2009年05月06日

奮闘記・第451回 首都圏/東京都

●2009年● 東京都豊島区


池袋の高層ビルに水族館があるのだ!

〜ここでも巨大水槽の前に陣取る!!〜



 東京・池袋には60階建てのビルがある。その名もサンシャイン60(知ってるよ)。そう、例の巣鴨プリ○ンのあった場所である。

 今でもいろいろあちら側の方々が、徘徊しているという根強い都市伝説がある(はいはい)。

 実は、サンシャインシティにある某介護系のフェアをのぞきに行った。しかし、しょぼ過ぎて書く気にもならない。

 そんで、とぼとぼと、10階にあるサンシャイン国際水族館をのぞきに行った。

 ここはプラネタリウムが隣り合わせ。だから、両方へ入ることができるセット券も用意されているだ。佐藤は、水族館オンリーの入場券をゲット!

 不思議なことにいつもしょぼいフェアばかりがてんこ盛りのサンシャイン(失礼)であるが、なぜか来場者は多い。みな暇なのだろう(笑)。だが、遠出をする時間もお金もない。この日もサンシャイン国際水族館は大賑わいである。



●マダラトビエイ君はユニークな顔!(笑)●.jpg

●マダラトビエイ君はユニークな顔!(笑)●



 まずは、巨大水槽の前にたたずみエイ君たちとご対面。ユニークな顔をしたマダラトビエイ君(向こうもそう思っているぞい)が興味深く寄ってきてくれた。

 海の中にいる魚なのに、その形相は犬のようなうさぎのような不思議な顔をしている。その後方を尾びれを左右に揺らしながら流暢にサメ君が登場。



●流線型がカッコイイぞ、サメ君!●.jpg

●流線型がカッコイイぞ、サメ君!●



「おお、サメ君こんにちは。君も可愛いねぇ〜」などと、うっとりと眺めていた。(すっかり一人前のサメ好き。)

 すると、目の前を通りながら、「なんかようかい!」とウインクしてくれた(はいはい)。

 この水槽の中には、サメ・エイ・鯛・亀、……巣鴨プリ○ンのかたがた(ないない)などが元気一杯に泳いでいる。まるで竜宮城。

 さて、次に佐藤を驚かせてくれたのはゴマフザラシ君です。かれは、水槽の中を右へ左へ、行ったりきたり。その姿はまるで大きなゴム風船のようである(向こうも絶対そう思っているよ)。



●ゴマフアザラシ君と握手!●.jpg

●ゴマフアザラシ君と握手!●



 足ヒレで水を蹴飛ばしひとかきで、ビューンと反対側へ移動できるのであるから、その力は素晴らしい! うううううううん。

 しかも、泳ぎ方は、お腹を上に向けているのだから可愛らしい。つぎの水槽ではラッコ君がお出迎えだ。彼達は、水の中をくるくると回転しながら器用に泳いで行く。

 こちらが、水槽に張り付いて中を覗き込んでいると、時々、水槽のガラスばりのそばまで来て、たばこをくゆらせて……いるわけはない(笑)。こちらを見るその姿はまるで、外で眺めている人間を観察しているようだ(ほら)。



●どちらが見られているのやら?●.jpg

●どちらが見られているのやら?●



 アマゾン川の水域の展示室には大きな淡水魚がいた。これが全て淡水魚だというから面白い。なんとピラルクの鱗の大きさは手のひらくらいあったのだ!

 そういえば、以前テレビでアマゾン川(?)だったか、どこかの大河では上流にボートで向っていくと人間の顔をめがけて魚が飛び込んでくるという映像を見たことがある(アメリカで問題のアジアン・カープか?)。

 もし、川でそのような魚が顔に向かって飛んできたら、はたして佐藤はどうだろう? きっと、「うまそうな魚じゃ!」などといってはいられないだろうなぁ(ばかもの、鼻が折れるぞ)。



●アマゾンに棲む魚君たちだぁ●.jpg

●アマゾンに棲む魚君たちだぁ●


●ゴリちゃんの仲間だぁ!ももいろペリカンだぁぁ!!●.jpg

●ゴリちゃんの仲間だぁ!ももいろペリカンだぁぁ!!●



 さて、サンシャイン国際水族館の、お土産コーナーは充実している。

 こちらには水族館にいる魚達はもちろん、昆虫のぬいぐるみが販売されていた。その中には、○○かえる君のリアルで巨大なぬいぐるみがあった。

 ……これが凄いのだ。まぁ、6千円ちょっとするから買うのは躊躇するが、リアルなのだ。子供がおばあちゃんに「これ凄いね!」とみせると、「だめ、そんなのかわないわよ」と言われていた。こどもは、「凄いね」といっただけなのになぁ〜(笑)。

 佐藤はとりあえず、リアルなサメ君をゲットした(笑)。このあと、屋外にあるゲージへ移動。そこには、青空の下に桃色ペリカンがいた。おお、どこかで見たような? 

 そう、桃色ペリカンといえば、松江フォーゲルパークにいる肩乗りモモイロペリカンの「ゴリちゃん」は元気であろうか?

 茨城県の大洗や、島根県浜田市などは太平洋や日本海のそばにあるので、水族館の魚たちが充実しているのはまぁ当然といえば当然である。

 しかし、このような東京の都市の真ん中にあり、しかも地上10階にある水族館が、これほど充実しているということは素晴らしい! 水族館ってほんとにいいですな。ではでは!


(めざせ、横浜八景島シーパラダイス!To Be Continued!!)
posted by さとうはあまい at 17:26| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 見聞録(首都圏版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック