2008年12月22日

奮闘記・第378回 訪問介護員/新潟県

●2008年11月27日● 新潟県長岡市・長岡市立劇場


新潟県ホームヘルパー協議会

平成20年度

新潟県訪問介護員資質向上等推進事業

訪問介護計画作成・展開研修

(3日目)



 いやはや、今は12月22日 世の中は師走を迎えドタバタしているのに、私のブログはまだ11月じゃ! これでいいのか?(いいんだよ)  佐藤! だから、大慌てで現在に近づくことをお許し願いたい(笑)。


 さて、研修の続きです。午前中は、介護計画作成演習としました。

 介護計画を作成するための前段階。まずは皆さんに「リラックスタイム」にコーヒーを飲んで頂くとする。この時、自分のコーヒーの入れ方について、その手順を書き出して頂きました。



【ケア手順の理解】
「リラックスタイム」にコーヒーを入れて飲むmy手順
 
 1、お湯をわかす。
 2、好きなカップを出しておく。
 3、おしゃれなシートやナプキンを用意する。
 4、好きな音楽をかけたり、読みたい本を用意する。
 5、カップが温まったら、コーヒーをそそぐ
 6、お天気がよければ窓を開放してみる。
 7、椅子に座り、コーヒーを飲む。
 8、お菓子と一緒にコーヒーを頂く。
 9、本を読みながら飲む。
 10、気持ちがよくなってうとうとする。


 佐藤が、メンバーがノートに書いた内容を、ホワイトボードに書き写してみると会場からは笑いが漏れてきました。

 手順を書いただけで笑いが出るのはなぜなのでしょう? きっと、それはこの手順の中に「その人らしさ」がキチンと表現されていたからではないでしょうか。

 実は、介護手順も「その人らしい生活」への援助であれば、このように一人ひとり違ってよいからです。

 午後からは、皆さんが作成してきた事例を用いて、グループ内での事例検討をしていただきました。初めに佐藤が事前に選抜しておいた事例を用いて事例検討の手法を披露しました。


●事例検討がスタート!●.jpg

●事例検討がスタート!●



【事例検討の手法】
 
 1、発表者が発表する。
 2、質問を溜め込む。
 3、その質問に答える。
 4、更に質問を溜め込む。
 5、その質問に答える。
 6、アドバイスができるものにはアドバイスをおこなう。
 7、事例発表者からの気づきなどがあれば発表する。

 ※注意事項:事例に対して批難や意見がある場合には建設的
  (具体的)な意見にかえて伝える。


●他者の発表にを傾ける●.jpg

●他者の発表にを傾ける●


 皆さんは、事例検討していく中で、それぞれの悩みを打ち明け、お互いに聞いたり発表する中から、個別の気づきを得て、さらに具体的な解決方法のヒントを得ることができたようです。さて、いよいよ明日は最終日。もう一日張り切りましょう。ではでは!

●研修は続くのであります●.jpg

●研修は続くのであります●


(長岡駅前のうす皮「たい焼き」は現時点で世界一じゃ!To Be Continued!!)

posted by さとうはあまい at 12:32| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訪問介護員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック