、店の前には入店待ちのお客さんが列を作っている。しかも地元民らしき方々である。

店の前にある看板には魅惑的なメニューが書かれ、値段がリーズナブル。これなら地元の人で賑わうのも当たり前だろう。

佐藤が入り口で順番待ちをしている間に「ひゃ〜参謀」は、お目当てのマグネットを探しにふわふわと漂いながら(?)、物産館へ入っていった。

すると、ここには2種類のマグネットがあったそうな。1つはこちらでとれる鯛やかに等の写真をモチーフにした物と、もう1つは、国道266「美と癒しと食」を満喫する天草路と書かれた物があったそうな。結果、彼はシンプルな方を選択し、それを抱えて満足気な顔で戻って来た。


「さっきのタコは生きているヤツ(たぶん)だったけど、ここのは、死んださか・・・(強制終了)」


まもなく我々は店に入り、海鮮丼を注文した。ちなみにこちらの海鮮丼は、その、○○○○○なの鯛が入っており、美味かったなぁ。そうそう、お魚いり餃子(「このしろぎょうざ」)というのもチョイスした。確かに変わった味の餃子である。

こうして、我々は、地の物を頂き大満足。再び元気になって次をめざした。


●上天草のレストランでで海の幸を頂く●.jpg

●上天草のレストランでで海の幸を頂く●



●どこの海でも、道路でも荒荒しい?●.jpg

●どこの海でも、道路でも荒荒しい?●



●天草五橋を疾走●.jpg

●天草五橋を疾走●



●道の駅・宇土マリーナは休み、だが近くに古代の船が!●.jpg

●道の駅・宇土マリーナは休み、だが近くに古代の船が!●



【三角西港と浦島屋】
浦島屋は明治期に旅館(外見は洋風ホテルなんだが)として建てられ、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)先生が、明治26年7月22日、長崎からの帰途に立ち寄り、『夏の日の夢』と題した紀行文の舞台となった旅館である。


●浦島屋(復元)のステキな外観●.jpg

●浦島屋(復元)のステキな外観●



長崎滞在では、ハーン先生は、どうやら西洋の快適さを求めたようだ。しかし、エアコンがない時代だから、それは無理だったろう。

夏の日の夢』は、文庫などでは絶版で手に入らないが、ネットでは全文読むことが可能である。この話は、「浦島太郎」の再話(作り直し)とされる。

日本の童話や昔話を扱う上で注意が必要なのは、この時期の童話の多くは、巌谷小波という童話作家の大家が、元々「再話」されてしまっているものも多いことであろう。

この方は、明治期の子どもたいに合う、道徳規範にするため、大幅に改変されている童話もある。桃太郎などは、鬼ヶ島から流れてきた、大きい桃も、ジイサマ、バサマ(といっても30代なのだが)が拾って食べると若返り、普通に子作りをして、桃太郎が生まれる話だったりするんで、そりゃあ、まぁ・・・。そんでそういう部分を改変すると、我々が知っている、よくわからない童話になる(笑)。だから、明治期の昔話はそのまま昔の伝承とは限らないのだ。

もう1つは、ハーン先生は、すべて、読者対象を欧米人として、書いていることを忘れてはいけないだろう(英語かフランス語で書いたものしかない)。しかも、まだ、先生のキリスト教などに対する考え方もかたまっていない。

早過ぎた晩年、長男に「聖書」を大切に読むことを伝えている。これから考えると、プロテスタントの考えに接近していったのかも知れない。

また、セツ夫人との関係も微妙な時期に差し掛かっていたとも言える。再話の浦島太郎ハーン先生)が、竜宮城から帰る先は、セツ夫人の待つ世を指していると思われ、どうもあまり帰りたそうでもないのだ。37℃を超える気温と言われた長崎や天草の旅館でもだ。試しに一度真夏にここに来てみたいが、暑いだろうなぁ。

この旅館の建物は、日露戦争後に営業は止め、傷病兵の収容施設になったそうで、明治38年には解体され、中国の大連に運ばれたが、平成5年、設計図を元に熊本県が復元している。

「ひゃ〜参謀」は、ハーン先生の動向を調査しているが、以前から浦島屋があることをリサーチしていたが、天草に来る用事がなかった(笑)。

情報では、中に喫茶店があるはずだった。現在は無い。また、宇城市が公募中らしい。喫茶店で、飲食を通して、世界文化遺産の三角西港を訪れる観光客の皆さんの満足度を高めたいという。うん、間違いなく景観は良いが、それだけで客は呼べないと思う。

そもそも、客が呼べないから世界文化遺産にしたいのだろう。ホンネでは文化財として保護したいわけではない。日本の経済力で、世界文化遺産には、ボコボコできるが玉石混合である。

なんせ、日本は国連教育科学文化機関(ユネスコ)への分担金がトップの国なのだ(アメリカは1位とされるが払っていないし、あの大統領さんがユネスコに脱退を通知した)。

もし、町起こしや経済の活性化を狙うなら、近隣の大都市圏から無理なく日帰りでもいける、群馬県富岡製糸場のような立地条件や、静岡県伊豆韮山の反射炉のような、温泉や観光のついでに見れるようなコンパクトだが、内容が濃い施設を作らないと、産業の振興にはつながらない。

それは島根県出雲大社の一連の遷宮などを見ればわかるだろう。そもそも、集客が可能であれば、制約の多い世界文化遺産などにしなくても、客が入り、文化財としての価値も変わらないのだから。


「境内にまわしを着けたうさぎさん像を作られるくらいなら、世界文化遺産にでもして制約したいぜ。神社はアミューズメント施設ではないからな」
(「ひゃ〜参謀」)


という意見もあるにはあるが、佐藤としては、大国主命の神様が良いなら良いですよ(笑)。

さて、館内は、我々が立ち寄ったときには、もはや喫茶店は片づけられ、蘭の花鉢が置かれて、甘い香りをただよらせ、どこぞの紳士・淑女が集っていた。「妖しか?」

はたして、中に入ってよいものやらと躊躇したが、中を除いても注意もされなかったし、影もなかった(ウソ)。堂々と入らせて頂いた。

ハーン先生がらみの物はあるのだろうか。うん? ありましたよ。ありました。それは1階の隅にまとめて展示されていた。なんか寂しい気がするな。我々は、10年間、島根県松江にある小泉八雲旧居を訪れていたからねぇ。それでも感無量であった。

そこにかかっていた、ハーン先生の横顔を拝顔し、


「お懐かしや、ハーン先生!」


と、記念写真を撮らせて頂いたのは言うまでもない。出雲大社売布神社などの島根県の神々様と同様、今でも先生は我々の神様なのだ。


●浦島屋でハーン先生と記念写真●.jpg

●浦島屋でハーン先生と記念写真●



後日、この稿を書くために、浦島屋の情報を集めたところ、現在は、休憩スペースやイベント等の開催に使われているとのこと。なぜか? この浦島屋については県と市が協同で公募したが、応募が無かったという。なんとも残念である。

市では、引き続き地域振興のための活用策を検討しているらしい。もっと、小泉八雲天草記念館とか、ラフカディオ・ハーンあまくさミュージアムとかでも作らんと、集客は難しいと思う。松江のように小泉八雲旧居(余計なものは足さない)と、小泉八雲記念館(集められる情報は全部集める)が並んで存在し、小泉 凡先生という、ご子孫が指揮を取れば一番いいが、そうは簡単にはいかない。

観光客は何を見に来るのか。また、観光客が対象じゃないければ、誰に見せるのか。多くの世界文化遺産は、それに対する展望が見えないのだ。自分たちが日常的に見飽きて、じゃ他人にも見せてやるか、くらいの感覚なんじゃないのかと疑いたくなる。

天気が良ければ、それはそれは、美しい風景が見えるのだ。ハーン先生の生まれ故郷に似ているのかも知れない。うまく自然と人工施設をマッチングして欲しい。あんまりないんだよな、リピートしたい施設が世界文化遺産にね。


●三角西港公園からみる天草五橋●.jpg

●三角西港公園からみる天草五橋●



どうもハーン先生のことを述べると心穏やかにはなかなかいきませんて(笑)。

その後は、九州自動車道に乗って一気に長崎空港をめざした。途中、北熊本SAでソフトを食べて休息し、佐賀県の金立SA等で秀樹グッズ(?)を手に入れ、休み休み、再び長崎県へ入った。


●北熊本サービスエリア(上り線)でソフト!●.jpg

●北熊本サービスエリア(上り線)でソフト!●



【道の駅・彼杵の荘(そのぎのしょう)】
爆走していると、標識に道の駅・彼杵の荘の文字が見えた。そこで、我々は東そのぎICで降りて、立ち寄ることにした。

ここは歴史公園の中にある道の駅である。我々は駐車場に車を置いてそそくさと中に入る。すでに閉店間近な時間でもあり、係の方々は片付けに追われていたが、お店の方にマグネットはありますか?と尋ねて探したが、残念ながら売り切れであった。

しかたなく、とぼとぼと、駐車場方面へ歩いていると、奥の方に古墳らしき物が見えるではないか。古墳の大好きな2人にとって、これは見逃せない。そこで、ちと、のぞき見に出かけた。

凄いぜ。これは「ひさご塚古墳」というらしい。感覚的には、円墳かと思いきや、前方後円墳であった。なお、いい(笑)。

歴史公園東彼杵町・歴史民俗資料館のホームページによれば、この古墳は「ひさご塚」といい、長崎県の代表的な「前方後円墳」である。長い年月の間に周辺が削られひょうたんの形をしているところから「ひさご塚」(瓢塚)と呼ばれてきたという。

今から約1,500年前にこの地域を治めていた有力な豪族の墓とされ、地元では、神功皇后応神天皇の母親)の三韓征伐のおり、武内宿禰(大臣)の配下として従軍した武将の墓であると言い伝えられている。

1950年、県指定の文化財(史跡)となっていた。なんと、同公園内の歴史民俗資料館に副葬品などが展示されているらしい。

九州は、宮崎県と鹿児島県の神武天皇圏と、それ以外の応神天皇圏が交差する場所である。長崎県・佐賀県・福岡県・大分県は、応神天皇と神功皇后(本来は親子ではない関係かも知れない)関連の古墳や遺構、神社、スターウォーズの「ハンソロ」みたいな、スピンオフ(spin off)神話などが盛りだくさんのエリアで楽しい。

もちろん、2人とも興味津々(笑)なのだが、もうやっていなかった。機会があったら再度訪問したい。


●OH!ひさご塚古墳●.jpg

●OH!ひさご塚古墳●



さてさて、これにて、2泊3日の見聞は終了。最後無事に車を返したときに、ニコニコレンタカーの係の方が明るい笑顔で迎えてくれたのが印象的であった。


返却後、長崎空港で残り時間を楽しんだ。空港内で軽い夕食を摂り、今回はグラバー園近くの岩崎本舗で、角煮まんじゅうを頂けなかったので、空港内の店舗で手に入れた。その際、同社のゆるキャラ・角煮まんじゅうちゃんを持って買いに行った。すると店長らしきさっそうとした若者がそれを見て、


「ああ、それ初代のですね!(今は二代目らしい) 僕、そちらの作りの方がかわいくて好きなんですよ」


ですと。ハハハ。うまいぜ! 長崎の食べ物と接遇にはやられっぱなしであった。こうして、名残り惜しいが長崎の地を後にした。また長崎にも来れることを楽しみにしておりますぞ。皆さま、ご自愛ください。



●長崎空港内で軽く夕食●.jpg

●長崎空港内で軽く夕食●



●長崎空港ロビーで角煮まんじゅうで軽く(?)おやつ●.jpg

●長崎空港ロビーで角煮まんじゅうで軽く(?)おやつ●



(意見陳述した患者さんに「いいかげんにしろ!」というやじを飛ばしていた議員がいたらしい。それはそのまま、あんたに言いたいぜ!To Be Continued!!)
posted by さとうはあまい at 14:15| 島根 ☁| Comment(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。