2009年12月24日

奮闘記・第547回 見聞録/島根県

●2009年● 島根県松江市



本年最後の島根見聞録

対決、ステーキ専門店・古都 VS フォーシーズン!

〜白潟天満宮と佐太神社で大吉〜




いきなりなんであるが、東京も寒い。まぁ、島根の皆様はもっと寒いのでたいへん恐縮であるが寒いものは寒い。そういう寒い島根も大好きなのだが(笑)。


さて、どうでもいいが対決である。といっても勝ち負けはない。どちらもマイ・ベストであるし、同時に食べ比べはできない(笑)。



さて、前回のブログの浜田での研修後、日没後にやっと松江にいた。大雨の中を遵法速度でひた走り、夕食をなんとかステーキ専門店・古都の営業時間何に松江に着けた。


しかし、松江は寒い(うるさいな〜)。


だから、コートを羽織り、いつものようにとぼとぼと電車の高架下を歩いた。あいかわず2両ぐらいで電車が走り抜けていくようだ(笑)。


松江に初めてきたころ、移動で電車に乗ろうとして驚いた。ホームの真ん中で各駅電車を待っていたが、来ないのだ。


「もう時間なのに来ないなぁ、これが噂の山陰タイムか?(暴言)」


と文句を垂れて、ふと横を見ると、なんと遙か端っこに1両(だったと思う)の電車がすでにホームに鎮座していたのだ(笑)。むちゃくちゃ走って乗り込んだのは言うまでもない。


少ない車輌で止めるならホームの真ん中に止めてくれ。だが、楽しい思い出でもある。


さて、古都へ向かう途中に白潟天満宮はある。夕方の神社へは他県では行かない。松江でもお祭りを除けば、昼間に行った方が良いのは当然(できれば15:00までとも)である。


だが、白潟天満宮は、夕方は社殿の背に太陽が沈み、かっちょいい。また、陽が落ちて暗くなると、明かりがぼうっと灯って、「おいで、おいで」と神様に座布団を出されて待たれているような気がしてなんだか素通りできない(妄想?)。


まぁ、好きなんだから黙っていてくれ(笑)。でも、この時間ではもうお社は閉まっているだろうと思いながら歩いていると、なんとまだ境内に明かりが灯っていた。


しかも、おみくじ箱もまだそこにあるではないか! はやる気持ちで小走りになり、じゃぶじゃぶと暗闇の手水舎で手を清め、こそこそ参拝。


近寄ると、神職が、昇殿した。きっと、この時間に行う祭りごと(幽斎とも)でもあるのかもしれない。


「今年も有り難うございました。また、来年もよろしくお願いしますぅぅぅ」と丁寧にご挨拶させて頂いた。しかも、おみくじは「大吉」。いや〜すみませんね、天神様、少彦名神様。ひゃ〜い。やはり気分がいいねぇ〜! だが、そのあと神職は拝殿を閉め、社殿前でなにやら怪しげ(?)な宍道。いや神事をなさっていたがそれは書かない。





【島根和牛 ステーキ専門店・古都】

佐藤は、おみくじを握り締め、「地域密着型」ステーキ専門店の古都に入った。ちなみに地域密着型とは、佐藤がつけたフレーズである。古都のご主人(女性)の意志は関係ない(笑)。


なぜ、地域密着型かと言うと、地元の方々が、何か、ことがあると、家族で「じゃ、今日の夕飯は古都でステーキでも食べてお祝いしよう」という話をよく耳にする。


家族が集うお店なのだ。好き嫌いはあるにしても、東京標準でもトップクラスである。まぁ、仁多牛をステーキで食べればわからないが、そうそうこれを超えるものはない。


この日も、家族連れ方々が続いて入店してきた。佐藤は、いつもの如くステーキセット赤ワイン(ハーフボトル)を注文した。




●これが島根が誇る「古都」のステーキじゃ●.jpg

●これが島根が誇る「古都」のステーキじゃ●



●いつしかワインも空になり……●.jpg

●いつしかワインも空になり……●




まずは、サラダをつまみにワインを頂いた。サラダのドレッシングもママさんの手づくりです。ハーフワインは、フルーティー、しかもしっかりパンチがきいていて美味い。


やがて、お肉と、パン(ライス)が運ばれてくる。お肉は肉汁が飛び散るのを防ぐために、ふたをかぶせて運ばれてくるわけだ(でも熱いのがくる)。


そのふたが、目の前ではずされると、シュワ〜と立ち上る湯気の中から、ほどよく焼けたお肉が顔をだす。そのそばには黄身をプルンとふるわせた目玉焼きがある。これがたまらん。


早速ステーキソースを振りかけていただくことにする。一口ほおばる。ウンウンこれこれ。柔らかくて美味い!急いで来たかいがあるというもの。お肉に黄身をつけて食べるのもおすすめ。もちろん、黄身をつぶさず口に放り込んでも良い(好きにさせてくれ)。


いろいろな食べ方に挑戦しつつワインをいただき、パンをほうばり、また飲む。気がつけば、ハーフボトルは空っぽである。


「ご馳走様でした」と会計をすますと、ご主人が「良いお年を」と声をかけてくださったのだ。


これは佐藤が、よそ者で今年はもう来ないかも知れないと考えてのあいさつだろう。実はここの女ご主人とは多少のかかわりがあったりしたのだが、よもや憶えてくれてはいまいと思っていたからビックリ!


 島根の方々の情の深さはハーン(小泉八雲)先生の書かれるとおりであった。ハーン先生、松江の方々の心遣いは今でも変わっていませんよ。


佐藤も、どうぞ、良い年をお迎えください。また、来年も楽しみにきます、と挨拶させて頂いた。





【道の駅・秋鹿なぎさ公園 カフェレストラン・フォーシーズン】

翌日、佐藤は、早朝から松江市でお世話になった神々様に暮れのご挨拶まわりをした。昼食は 国道431号沿いにある、道の駅・秋鹿なぎさ公園内 2Fにあるカフェレストラン・フォーシーズンと決めていた。


古都が地域密着型だとすれば、こちらは敢えて言えば「広域集客型」といえるかもしれない。なんせ、「道の駅」だかんね。


車に乗った、営業マンから、自転車でたちよる学生。家族連れや工事関係者などなど、誰でも来いである。なんせ、こちらは、宍道湖の景色の素晴らしさと、料理は、安くて、美味い。しかもボリューム満点なのだ。


しかも、スタンプカードまである。ちなみに、このカード佐藤も持っているのだ!しかも店長は佐藤さんである。以前、店長さんにはこのブログを見てのコメントを頂いたことがある。有り難うございました!


さて、この日は、日曜日ということもあり、ランチメニューはない。そこで人気1という島根和牛をふんだんに使ったハンバーグ定食を頂いた。これがまた“島根の心意気”といえる味なのだ。


佐藤は、注文を終えた後、実は、気がかりなことがあった。ここ、フォーシーズンでは、島根県のお土産がぎっしりと並んでいる。もちろん、こちらで焙煎されている茶豆珈琲も販売されているのだが……。


今日は、レジ近くにあった干し柿と目があってしまったのだ(目はねぇだろう)。島根県は柿の産地でもあり、秋にはたわわに実をつけた柿の木をよく見かける。当然、柿には、甘柿もあれば渋柿もある。


渋柿は干し柿となり、店頭に並ぶ。その干し柿が、レジ横に籠に入り並んでいたのだ。
しかも“3個”しかなかった。


売り切れなければいいのだがと思っていたら、料理が運ばれてきた。すると、ハンバーグ定食は、今まで気になっていた干し柿の魅力をものの見事に遠くへ押しやってしまった(笑)。


ううん。美味い。ハンバーグのジューシィーな味わいとご飯が絡み合う。それに宍道湖産のシジミのみそ汁とくれば、いやはや、参りましたとなるのだなぁ。ハンバーグの写真は夏に来たときの写真である。カメラの調子が悪いので古くてすまない。他は最近のです。




●これがフォーシーズンのハンバーグじゃ(写真は夏場のもの)●.jpg

●これがフォーシーズンのハンバーグじゃ(写真は夏場のもの)●



●干し柿と「作品」を作るさとう店長●.jpg

●干し柿と「作品」を作るさとう店長●



●宍道湖と手には干し柿!●.jpg

●宍道湖と手には干し柿!●




さて、レジに来てまた干し柿を思い出した(笑)。はたして、レジ横の籠は見事に空っぽ、ない。売れちゃったのだ。


しかし、東京へ帰る身としたらあきらめきれなかった。レジのお姉さんに「あの〜、干し柿はもうありませんか?」


すると、レジのお姉さん、


「店長〜、まだ干し柿はありますか?」


と聞いてくださった。(うん、来るかな?)



すると、キタキタキタ〜! 店長さんの登場だぁ〜!(笑) 名物店長さん、顔を紅潮させ、目をきらきらとかがやかせて、


「あるある、あるある。後のボックスにねぇ、ありますよぉ〜」



とうれしそうに言ってくれるではありませんか! 相変わらずホスピタリティ抜群。佐藤も、嬉しくなって「良かった、嬉しい!」と言った。


すると、店長さん「ほら、こうして作るんですよぉ」そちらをみると、なんとボックスには柿を連ねたロープを背負っている店長の写真があった(笑)。


さすが、料理人。素晴らしい。しかも芸が細かく、ノリが良い。店長さん、今年も有り難うございました。


ハンバーグも干し柿も美味しく頂きました。また来年もよろしくお願いしますね〜。


佐藤は、その後、佐太神社へ参拝。ちなみに佐藤が、佐太神社へ行くと決めると必ず雨模様になるから不思議。


こちらでは、参拝客が拝殿にたたずむと、神職が太鼓をたたいてくださる。今年もお世話になりました。また、来年もよろしくお願いします。


社務所前のおみくじ箱からおみくじをひいたら、“大吉”。終わりよければすべてよし! ということで、皆様くれぐれもご自愛下さい!



●佐太神社ではいつも雨、でもおみくじは大吉●.jpg

●佐太神社ではいつも雨、でもおみくじは大吉●



(クリスマスであろうと、正月であろうとお仕事中!だから誰?To Be Continued!!)
posted by さとうはあまい at 19:52| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック