2010年01月05日

奮闘記・第550回 日記/東京都

ひらめき 2010年 謹賀新年 晴れ 

あけましておめでとうございます

今年のかいご職サポーターが始まりますexclamation




お正月を皆さまはどのように過ごされましたか。不況なんで、京都にある上賀茂神社や、三重県の伊勢神宮を渋々諦めて、東京にある某・○田明神にお参りされた方々も多いことでしょう。10万人くらい行かれたようですよね。たぶんご祭神が誰かも知らんでしょうが(笑)。


何? どこにも行かない……。正解!(なんだそれ) 冗談はさておき、もちろん、介護職の方々や医療職の方々はなかなか、年末年始に休みなど取れない方々も多く、利用者とともに新年を迎えられた方もいらしたと思います。みんなの笑顔と「おめでとう」のあいさつで、元気になれた方々もいらしたに違いありません。


ここで、佐藤の年越しをご報告したいと思う。


佐藤が住んでいる王子は新幹線が通る大きい街です(なんて、止まんないけど)。毎年、大晦日の晩に“王子の狐の行列”が行われる。


だから、ぎてこの王子駅界隈を、うかつに酒を飲み過をうろついていると、


「お、○斗かぁ……、ほほう。いい店じゃないか」


なんて思って入って朝まで飲んでいると、朝、肥○めの中で、馬○○を肴にして、馬の○○っこやらで、一杯やって“おめでとう”なんこともありますしぃぃ〜(ウソ)。


さてさて、この行列を主催している「王子の狐の会事務局のホームページ」によると、狐の行列のはじまりは、王子には昔から大榎木があって、狐が集って来て正装に着替える「装束場」といわれる神聖な場所がありました。


そこには、装束稲荷神社という神社がある。



●御輿へ移されたお狐さま●.jpg

●御輿へ移されたお狐さま●




平成5年、大晦日にここをお護りする者同士が集ったとき、広重の浮世絵 にならって揃って、王子稲荷神社に初詣に行った。ささやかな行列でしたが、それがいわゆる“狐の行列”の始まりであったという。


以来、王子の街の私たちは、古い文化を新しい街づくりに生かそうと、ずっとこの風習を大切に、大切に守り育てているといるのだ。平成11年度には狐の行列が 地域づくり団体自治大臣表彰を受賞したという。なるほどね。


佐藤は12月31日の午後、ひとつ化かされてみようかいなと、装束稲荷神社に寄った(ウソ、鳩山政権には化かされたが)。すると、今まさに係りの方が、この神社のご神体(おきつね様)を出して御神輿に乗せる儀式を行っていたのだ。もう、しばらくすると巨大化するのかもしれない(しないしない)。


その方が

「もし、よろしければ手伝って頂けませんか? 特に60歳を過ぎた人はぜひ、お手伝い下さい!」


と誘って下さった。……ううん、でも「また、そのうちに」と丁寧に辞退した。言葉は相手をみて発しなければならない。でなければ借りられる手も借りられない絶好の例であった(笑)。


「お姉さん、そこんとこぜひ……」


とでも言われれば、子分たちを大量に動員して、……まぁいいや(きつねさんの親玉かい)。


そして、深夜、年が明けて2010年1月1日0:45。


佐藤は王子稲荷神社に向かう行列と遭遇したのだ。佐藤は、その幻想的な行列に見とれていた。劇団なんとかのCA○’Sに似ていなくもない。



●正装し、王子稲荷神社へ詣でる狐さん達●.jpg

●正装し、王子稲荷神社へ詣でる狐さん達●



●CA○'Sではありません、お狐さんです●.jpg

●CA○'Sではありません、お狐さんです●




すると、先頭を歩いていた獅子舞の獅子頭に頭を噛まれたのだ。もちろん、佐藤は噛み帰さない。そう歯が悪いのだ(ちがうちがう)。


ほほほ〜い! こいつは春から縁起がよい。佐藤は、行列を見送り、最後尾にゆらゆらひかる狐火に、手を振り、きびすを返して王子神社に初詣をしたのだ(あんまり、いきなり年頭にお稲荷さんというのも……)。


さて、その王子神社である。研究所のある東京都北区の鎮守様である。創建は不詳。社格は、准勅祭社・旧郷社。


元亨2年(1322年)に当時の領主・豊島氏が社殿を再興し、熊野新宮の浜王子から、若一王子宮を改めて勧請して王子権現となる。


明治初期 准勅祭社に指定され、王子神社となる。ご祭神は、伊弉諾命・伊弉冉命・天照大御神・速玉之男命・事解之男命である。


しかし、本来は紀州系の熊野神ではなく、出雲系の熊野神の兄弟神であろうと思われる。まぁ、年始から飛ばしすぎはいけないので深入りはしない(笑)。


神仏習合の思想を経て、中世にはあの“蟻の熊野詣”信仰の影響をもろに受けたのだろう。


紀州系の熊野神でなければ熊野神ではない!というような風潮もあった上、ここはあの紀州徳川家の配下であった。そこで完全に紀州系の熊野神として落ちついたと思われる。いちおう鎮守様なのでちょっと書いてみた。


さて、今年も素晴らしい仕事をする事ができますように!どこかまともな政党が政権を取りますように(どこというのがないのが辛い)、と心をこめてお願いした!!


おみくじ結果は“大吉”であった! 年頭から引き直さないですんでよかった(笑)。ちなみに王子狐の行列事務局では、もう、今年の大晦日の行列の参加方法についての案内を開始している。興味のある方はhttp://ouji-kitsune.jp/をみてほしい。



●王子神社へ初詣!●.jpg

●王子神社へ初詣!●



●大吉を頂き大満足じゃ!●2.jpg

●大吉を頂き大満足じゃ!●



さて、今年は、パンチ対人援助スキルアップ研究所むかっ(怒り)が、主催する研修会を企画中である。



○訪問介護事業所サービス提供責任者向け研修

○介護職「介護記録の書き方研修」

○介護支援専門員研「居宅サービス計画作成方法」

○コミュニケーション研修

○コンセンサス研修

○監査に引っかからない事業所対策研修



興味のある方には、情報を配信いたしますので、『研修情報の案内希望』メールを入れて頂ければ幸いです。連絡・問い合わせは下記、アドレスをお使いください。


tetutarou@rio.odn.ne.jp


さてさて、今年は面白くなりそうです。ピンチがないところにはチャンスもありません。であれば、我々みんな、チャンスありです(笑)。お互いに張り切りましょうねぇ。ではでは!



(芥川賞も直木賞もレベルがさがった感じがするなぁ……、正月でも読む気がしないもの。しかたない、ドスエフスキーでも読むかいな。ははは。To Be Continued!!)
posted by さとうはあまい at 14:31| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック