2009年02月11日

奮闘記・第413回 ケアマネ/島根県

●2009年1月27日● 島根県浜田市・浜田市総合福祉センター


島根県社会福祉協議会 福祉人材センター

介護支援専門員実務研修・更新研修

(1日目)



 いよいよ、島根県介護支援専門員実務研修(浜田会場)がスタートしました。佐藤は、いつものごとく、朝はホテルの「銀座」(「座」の字は難しいやつ)で朝食をとりました。

 そしてうにうにと出雲大社石見分祠に立ち寄り、今年初めてのごあいさつ。ふふふ、おみくじは大吉。幸先がいいです!



●ここの朝食は魚が美味しい!さすが岩村さん(誰?)●.jpg

●ここの朝食は魚が美味しい!さすが岩村さん(誰?)●


●出雲大社石見分祠で大吉ゲット!●.jpg

●出雲大社石見分祠で大吉ゲット!●



 さて、浜田会場には昨年の試験に合格した方と、更新研修を受講する方々、約80名の方々が集合していました。

 初めに島根県社会福祉協議会・福祉人材センター石見支所の責任者から、皆さんにお祝いと、熱い激励の言葉がありました。

 佐藤は、あいさつの中から、昨年度の島根県の介護支援専門員実務受講試験の合格率は20%弱ということも伺った。そうかもっと高かった気もしたがなかなか難しいものですね。

 ちなみに、第11回(平成20年)の試験結果、全国で受験者133,072人で、合格者28,992人であり、その合格率は21.8%です。島根県の都道府県別合格者数で190人でした。

 島根県の受験者は400名を超えているという。だから、この時点では、まずこの試験に合格された方々は優秀な方々であるといえます。

 ただ、他の職種でもそうなのですが、ケアマネは、なってからの情報収集や経験がものをいう。元職もいろいろ。だから「まずは」なのです。

 佐藤も、開講にあたって、まずは合格者の方々の労をねぎらわさせて頂き、合格を心よりお祝い致しました。


●皆さんにお祝いと熱い激励●.jpg

●皆さんにお祝いと熱い激励●




【研修で行ったこと】

 1、介護保険制度の理念と介護支援専門員について

 2、介護支援サービス(ケアマネジメントの基本)について



 まずは、介護保険制度の理念と介護支援専門員についてです。こちらは、ケアマネジメントの歴史を踏まえた講義が中心となりました。

 今回試験に合格された方々であれば、十分理解されているところであるでしょう。

 しかし、更新・再研修をされている方々にとっては、改めて介護支援専門員の役割を再認識し、平成18年の介護保険制度改正の概要を学ぶことができたのではないでしょうか。午後からは、介護支援サービス(ケアマネジメントの基本)についてです。



●介護支援専門員の役割を解説●.jpg

●介護支援専門員の役割を解説●



 
 1)エントリー

 2)インテーク

 3)アセスメント

 4)居宅サービス計画(原案)作成

 5)サービス担当者とサービス提供事業者とのインテークを支援

 6)サービス担当者会議開催
   (各サービスの個別援助計画案の協議・居宅サービス計画
    承認)

 7)支援開始(利用者・家族等とサービス担当者とのかかわり
   を励まし、調整・連携をはかる)

 8)定期的なモニタリング

 9)評価を経ての再アセスメント・再計画



 特に佐藤が協調した部分は、介護支援専門員は利用者と社会資源を結びつけるコーディネーターであるということ。そして、介護支援専門員は、利用者が社会資源をうまく活用できるようにサポートし、利用者の自己決定を励ますのが役割であること。

 さらにサービス提供事業者には、事前の訪問をして頂き、専門家の視点でアセスメントをしていて頂きたいこと。また、サービス事業者のインテーク面接では、利用者の不安を勘案しつつも、同行はなるべく避けること。

 そして、サービス担当者会議では、できれば各サービス事業所から個別援助計画書(各サービスの計画書案)を提出して頂くこと。


 などでした。まぁそうはいっても、そこには長年の常態化、または悪しき慣習化(介護支援専門員に対する情緒的依存が利用者・サービス事業者双方にあったり、介護支援専門員の極度の責任感にもよる)でもあるからコーディネーター役に徹するのは難しいかもしれません(笑)。

 ただし、基本概念として「利用者の選択に資する」部分の援助者だということを常に意識してかかわってくださいませ!

 さてさて、今日はここまで。いよいよ明日からは事例を活用しながら、居宅サービス計画を作成していきます。本日の研修終了前に、明日からの研修でファシリテーターとして力を貸して頂く、スーパー・ケアマネの山ア氏が会場に姿を見せ、明日からの展開を考えてくれていました。さすがはベテラン(笑)。



●炎のファシリテーターチェック開始!●.jpg

●炎のファシリテーターチェック開始!●



 この日の研修、打ち合わせも恙無く終わりました。佐藤は、ホテルにいそいそと帰り夕食に向かいました。今夜はめんどくさいので(笑)、近場の、ホテルの中にあるレストランの「チャールズ」でステーキ・フェアが行われているというので行くことにしました。

 ここは、一見、バーにしか見えない(実際中に入ってもそうですが)。だから今まで入ったことがなかった。

 そこがなんとレストランであったのだ(笑)。なかなか結構なお味でしたよ。今後ここもレパートリーに入れてもいいな。

 でも、ステーキならやはり、松江の「古都」が恋しい(笑)。そう、もうすぐじゃ!(何が?) ではでは!



●浜田のステーキフェアで松江をしのぶ(?)●.jpg

●浜田のステーキフェアで松江をしのぶ(?)●


(今年の関東は雪が降らないのに寒いのじゃ!To Be Continued!!)

posted by さとうはあまい at 19:35| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ケアマネジャー(介護支援専門員) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック