2018年12月10日

奮闘記・第1072回 見聞録/長崎県

●2018年● 長崎県五島市


日本の最西端、「みみらくのしま」・福江島をゆく!

〜 島中を電気自動車で、ゆらゆら東へ西へ 〜



さあてと。いよいよ長崎県福江島の見聞録である。

福江島は、日本で2番目にでかい島である(1番は佐渡)。長崎県の西南(東京からは西)にあり、東京・羽田空港から長崎空港に行くと、島には空路と航路がある。

佐藤は、島への移動方法を最後の最後まで迷ったあげく、ゆきは空路で、帰りは航路にすることにした。これまで天気でいろいろあったから、とにかく島に入っておかないと気が済まない。仕事に間に合わないと困るし。もちろん、例の研究所員も同行するのだ。

出発の日の早朝、いつものように「ひゃ〜参謀」を車に押し込み羽田空港へ向かう。なんせ、今回は出雲空港から隠岐空港と同じく、飛行機を乗り継ぐ移動である。ただし、今回は、航空会社が違うという問題もある(今のところ、JAL好き?)。

まず、羽田空港のJALの荷物預かりカウンターで、係の方に(必殺仕事人w)のお姉さんに、

「長崎空港で、ANAに乗り換えて、福江島に向かいますがうんぬん」と告げる。

すると「仕事人」は、ノート(マニュアル?)を引き出して、手続きを始めた。そうありそうで、なかなかない手続きなのかもしれない。

「うーんこういう姿がかっこいい」(佐藤)

多分手続きは、頭に入っていると思うのだが。それでも、こうして、ノートを開いて、自分の行為を指差し確認して行く。そこには無駄な行為はない。しかし、結構時間がかかっているし、同じことを何回もやり直したり、聞かれたりする(笑)。

「たぶん、(プレッシャーで)頭が真っ白になったのだろう」(「ひゃ〜参謀」)


我々は、十分余裕をもたせて来ているので、別段嫌な顔はしていない。それより手違いで荷物がどうかなる方がよっぽど困るからだ。

しかし、一般の客は、空港の手続きでもたつくと、「何しとんのや!」「さっさとやってくれ」的なプレッシャーが多いのだろう。

途中で何かの不具合というか、お姉さんのやりかた自体に不具合があったと思われる(「ひゃ〜参謀」)様子。

「少々お待ちください!」

と我々には、ややひきつった笑顔で断りを入れてからビューんと奥へ引っ込んだ。そしてしばし待つと奥から駆け足でカウンターに帰ってきた。


「お待たせしてすみません!」

と言いながら、最初からやり直して行く、しかし何度もやり直すw。

ところが、佐藤は「仕事人」に聞かれないので、

「あの〜、荷物は飛行機(JAL系)から飛行機(ANA系)へ移すことはできますか?」

と尋ねた。しかし、ここでまた「頭が真っ白」になった(と思われる)。


この方は、仕事はキチンとできるのだろう。しかし、まだまだ、見た目も若いし、経験不足かまじめで融通が利きにくいのだろう。一度やり始めると、修正や追加がまだ随時うまくはいかないようだ。

我々に応対しつつ、パソコンの手を休めることはなく、頑張っていた。そしてなんとか手続きを終えた。

「荷物は飛行機(JAL系)から飛行機(ANA系)へ移動するように手続きしました。・・・ただし、長崎空港では一度外へ出てANAさんへの搭乗手続きが必要なのでよろしくお願いします」とのこと。

すべての手続きが終了後、彼女は時間のかかってしまったことを詫び、我々を笑顔で見送ってくれた。トラブル自体は誰にでも起こり得ることだし、大したことではない。

「でも、これほんとうは初めにキチンと聞いて、確認してから打てばいいと思うんだけどなぁ。そうすれば何度もやり直さんで済むし。何か言われるたんびに全部やり直しじゃ、(頭が)真っ白になるよね。別に自分が大変なだけだからいいけどw」(「ひゃ〜参謀」)

そう。通常は先に乗り継ぎの有無と、荷物の移動を確認する。でも、彼女が「できる」と思ったのは、頭が真っ白になってからの「思考の立て直し」の方法と実践である。

適時のマニュアルの確認し、上司への相談、指さし確認を行いながら思考を戻し、きちんと手続きを終えたのだ。実際に恙なく、荷物も別会社間のリレーで、福江島で受け取ることができた。

ここが、JALの教育システムの凄みであろう。介護業界のことを思うと、やや暗澹たる気持ちになったが・・・。我々は、久しぶりにプロの仕事(危機管理)ぶりを見せて頂き、満足であった。

さて、長くなったが、こうして無事にJALは長崎空港へ着陸した。そして我々は言われた通りANAへのトランジットやらで約1時間くらい待った。


●長崎空港に到着●.jpg

●長崎空港に到着●



乗り継ぐ飛行機はプロペラ機である。やがて、搭乗案内が流れた。我々は前の方々に付いていくと、滑走路上に出る。そう、ここは徒歩にて飛行機まで移動する。地上整備員の方々が笑顔で道案内もしている。

我々が、機体をバックに記念写真を撮っていると、それを大変うれしそうな顔でみていた。自分たちが手塩にかけた飛行機に興味を持たれているのだ。仕事に誇りがあればこその笑顔であろう。


●あれに乗るのですよ●.jpg

●あれに乗るのですよ●



我々は飛行機から伸びる、タラップを登り中に入る。キャビンアテンダントは、こぼれんばかりの笑顔で乗客を迎えている。このようなおもてなしが旅行客をうきうきさせるのだ。


「まるで悪霊島に行く、金田一耕助の気分だな!」(「ひゃ〜参謀」)
「悪霊島?・・・・・」(佐藤)

やがて、すべての乗客が乗り込むと、彼女はタラップを収納し、飛行機はプロペラの音を轟かせて滑走路から飛び立った。


●機内はこんな感じ●.jpg

●機内はこんな感じ●



佐藤は窓側だったので眼下の景色を眺めて見て、かなり高いところを飛んで行いて驚いた。なんせ、隠岐に行った時は、海や島を観ることが出来たのだが、こちらは海もかなり遠くに見えた。ううん、長崎にある米軍との制空権の問題かもしれない。その後、約30分程度の空の旅を終え、無事に福江空港(五島つばき空港)に着いた。


●そろそろ着陸。けっこう高いところを飛んだ●.jpg

●そろそろ着陸。けっこう高いところを飛んだ●



空港では、今回お世話になる島の宿 ごとう屋さんのお迎えの方が、プラカードを広げ待っていてくれた。
レンタカーも 同じ場所で借りられたし、「しまとく通貨」も使えた。

ここでしまとく通貨にも少し触れておく。これは長崎県内の複数の島の市町で共通に使用できる「プレミアム付き商品券(電子地域通貨)」である。

旅行やビジネス・観光で使える6000円分のしまとく通貨を5000円で購入でき、3万円購入すれば、6000円のプレミアムが付くのだ(上限は1人3万円まで)。今回はホテルとレンタカー分を、3万円+プレミアムで支払うことができた。

ホテルは宿風で、家庭的な雰囲気のホテルである。宿は平屋で奥に浴室・反対側に食堂がある。冷蔵庫がかなりシンプルで小さいので沢山入らないのと、部屋に姿見(大鏡)が無かったぐらいで十分コスパは良かった。

レンタカーは、三菱車電気自動車の、iMiEV(アイ・ミーブ)君だ。三菱車も、電気自動車もおそらく初めてである。早速、我々は福江港へ向かったのであった。目的は、もちろんお昼ごはんである(笑)。

福江港近くの駐車場に車を入れ港に向かう。福江港ターミナル内には、チケット売り場や乗船待合場所、お土産やさんや五島市観光協会の窓口などがあり、ある意味、福江島の活動拠点と言える、賑やかな場所である。

福江島はコンビニ(ポプラ)も数店あるし、ショッピングモールもある。しかし、それぞれがかたまって存在しているのため、同じ通りを用事に合わせて、何度も通り抜けることになる。

佐藤は、自分のしまとく通貨を使い切ったので、所員の分で新たにしまとく通貨を入手した。

まぁ15000円で18000円の買い物ができるのだが、残っても払い戻しができないのがねぇ・・・。使えるお店も指定されているし、曜日によって休みだったり、早く終わったりで、以外と残ることになる。

福江港ターミナルのお店で、ご当地を代表するゆるキャラバラモン君をゲットした。このバラモン君は、あのばらもん凧をマスコットにしたものなのだ。ちなみに「ばらもん」とは、同地の方言のばらか(元気な、活発な)に由来するそうな。


●「もえる」ではなく、「もやす」という強固な意志を感じたw●JPG.jpg

●「もえる」ではなく、「もやす」という強固な意志を感じたw●



その後、福江港ターミナル2階にあるレストランの遊麺屋(ゆめや)さんに入った。ここは作先にチケットを券売機で購入するシステムだ。

佐藤は、「焼き魚定食」をゲット。運ばれてきたお膳には、ふっくらとした鯖が半身のっかっていた。

「おお、これぞ、島で食べるにふさわしいぜ!」

我々は大満足で車に戻った。駐車料金は0円! 1時間は無料なのだ。遅くなったがいよいよ見聞がスタートだ。


●福江港のレストランでお昼●.jpg

●福江港のレストランでお昼●



【堂崎協会(with 巡礼カフェ オラショ)】
福江港から北へ約10 km。時間で20分弱。電気自動車の操作にも慣れ(?)、快適に進む。やがて、右側に教会に似た建物を発見した。おしゃれだなぁと思ったら、なんとそれはトイレであったw(むかしPトイレをアンティックな家具のイスと間違えた介護職いたが笑えない)。

今回、福江島を見聞してみて、感じたのは、観光地であろう場所が「観光化されていない」こと(人があまりいないとも)。そのような場所でも、何処にもきちんとトイレがあり、きれいに整備されていた。

まぁ、中・・・などの外国人らしき方々が頻繁に来るところは、きれいさが維持できていないようだが、基本的に他はすごくきれいであった。

トイレは観光地なら重要である。あちこちらにないのならば、観光地を名乗ってはいけないと思う。トイレの前には駐車スペースが設けてあったのでそちらに車を置く。駐車場の前は海である。その海の透明度が素晴らしかった。


さて、ここ堂崎天主堂は、江戸時代からのキリスト教禁教令廃止以降、五島列島で最初に建てられた聖堂であり、現在は堂崎天主堂キリシタン資料館となっている。ちなみにいまだにその組織も続いているという。

教会の中央には、祭壇が設けられマリア像がおかれている。内部は木造で、ステンドグラスの模様は椿をモチーフとしている。外には、日本二十六聖人の1人で五島出身の聖ヨハネ五島の像も建てられていた。某H吉公は、日本の偉人(?)かも知れないが、トップに立ってからは国内外でろくなことをしていない。


●じゃ〜ん!ここが堂崎教会である●.jpg

●じゃ〜ん!ここが堂崎教会である●



駐車場から教会への向かう途中には巡礼カフェOratio(巡礼カフェ・オラショ)がある。店内は意外とひろく、普通にテイクアウトもできる上品なカフェである。

ちなみにオラショとは、ラテン語のOratio(祈祷文)が語源だそうで、日本のキリシタン用語として「祈り」「祈祷」と訳されている。

知らない言語を耳で聞き、カタカナで書いて(いわゆるディクテーション)いたこともあり、長いときを得て、日本独特のおまじないのようなものにもなっているが、おおむね内容は間違ってはいないらしい。さすがは外来文化の交流地点・長崎とでもいうべきか。

「ひゃ〜参謀」の調査によるとマドレーヌがうまいとのこと。本来であれば、店内で珈琲などと頂きたいのだが、先を急ぐ。我々は中マドレーヌを2個ゲットし車中で頂いた(マドレーヌには要飲み物、『失われたときを求めて』冒頭参照w)。 


【道の駅 遣唐使ふるさと館/白ヶ浜万葉公園】
今度は、進路を西へとり、島内唯一の道の駅、道の駅・遣唐使ふるさと館をめざす。移動距離約25qで、約40分。

 「ひゃ〜参謀」お目当ての品「道の駅のマグネット」がある(笑)。車の充電施設も完備されている。近くにある、白浜ヶ浜万葉公園に向かった。

そこには、遣唐使船を模した展望台がある。この船を観ることも目的のひとつだったが、行くと、なんとそこはアスレチックよろしく遊具もおかれていた。しかも他に誰もいない。


●遣唐船のレプリカ●JPG.jpg

●遣唐船のレプリカ●



佐藤は、緋色に輝く遣唐使船にのり、両手を広げ、白浜海岸を見下ろし、海風に吹かれた。その後は、約60mものローダースライダーに挑戦したw。置かれていたピンク色のシートを敷いて滑った。

「まさに《やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ》 (山本五十六大将の言葉)ですな。まぁやり過ぎの感も無きにしもあらずですが」


●「やって見せ・・・」(山本五十六大将・談)●.jpg

●「やって見せ・・・」(山本五十六大将・名言)●



とは「ひゃ〜参謀」 。再び車に戻るが、まだまだ充電するには早いかな・・・。このタイミングが難しい。


【高浜海水浴場】
道の駅から南下すること約6q、7分の距離にある。ここは天然の海水浴場としては、日本一の美しさを誇る白砂の海浜であり、遠浅で澄みきった海で知られる五島市を代表する海水浴場なのだ。
我々が行ったのは、日も西に傾きはじめた時間。まぁ、冬でシーズンではないが、それでも観光客はまばらだがいる。この島は人口(3万くらい?)に比してなかなか広い。


●日本屈指の高浜ビーチ!しかも人がいない●.jpg

●日本屈指の高浜ビーチ!しかも人がいない●



駐車場には、わナンバーのレンタカーが何台か駐まっていた。その方々と行き違いに海辺から去って行き、この東シナ海に広がる広大な海岸がわれわれ2人しかいないのだ。入れ違いでまた人が来るのだが(笑)。

そうなると、この浜は断然広い。行けども行けども砂が広がり、波打ち際に行くには時間がかかりそう。砂地が結構ぬかるんでいるので、波打ち際に行くのは断念した。

砂地には、白やピンクや真珠色に輝く貝のかけらがそこかしこに落ちていた。また、中には、ピース型の動物の足跡がある。どうやら鹿の足跡のようだ。まぁアルくまやイノシシだったら、こうもしてはいられないが。

我々は青い海、白い波、誰もいない浜辺を満喫し、再び車に戻った。


●海岸に鹿が来ている●.jpg

●海岸に鹿が来ている●



【空海記念碑:辞本涯の碑】
高浜海岸から北へ11km、約24分。そこは東シナ海へ突き出た岬にある。ナビ様に導かれて行くのだが、どんどん道幅が狭くなり、対向車が来たらとうてい避けられない(意外と得意?)という場所を進む。

「某島根の安田の兄さんが、一本道で結婚式の列に合って、バックで1q戻らされたことがあったよなw」 (「ひゃ〜参謀」)

おいおい(笑)。佐藤は例のごとく車の中心で「対向車よこないでー!」と叫びながらも、何とかその場所へたどり着いた。ここは、岬の開けた場所に、空海上人像と辞本涯の石碑が立てられている。


●辞本涯の碑には悲壮感を感じない●.jpg

●辞本涯の碑には悲壮感を感じない●



遣唐使にゆかりのある三井楽町と第16次遣唐使船で唐に渡った空海さんが深く関わりのあることを広く紹介しており、その偉徳を顕彰するために、地元の有志によってこの地に建立されたらしい。

記念碑に刻まれた「辞本涯」の文字は高野山清涼院住職さんの書により、「日本の最果ての地を去る」という意味。航路に変更はあったが、遣唐船の最後の停泊地であったという歴史がある。

三井楽は、現在の地名では「みいらく」と読むが、歴史的には、三井楽は「みみらくのしま」と呼ばれていた。古くは、美禰良久(みねらく)の崎、美弥良久の埼(『続日本後紀』)などとも書かれていた。

いろいろな漢字の当て方は、わが国には、耳で聞いた人が「好きに当てて良い」という法則があり、実は江戸時代でも続いていた。現代人には、いい加減に見えるかもしれないが「漢字」の知識とは、その人の教養そのものを現している。

関係ないが、昭和50年代までは、免許の名前でさえ、実際とは違っていた。悪しき当用漢字や常用漢字の問題であるがここでは深追いしない。

みみらくのしまは、「亡くなった人を甦らせ、見ることのできる、西方浄土の地」の代名詞として信じられてきた。島の向こうは海であり、異国(中国)があるため、憧れや未知の不安が入り混じった感情で考えられたのだろうか。

特に『蜻蛉日記』藤原道綱母・著、975年ごろ成立)などの古典文学の文中でも、「亡き人に逢える島」(みみらくのしま)として語られ、歌枕としても定着していた(現在、当時の雰囲気が残る風光明媚な景観として、平成26年10月に国の名勝に指定)。

あの緋色に輝く遣唐使船で、東シナ海をゆくのだから、生きて帰ってくる保障はなかっただろうし、わざわざ正月に中国皇帝に拝謁するために困難な時期に渡っていったから被害も拡大した。

でも、佐藤はこの海、この景色を見て、なぜか「わくわく感」を感じていた。空海さんをはじめ、船に乗った人々は、船旅に不安を抱えながらも、新たな地を見聞する自分を想像し、高鳴る胸の気持ちを抑えられなかったに違いない。


●西の果てに陽は沈み、陽はまた昇る●.jpg

●西の果てに陽は沈み、陽はまた昇る●



そんな海を眺める私たちの近くを、孫と犬を連れた老人が軽く会釈をして遠ざかっていった。おや? ここは「みみらくのしま」。もしや以前に会ったことがある人たちかも知れない。


最後にも余談だが、佐藤の近所の○○山公園に昼間でも「幽霊が出る」という噂があったという。知人から聞いたある人がそれを確かめに昼間に出かけた。しかし、公園には犬を連れたおば様がいただけであった。空しく帰ったその人は知人に、


「どんなのが出るんだよ!」
「ああ、犬を連れたおばさんらしいよ」
「・・・・」



東京にも「みみらくのしま」があるのかも知れないなw。

さてさて、こちらにはお土産屋さんらしきものはないが、きっちりとトイレが完備されていた。ほんと素晴らしい。西の最果ての果てに来たが、まだまだ陽は沈みそうにない。宮崎や浜田以上に陽が長い感じだ。まぁ完全に陽が落ちると完全な暗闇になることにのちに気づくことになる。そろそろ、宿の方に戻るとしょう。

ここで気がかりなのは、電気を半分消費したと言うこと。まだまだ、夜の島も散策したいしねぇ・・・。

ということで、道の駅に戻って充電した。先ほどの柏崎から道の駅までは約7q、17分程度だ。道の駅はすでにカラオケ大会も終わり、先ほどの賑やかさとはうってかわって静かであった。


●ただいま充電中!●.jpg

●ただいま充電中!●



外の売店にて最後のソフトクリームを頂き、車の中にて充電を待つことに。この間にとうとう陽が沈み、あたりは暗くなってきたし、道の駅の方々もお帰りになった。

佐藤はまだフル充電ではないが、鵺(ぬえ)でも出るといかんので、途中で終了し、夕食場所へ移動した。

移動途中、五島シティモールに立ち寄り、中にあったダイソーにてお買い物(笑)。なぜか100均って、あちこち観ていると飽きないので時間が経つのが早いよねぇ。

外に出たらすでに真っ暗になっていた。


【レストラン・ミッキーハウス】
佐藤は対向車の明かりと、車の明かりを頼りにお店を探した。ほんとうに暗いぞ。道の駅から約18km、28分。そして偉大なる暗闇の中、その店の看板を見つけた。

お店で聞いたところに車を停め、中に入ると、カウンター席と、4人掛けの席が3つ。我々は4人掛けの席にすわりメニューを見た。そして、「ひゃ〜参謀」はハンバーグとエビフライ定食。私はハンバーグとミニグラタン定食を注文する。

店内は名前のとおり、ディズニー一色である(笑)。あちこちに年代もののミッキーやミニーオブジェが飾られていた。待っていると、小鉢に入ったサラダとあつあつのコーンスープが運ばれて来た。

その後、おのおのの注文したものがテーブルに運ばれて来た。うん。「ひゃ〜参謀」の選択に間違いなかった。グラタンもあつあつで、文句なし。我々は無口になって美味しく頂いた。近所の方々らしき方々も来ていた。


●夕食はミッキーハウス!うん?●.jpg

●夕食はミッキーハウス!うん?●



会計時に「しまとく通貨でお願いします」というと、女将さんがスマホを操作して無事に会計を済ませた。しまとく通貨を使用すると、お店の方が、画面にスタンプを押してくれる。そこには、しまうまのマークが現れるのですがこれがめちゃ可愛いのだ!! ふう、ご馳走様でした。

さてさて、今回の見聞録はここまで。さらに島はめぐりが続きます。おそらく見聞録も続きますので、続きましたらご覧ください。

皆さま、寒くなりましたね。くれぐれもご自愛ください!


●しまの宿 ごとう屋データ●
住所:長崎県五島市吉久木町699-3
連絡先:0959-88-9569
営業時間:チェックイン15:00/チェックアウト10:00
定休日:年中無休
駐車場:あり。また、福江港および五島福江空港からの無料送迎あり(要事前予約)。
HPhttp://gotoya.jp


※なお2018年12月現在のデータです。


(「推定無罪」という法治国家の原則はなく、国家公務員の給与は5年連続引き上げで民間平均より246万円も高い。こういう感覚を持った政府のトップに憲法改悪はして頂きたくないな!To Be Continued!!)

posted by さとうはあまい at 12:31| 島根 ☁| Comment(0) | 研修会のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

奮闘記・第1071回 研修会のツボ/長崎県

●2018年● 長崎県五島市

社会福祉法人五島会 主催・介護職員研修

「介護記録の書き方」


皆さま、お久しぶりです。朝夕は寒いし、昼間は暑いしで、着る物に困りますね。今回のブログは先だって研修を行った、長崎県の福江島にある、社会福祉法人五島会さんの主催による「介護記録の書き方研修」を報告しましょう。


さて、ここ福江島は、長崎県五島列島にある1番大きな島である。

佐藤は例のごとく、研究所員の「ひゃ〜参謀」と共に、前日に羽田空港から長崎空港、JALとANAを乗り継いで福江空港に降り立ち、無事に島に入れた。


●福江空港から入ります●.jpg

●福江空港から入ります●


●研修前に島内の五社神社に参拝●.jpg

●研修前に島内の五社神社に参拝●



そして電気自動車をレンタルして島内を見聞してみた。乗り心地は静かで穏やかにして、燃費というか距離があまり・・・。その内容は、おそらく書類に埋もれてなければ、後日見聞録にてたっぷり(さて?)報告する予定にして未定として、まずは研修会の報告からである。


目的:この研修は、社会福祉法人 五島会で働く介護職員を対象に、介護記録に求められる役割とは何か。その役割を残すために求められる介護記録とその書き方について、共通認識を図ることを目的とし、その上で、介護職員が記録を書くことに意欲と自信が持てるように支持する。

研修は、介護老人保健施設 五島福寿園さんにて開かれた。時間は18:30〜20:30。この日は夕方から雨が降り始めていた。そんな中、会場には、老人保健施設の介護職員の方々はもちろん、五島会さんが運営する、複数のグループホームの職員総勢70名余りが集まっていた。


●バラモンくんも参加●.jpg

●バラモンくんも参加●



■研修会で行ったこと
(1)大事なものは目に見えない「目配り・気配り・心配り」とは。
(2)記録が無いと困ること。実際どうしているか。
(3)演習問題から記録を考える。


今回の資料は、

 @基本資料(演習課題)
 A介護記録の書き方(演習の回答例)
 B提供して頂いた介護記録から

以上3本である。

@基本資料(演習課題)とA介護記録の書き方(演習の回答例)には、2017年10月に中央法規出版「おはよう21」の特集記事で掲載した内容をベースにした。

B提供して頂いた介護記録からは、施設長谷川氏)が、事前に各事業所で書いた記録を選抜し、コピーしたものを郵送して頂き、その記録内容を、佐藤が添削・改善例を作成し示したものである。


●佐藤の話を集中して聞く●.jpg

●佐藤の話を集中して聞く●


●記録には何を書くのか●.jpg

●記録には何を書くのか●



1.大事なものは目に見えない「目配り・気配り・心配り」とは
さてさて、「大事なものは目に見えないんだ(L'essentiel est invisible pour les yeux.)」
うん? どこかで聞いたセリフである。

そう、サン=テグジュペリの小説『星の王子さま(Le Petit Prince)』の中でのキツネさんのセリフである。佐藤は星の王子さまの本の中から、「ヒツジの絵に関する項目」の一部分を皆さんに伝えた。

お話の中で、僕(サン=テグジュペリ)は、不時着しておかしくなった飛行機を一生懸命直していた。

なんせ直さないと生きて帰れないからねえ。切羽詰まっていたのだ。
そんなところに、王子さまが現れていきなり「ヒツジの絵を描いて!」というのだ

僕は、飛行機を直すのに夢中になっていると、さらに大きな声で「ねえねえ、ヒツジの絵を描いてったら!!」というのだ。

そこで、僕は機械いじりの手を休め、ヒツジの絵を描いた。
すると、「これは、だめ! こういうのを描いて」という。

僕が、他のヒツジを描くと、「それもダメ!」という。
僕は、もう一匹のヒツジを描くが「それもダメ!!」という。
僕は、早く飛行機の修理に戻りたかったので、四角い箱に空気穴を付けた。

「君のヒツジはこの箱の中にいるよw」と箱の絵を描いて渡した。

すると、王子さまは、先ほどまでふさぎ込んでいた顔を上げて、箱をのぞき込み
「わー! 僕が欲しかったヒツジはこれだよ」というのである。

ここで、佐藤は、先ほど購入した四角い箱を取り出して、そう「大事なものは目に見えない」だからこそ、我々はその方と語り合ったり、そばに寄り添い、知ろうとすることが重要だという話をした。


次に、会の理念「私たちは、社会福祉法人五島会の全事業所における介護サービスの提供にあたって、利用者中心であることを基本とし、サービスを受ける利用者の満足、サービスを提供する職員の満足を追求するために、目配り・気配り・心配りの理念に基づいてサービスの提供を行うこととする。」とある。

まさしく「この目配り・気配り・心配り」というものこそ、目に見えないものではないか!
では、その目には見えないこれらの「目配り・気配り・心配り」であるが、皆さんが実際にしていることとはどのようなことなのかをを考えて頂いた。

演習「目配り・気配り・心配り」とは何か
まずは自分で考える(3分)。次に、お隣同士で考える(5分)を行った。

目配りとは、「体調が悪くないか、観察する」あるいは「転ばないかと見守る」、または「きちんと食べられたか把握する」など。

気配りとは、「寒くないかな」「トイレに行きたいのかな」「気持ちいいかな」等と気遣うことなど。

心配りとは、「辛いのかな」「楽しくしているかな」とか気分(精神的変化)を伺うなどなど。


皆さん自分で考え、他の方と語り合うことで、自分たちがしている「目配り・気配り・心配り」について確信が持てたようであった。

一方では、目配り・気配り・心配りのサービスを改めて考えると奥が深いなどとの意見も聞くことができた。


●課題に取り組む参加者●.jpg

●課題に取り組む参加者●


●意見を交換する●.jpg

●意見を交換する●



2.記録が無いと困ること。実際どうしているか
次に、「記録が無いと困ること。実際どうしているか」をワークのページを用いて書き込んで頂いた。

佐藤は先ほどから会場内を歩き回り、皆さんが書いている文章を見て歩いている。その時に思ったのは、皆さんがまじめに取り組んでいるということだ。

もちろん、研修に参加しているんだがら、「当たり前でしょう」と思うだろうが・・・。

いやはや、会場をめぐっていると、実際、佐藤の問い合わせの箇所に、全く何も書いていなかったり、他者とおしゃべりをしているなんてこともざらにあるのだ(笑)。

それが、ここでは皆さんは与えられた時間の中で一生懸命課題に取り組んでいる。

さてさて、「記録が無いと困ること」にあがってきたのは、下記内容(これは想定通り(笑))
・体温・血圧・その日の体調・食事量・入浴の可否・排便の有無などなど。

中には、「拒否のある方にどうやって食事を食べて頂けたのか」などの記述もあった。

ここからが、本題である。
佐藤は、介護保険の理念は「自立支援」であること。そのためには、利用者の生活機能を維持・向上する必要があることを説明した。

この生活機能とは、
「心身機能」「活動」「参加」を指していること。

「心身機能」とは、まさしく「体温・血圧・その日の体調・食事量・入浴の可否・排便の有無」等で利用者の健康に関する支援であること。
「活動」とは、「拒否のある方にどうやって食事を食べて頂けたのか」あるいは、「転倒予防」のためにしている具体的な援助方法であったり、さらには「していることやできること」に対する介護技術などであり、すなわち、日常生活動作に関する支援であること。
「参加」とは、レクリエーションの提供やお手伝いなど、他者との交流や、役割の提供、社会性の維持に関する支援であること。

しかし、介護記録を読むと、どうしても「心身機能」に重きをおいた記録が多くあるのだ。

もちろん、介護職にとっても、心身機能に対する支援も重要だが、その支援の専門家は介護職ではなく、医療職なのだ。

介護職の専門分野は、本来は活動や参加のはずであろう。すなわち、利用者の日常生活動作(活動)に対しては、利用者のしていること、できることを維持向上するために、介護職は、

「うまくできるようにもう少しだよと励ましていたり」
「転ばないように注意を喚起したり」
「うまくできるように見守っている」

のだ。さらには、例えばトイレにお連れしたときに「手すりにつかまってください」と協力動作を依頼し、本人がつかまり立ちをしてくださったことで、ズボンをうまくはけた場合などは「ありがとう」と感謝を伝えたりしている」のわけ。

また、Aさんと、Bさんが、うまくかかわることができるように間をとりもって、「言葉の橋渡し」などをしている。作品作り等をしていた時、うまくできたら「すごい!」「素晴らしい」「さすが」などと本人がしたことを認め称賛したりしてもいる・・・であろう。

つまり、記録には、これら介護職が「活動」に対してしている支援や、「参加」に向けて「提供した介護技術」についてを書く必要があるのだ。

また、利用者の生活機能には、背景因子といわれる、環境因(家族や地域の人々)と個人因子(価値観)がある。

特に、家族とのかかわりや、地域(ボランティア)とのかかわりは、「家族が来ました」や「○○さんと話していた」などの観察記録ではなく、自らその中に入り、話題を振ったり関われるように振る舞ったりし、どのようにしていたのかを具体的に書く必要があることを伝えた。

佐藤は、この部分を熱く熱く語ったので、皆さんも、時々大きくうなずかれたり、思い出し笑いをされたりしていた(うーん、まことに良い反応である)。


●いよいよ記録ですよ●.jpg

●いよいよ記録ですよ●



3.演習問題から記録を考える
いよいよ演習問題である。

演習問題
心身機能・活動・参加・環境にに対する支援内容が、物語として書かれている。研修の残り時間は約1時間である。

佐藤は、グループホームの職員には、「参加」に関する問題を。施設の職員には「活動」に関する問題を取り組んで頂くことにした。

そして、それぞれの物語を読み上げた。皆さんは、佐藤が読み上げる文章を目で追いながら、実際の支援の場を思い出されているようであった。

それぞれを読み上げいよいよ記録を書いて頂く。

まずは自分で考える(5分)。隣同士で考える(5分)とした。

もちろん、佐藤は再度会場をめぐり皆さんが書いた内容を読んでいく。いやぁ。すると、皆さんのノートには、ちゃんと文章が描かれているではないか! これ、すごいことですよ。

なんせ、よく見かける「○○○」と声をかけたとか、転倒しないように見守るなどという簡素な、というかコピペ文章ではない。

それは「これから車いすへ移ることを説明し・・・」とか「壁飾り制作にお誘いすると・・・」などなどである。

すなわち、その場で介護職員が利用者に対して、何をしているのかがしっかりわかるように表現できていたのだ。


最後は、参加者からノートをお借りして、そこに書かれた文章を読み上げた。それは素晴らしい内容であった。これだけ書くことができれば良いのでは(笑)。会場からも拍手がおこった。

最後は、時間の許す限り「提供して頂いた介護記録から」を用いて、解説した。

皆さんが書いた記録は「事実を客観的に書いた」そのものの記録である。もちろん、事実が記載されているのだからこれが間違いというわけではない。

ただ、事実だけで、介護職がしている「目配り・気配り・心配り」が見えてこないのである。そこで、佐藤がその場面を想定して、文章に肉付けを施し「改善例」とした。

合計15個の改善例を作成した。もちろん、場面設定は佐藤が考えているので多いに違っていると思いますが・・・。

これにて、佐藤の研修は終了! 最後に職員が中心になって「介護記録の書き方マニュアル」を作成することも良いのでは無いかと提案した。


最後に質疑応答である。

司会者が参加者に質問を求めると、何と数人の方が手をあげられた(これもすごい)。なかなか、質問をといっても質問なんて出ないことがほとんどですからねぇ。

まぁそもそも、自社の研修風景をブログに載せてもよいですか?と尋ねると、「どうぞどうぞ」である。これも自信がなければできない。

以前の指導者なら、やれ、ああだこうだと、載せる前に原稿を見せろだの、都合の良い赤字を入れさせろだのという、ちょっと勘違いしていた方もいた(他者のブログに手を入れるなんて聞いたことがない)。しかも「大したレベルじゃなかったし」(ひゃ〜参謀)というのと比べて、現代の指導者層は進化している。


●皆さんからの質問に答える●.jpg

●皆さんからの質問に答える●



佐藤は出された質問をため込み、一気に答えていく。

中でも「利用者からの乱暴な言葉」や「利用者同士の言い争いのときの言葉」(暴言対暴言)はどうしたら良いかという質問。

これは利用者の感情の表出として捉え、そのまま記述するように伝えた。さらに、重要なことは、そのようなことがあったときの職員のかかわり方が重要であるということ。

利用者から職員に向けられた暴言は、その言葉を出すにいたる原因があるはず。だから、その原因を書いてどのように対処したのかを書く必要があること。もしかしたらその暴言は「苦情」である可能性もあるので、暴言は慎重に取り扱う必要があることを伝えた。

また、利用者同士の暴言は、その多くは、職員が自分を看てくれないことから来る八つ当たり、あるいは焼きもちであったりする場合が多いことを説明。すると、他の参加者も大きくうなずいている。

まぁ、我々はどうしてもも手のかかる(依頼が細かい方や諦めない方。通称やかましい方)を優先してしまう。その半面、余り要望を言わない(表情に出さない穏やかな人)には、「ちょっと待っててください」といい、その仕事が終了した後で、もうそのことを忘れてしまった等ということもままあるだろう。

そして、そのようなことが蓄積していくと、あるとき「自分はずーと待っているんだ、バカ野郎」などとドカーンと怒り出すこともあるのだ(なくてそのまま蓄積されるのはさらにこわい)。

それをこちらの取り方で「暴言」と言い切ってしまうのも良くないだろう。

いずれにしても利用者の発した言葉はそのまま記載して良いこと。問題はそのことに対しての職員の対応(かかわり方)も、具体的に書く必要があると返答した。

さてさて、これにて研修は終了である。


●熱心に語り合う●.jpg

●熱心に語り合う●



次の日、施設長からメールを頂き、可能であれば、さらにステップアップした研修をとも書かれていましたし、お話もありました。こちらこそ、有り難いことです。

依頼を頂ければ、駆けつけます。また、鬼岳に登りたいなぁ(笑)。

東京からは西国に位置するとはいえ、寒い季節になります。皆さま、くれぐれもご自愛くださいませ!



●ジョイフル 長崎五島店で夕食●.jpg

●ジョイフル 長崎五島店で夕食●


●福江港から帰ります●.jpg

●福江港から帰ります●



(広島カープの丸選手が予想通りFAで巨人に移籍らしい。これで広島の強さはもう少し伸びるかも知れない。何十億はともかく、6年契約なんて、呼んでくれた監督がいるかわからない。監督が代われば要らなくなることもあるからね!To Be Continued!!)
posted by さとうはあまい at 20:45| 島根 ☁| Comment(0) | 研修会のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

奮闘記・第1070回 研修会のツボ/新潟県

●2018年● 東京都長岡市&新潟市


新潟県ホームヘルパー協議会

《訪問介護計画作成研修(団結の後期)》


皆様お疲れ様です。さて、前期研修から2週間、今回のブログでは研修はいよいよ後期研修へと突入するところです。

そんなわけで、佐藤は長野を爆走して走り抜けて、上越から中越を弥彦山💛を眺めつつ、新潟市入りを果たした。まずは新潟白山神社にご挨拶し、うにうにまわってホテル入りした。



●やってきました新潟♪●.jpg

●やってきました新潟♪●


●まずは新潟白山神社にご挨拶●.jpg

●まずは新潟白山神社にご挨拶●


●そして夜はぐりるかんだ三昧(笑)●.jpg

●そして夜はぐりるかんだ三昧(笑)●



今回も新潟市と長岡市で2日ずつで移動するのだ。そんな研修会場の写真やその間ところどころに、朝夕立ち寄った神社や食事処をはさんでいきます。今回も写真も多めなので、基本的に「新潟会場」→「長岡会場」の順で写真が流れでガンガン入れて行きますから、ご注意ください(笑)。


●当日の朝はホテルのバイキング♪♪(新潟市)●.jpg

●当日の朝はホテルのバイキング♪♪(新潟市)●


●聖地・新潟ユニゾンプラザも、もはや秋の気配(新潟会場)●.jpg

●聖地・新潟ユニゾンプラザも、もはや秋の気配(新潟会場)●


●後半戦がスタート(新潟会場)●.jpg

●後半戦がスタート(新潟会場)●



さて、

「前期研修で学んだことを後期研修までに実践できましたか?」

という佐藤の問いかけに、参加者からは、

・利用者との再会が新鮮に思えた。
・今までと違った視点(自立支援)で対応するように心がけた。


などなど(あっさり・・・)。まぁでも仕事に前向きに取り組んで来た様子を伺うことができました。いや〜、この素直さは素晴らしい!

一方では、前期に完成しなかった「ICFの視点を用いた訪問介護計画書」を完成してくるように、宿題を出してあった。なぜならば、後期は、皆さんが持参している事例を用いて、各グループで事例検討をすることになっているからだ。

課題と向き合い、作成できた方はテーブルにスルスルと広げはじめる。逆にできなかった人は、「うわ。すごいね」と他者の書いてきた用紙を関心して眺めている(笑)。まぁ、しおしおになることはないし、介護支援専門員の実務研修じゃないんだから、作成できなくても仕方ないけどね、そもそも介護支援専門員も怪しいんだから・・・。

そして、事例検討が終了したら、その後に、各グループ内で1事例を選抜し、みんなで訪問介護計画を作成し発表するのである。


◆後期研修で行ったこと
(1)事例検討。
(2)苦情対応について。

はじめに、事例検討のデモを行う。佐藤は、皆さんからあらかじめ提出して頂いた事例を全件赤ペンチェックしていたことは前回のブログで報告した。その中から1事例を選抜し、事例作成者に、前もって後期研修にて、事例検討のデモに使わせて頂くことについて説明し、その同意いやさ了承を得ていた。

そして、その事例をこの研修にはなくてはならない《スーパー事務局》勢能さんが全員分コピーしてくださっていた。皆さんにその事例を配布したところで事例検討のデモがスタートした。

佐藤の事例検討の特徴は「質問をため込む」という手法だ。今の国会審議では無いが、矢継ぎ早に質問が続くと、答える方は「自己防衛」に走る。結局は後味の悪い結果に陥るという可能性もあるのだ。

まぁ国会は、与野党とも、自己防衛も何も、とにかく相手を口撃することしか頭にない。真っ先にAIがとって代われる仕事は国会議員なのではないだろうか・・・(平和になるだろうな、どこの国も)。

さてそこで、まずは発表し、次に質問を受け付け、その質問をホワイトボードに蓄えて、ある程度溜まったところで発表者に答えて頂くのだ。最後に発表者および参加者が事例を共有したり、助言をし合ったりするのだ。

グループ内での事例発表は1人40分かけて行うことにしているが、デモは約1時間20分ほどかけてぐいぐいと行った。

まず、事例作成者に佐藤の隣に座って事例を読み上げて頂く。他の皆さんは、配布された事例を帳票を見ながら、質問事項を考えて行く。

新潟会場・長岡会場とも、事例発表者は自らの事例を丁寧に説明することができた。これって結構緊張するものだけど、皆さんはずでに各グループに力強い助っ人がいるからねぇw。

ひと通り読み上げたところで、佐藤が会場より質問を募った。

「はい、○○さんの事例について質問を出してください」

と呼びかけると、数人がこちらを見る。実はこの顔を上げる人こそ、質問を抱えている人なのだ。

佐藤は、挙手は無いものの、その方々にマイクを向けると、元気よく質問があふれ出された。質問は、発表者と同じグループの方に書記を依頼してホワイトボードに書いて頂く。

いや〜、出るわ、出るわ。皆さんの質問の多くはその方の健康状態に関する質問である。やはり、支援するには病気などの情報は必須だからなぁ。次に多かったのは家族構成である。ヘルパーさんは在宅を訪問するから家族の存在は大きいのかも知れない。

皆さんの質問がで終わったところで、佐藤からの質問である。当然、佐藤からはホワイトボードに記載されていない部分を聞き出すことになる。

「この方は、どこで生まれ、どのような仕事をされてきましたか?」
「この方の家事活動でしていることや、できることはありますか?」


などなど。やがて、発表者は出された質問について粛々と答えていく。当然、発表者は、質問が蓄えられていく間に、冷静に答えを考えたり、探したりすることができる(はず)。だから、答えるときにも、どこぞの大臣のようにしどろもどろにならずに、きっちりと答えられるのだ。とくにまぁ女性大臣のあの方は・・・いや、やめとこう。

また、佐藤はその答えにかぶせ質問(関連質問)がある場合は、具体的な質問をして内容を膨らませていった。

当然、皆さんは、同様な経験を少なからずしている。だから、内容が深まっていくと、同調のうなずきや、そうそうなどの言葉が聞こえてくるのである。そして、佐藤が講評を述べる。

このときには、提出された、ケアプランおよびアセスメント、訪問介護計画書なども用いて「ここにこのようなことが書かれていると良かった」「ここは具体的に記載されていて良かった」などと解説。


最後は事例発表者から、発表を終えての感想を伝えて頂く。

すると、

「自分では気にしていなかったところが重要だということに気づいた」
「まだまだ知らないところがあったので今後深めて行きたい」
「時間に追われて本人のしていることやできることまで、ヘルパーがしてきたように思う。今後は本人のしていることやできることを認めて、ゆとりを持って援助していきたい」


など、多くの気づきや学びを得ることができたという。もちろん、参加者も事例を通して、同じように自分のケアを振り返ることができたのではないかと思う。

午後からは、各グループ内で、同様に事例検討を展開して頂くのだが・・・。

そこでは、各自の事例の投票はその方が持っているものだけなので、どうしても井戸端会議のようにワイワイガヤガヤになってしまう傾向があるため、いくつかの注意喚起を行った。


@発表者はみんなに帳票が見える位置に移動して発表すること。
A発表途中で質問しないこと。
B質問はため込み、その後に答えるようにすること。
C司会はとにかく議事進行を行うこと。



なんせ、顔を突き合わせての発表となると、発表途中で質問をしたくなったり、質問が出たらすぐに答えたくなるのは仕方が無い。司会者にはそのようなことがないように議事進行に専念して欲しいものだ。

さて、午後からは各グループで発表の順番を決めて事例検討がスタートした。佐藤は、それぞれのグループに入り、事例検討に参加した。

もちろん、佐藤は全件の事例を把握しているから、事前の評価を手元に持ちながら、各グループをまわり、助言をしていく。すると、参加者から、

「すべての事例を覚えているんですか?」

と聞かれた。

「もちろん、皆さんがつくってくれた事例ですもの無駄にはしたくないものね」


さて、1人40分かけての事例検討だが、なかなかルールを守るのは難しい(苦笑)。まぁ、それも仕方ないよね。お互い似たような事例を持っているから、ついつい話したくなっちゃうのだろうか。

それでも、佐藤が、グループに入ると、ルールに沿って展開するから、やはりまじめなんでしょう(笑)。こうして、あっという間に1日目の研修は終了してしまった。

2日目いよいよ研修ラストの日。今回は前期・後期と分けてしているが、いやいや、参加者同士の連帯感を素晴らしい。朝会場で会ったとたん、いろいろな情報が飛びかっているのだから。


【苦情対応について】
まずは1時間「苦情及び事故の取り扱い」について、テキストを用いて説明をした。当たり前のことではあるが、ヘルパーは、苦情や事故を起こそうと思って仕事はしていない。どこぞの大量なんとかをしでかした看護師とは違うのだ。

だけど、様々な人間模様の中で、こちらがそうは思っていないようなところが苦情となってしまっていたり、注意していても事故はポン!と起きてしまうもの。減らすことはできるが無くすことはまずできない。

そんな苦情や事故に遭遇したヘルパーに対して、事業所側はどのような対応をすれば良いのか? 佐藤は自分の体験談を熱く語った。

「苦情事例」(ファイル2101)
ある日、「ヘルパーがポータブルトイレを片付けてくれないから代えて欲しい」このような電話が入った。

この方のケアには複数のヘルパーが入っていたが、ベテランのAさんの日だけが、な・ぜ・だ・か、トイレを片付いていないというのだ。

この方は、途中で体調が悪化しており、トイレまで行くことが難しくなって、家具調のポータブルトイレ(←ここ大事)を購入した。

そこで、サービス提供責任者(佐藤)は、ケア手順に「ポータブルトイレ清掃」を追加して、担当しているヘルパーに伝えていたのだ。しかし・・・。

苦情を受けて、佐藤が訪問して事情を伺うと、

「Aさんが来たときだけ、ポータブルトイレが掃除されない。彼女を代えてください!!!」

とのたまう。まぁそりゃあお怒りはごもっとも。でも理由は確かめないといけない。そこで、佐藤は当該ヘルパーに同行して、一緒にケアをしてみた。

本来、この方は丁寧に仕事をする方で、この日も丁寧にケアがずんずんと進んで行った。最終的に記録を書く段階となった。うん? しかし、確かに彼女はポータブルトイレの掃除をしない・・・のだ。

そこで、そのヘルパーに、

「あの、ポータブルトイレの掃除が追加になっているはずですが、どうされましたか?」

すると、ヘルパーは

「ええ、ええ。でも、ポータブルトイレが見あたらないので娘さんが片付けたのかと・・・」

なるほど、そうか・・・。

そこで私は家具調のポータブルトイレのある場所・・・・、そこにはそのヘルパーが座って介助している。その椅子の座面を上げてバケツを取り出した。

ヘルパーは、

「ひゃ〜、それがトイレだったんですかぁ! 申し訳ありません! 私あの白いポータブルトイレだとばかり思ってましたので・・・」

とのこと。佐藤はヘルパーに、

「自分が同行して伝えなかったからいけなかった。ごめんなさいね」


と誤ったのだ。そう、これは佐藤の指導ミスが原因であった。誰もがお互いの「頭の中の住人」ではない。だからちゃんと説明しないと考えていることは必ずしも相手に伝わらない。あらかじめ知識の共有度を確認しなければいかなかったのだ。

その後、娘さんにそうなった原因を伝え、ヘルパー交代をせず、引き続き訪問させる旨を説明。すると娘さんも「原因がわかって良かった。○さんは丁寧にしてくれるのにおかしいなと思っていたんですよ、ほほほ。もちろん、引き続きよろしくお願いしますね」といってくださった。

事業所としては採るべきことは、まずは苦情にならないように最善策を講じることだ。「ヘルパーだから」「常勤だから」大丈夫などと思い込まないことであろう。

また、苦情が出たときであっても、本人に理由も告げずに、ヘルパー交代をさせないこと。なぜならば、ヘルパーは理由がわかれば、振る舞いを修正することができるが、理由を告げないと、同じことを繰り返すかも知れないし、いつまでも自分に自信が持てなくなる一因となり兼ねない。

そうなると、また、次の苦情が発生することになり、まさに苦情地獄である。

すると、他のヘルパーも「あの人は困った人」などと言い出す結果になったろ、そして本人は働きづらくなって辞めてしまうなんてことになるかもしれないのだ。この人で不足の中で辞められるのは本当にツライであろう。

そのような結果になるのは、もしや当の管理者やサービス提供責任者が困った人だからなのかも知れませんからね!

管理者や、サービス提供責任者は、ヘルパーを守ってあげないといけない。でもここで守るのは、甘やかしやごまかしでは無い。「ヘルパーは悪くないったら悪くない!」

これでは、自ら敵を作りまくり、事業所のお客さんを減らしているだけの「駄目ボス」である。


●事例提供者が大活躍(新潟会場) ●.jpg

●事例提供者が大活躍(新潟会場) ●




●質問はため込まないといけない(新潟会場)●.jpg

●質問はため込まないといけない(新潟会場)●


●お昼は人気上昇中の八彩茶屋(新潟会場)●.jpg

●お昼は人気上昇中の八彩茶屋(新潟会場)●


●メンバーの1人となる(新潟会場)●.jpg

●メンバーの1人となる(新潟会場)●


●恒例の肩もみですよ(新潟会場)●.jpg

●恒例の肩もみですよ(新潟会場)●


●皆さん断りは入れましたか?(新潟会場)●.jpg

●皆さん断りは入れましたか?(新潟会場)●


●行きつけの湊稲荷神社で狛犬さんがグルグルですよ(笑)●.jpg

●行きつけの湊稲荷神社で狛犬さんがグルグルですよ(笑)●



必要なのは「躾(しつけ)」をするということ。わが事業所のカラーに染まって頂くように躾ける(ある意味自分の「頭の中の住人」になって頂く)ことが重要だと説明した。

また、苦情や事故報告書は、本人と面談しながら作成することが、お互いの成長につながるということを説明。

参加者はいろいろな場面を思い起こして、頷いたり、顔を見合わせたりして、いろいろな気づきを得たようである。

その後、事例検討は無事に終了し、みんなで考える事例を選抜。約1時間半ぐらい頭を突き合わせて、意見交換を行い、どのグループも仕上げることができた。各グループで仕上げた作品は、事務局の勢能さんが、参加人数分をコピーしてくださり、皆さんにお返した。


●苦情や事故は波及的に進むと説明(新潟会場)●.jpg

●苦情や事故は波及的に進むと説明(新潟会場)●.


●ICFの視点で計画を作り上げた(新潟会場)●.jpg

●ICFの視点で計画を作り上げた(新潟会場)●


●縁の下の助っ人勢能さん(新潟会場)●.jpg

●縁の下の助っ人勢能さん(新潟会場)●


●佐渡島からも参加(新潟会場)●.jpg

●佐渡島からも参加(新潟会場)●


●さて新潟会場は終了。新潟市から長岡市へ移動●.jpg

●さて新潟会場は終了。新潟市から長岡市へ移動●


●こちらでお馴染みの長岡金峯神社(大吉)●.jpg

●こちらでお馴染みの長岡金峯神社(大吉)●



最後はみんなの前で発表。さらに1人ひとりに自己紹介と研修の感想を伝えて頂く。

ここでは、皆さんが作り上げた作品のほんの一部だが案内したい。こちらでは、枠組みを取り、縦に案内しますが、できあがりは写真のように横書きに書いた。

訪問介護の指定基準では、訪問介護計画の所にはこのように記されている。

第二四条 サービス提供責任者(第五条第二項に規定するサービス提供責任者をいう。以下この条及び第二十八条において同じ。)は、利用者の日常生活全般の状況及び希望を踏まえて、指定訪問介護の目標、当該目標を達成するための具体的なサービスの内容等を記載した訪問介護計画を作成しなければならない。

ここで用いている「心身機能」「活動」「参加」は生活機能を表す言葉であり、「環境」は背景因子を表す言葉であり、「心身機能」は利用者の健康状態に対する支援である。また、「活動」は利用者の日常生活動作に対する支援であり、「参加」は、他者と交流や役割の提供に対する支援である。そして、「環境」は家族や地域の方々や、家事代行に関する支援として理解して読み進めて頂きたい。

下記の援助は、老計第10号の1−2−3 全身浴と1−6 自立生活支援・重度化防止のための見守り的援助(自立支援、ADL・IADL・QOL向上の観点から安全を確保しつつ常時介助できる状態で行う見守り等)利用者と一緒に手助けや声かけ及び見守りしながら行う調理、配膳、後片付け(安全確認の声かけ、疲労の確認を含む)である。生活機能分類を意識して作成すると、サービス内容が具体的になり、利用者や家族がどのような援助を受けることが出来るかがわかると思いますがいかがだろうか?


訪問介護計画 サービス内容「入浴介助・共に行う調理」○時〜○○時まで身体2のサービス。

●心身機能
「課題(短期目標)」
体調管理に注意し、規則正しい生活を送る。

「訪問介護の目標」
健康状態を維持し、できるように支援します。

「具体的なサービス内容」
@挨拶後、ヘルパー名を告げて、感染予防のための手洗いを洗面所で行います。
A挨拶をして体調を伺い、体温を計って頂きます。体温の記録を残します。
B異常があった際はデイサービスの看護師に伝え、早期発見に努めます。

「備考」
居住スペースがデイサービスと併用しているので看護師に報告後は記録に残す。

●活動
「課題(短期目標)」
ヘルパーの援助を受け、シャワーを使い、身体を清潔にすることができる。

「訪問介護の目標」
入浴時にシャワーを使用できるように支援します。移動時は側に付き添い、転ばないように支援します。

「具体的なサービス内容」
@これからすることを説明し、同意を得ます。
A本人様がお風呂の道具を準備していますので、準備ができているかを確認します。足りないものがあるときには、助言し困ることがないように支援します。
Bシルバーカーを押し移動する際は、側に付き添い、注意を喚起し、転ばないように見守ります。
C本人様がシャワーの使い方がわからないため、使用方法を説明します。
Dご自身で洗身・洗髪は行えますが、手の届かない所は支援します。
Eできたことを共に喜び称賛します。

「備考」
一つひとつ説明をしながら入浴します。
移動時にある段差に注意を本人様に促します。

●参加
「課題(短期目標)」
掃除や調理の援助を受けながら日常生活を継続したい。

「訪問介護の目標」
@一緒にテーブル拭きや、ゴミ集めができるように支援します。
A一緒に献立を考え、調理します。

「具体的なサービス内容」
@ご本人様にゴミを集めて頂き、テーブルを拭いて頂いてる間にヘルパーは掃除機をかけさせて頂きます。
A冷蔵庫の食材を見ながら一緒に献立を考えます。食材の賞味期限を確認し、献立が決まったらできる作業を提案します。このときにもやり方については見本を示し、その都度説明を加えて行い、協力動作に感謝を伝え労をねぎらいます。常に疲労の確認をしながら無理のない範囲でできるように支援します。

「備考」
調理は、献立と手順を考え時間がかかる物を先に行います。

●環境
「課題(短期目標)」
息子の支援を受けられる。

「訪問介護の目標」
息子様の情報を交換して共有する。

「具体的なサービス内容」
@活動記録を通して、本人様のしていることなどをお知らせします。
Aご本人様の希望する品物があれば、メモなどにて息子様にお伝えします。
B生活の中で困りことがある場合には、関係機関に報告し解決ができるように支援します。

「備考」
その日の支援内容は記録のファイルにて記載します。活動記録を記入しますので、確認後印鑑を押して頂きます。


●これぞ大橋佳子氏の介護モジュールですよ(長岡会場)●.jpg

●これぞ大橋佳子氏の介護モジュールですよ(長岡会場)●


●こちらは長岡会場のハイブ長岡●.jpg

●こちらは長岡会場のハイブ長岡●


●長岡会場も盛大でした●.jpg

●長岡会場も盛大でした●


●皆さんの協力を得てデモを行う(長岡会場)●.jpg

●皆さんの協力を得てデモを行う(長岡会場)●


●JR長岡駅の主(ぬし)?・良寛さんに会いに行く●.jpg

●JR長岡駅の主(ぬし)?・良寛さんに会いに行く●


●今日は回転しない?回転寿司を頂く(長岡駅前)●.jpg

●今日は回転しない?回転寿司を頂く(長岡駅前)●


●FCが盛り上げ賑やかでした(長岡会場)●.jpg

●FCが盛り上げ賑やかでした(長岡会場)●


●長岡の締めはラーメンで!●.jpg

●長岡の締めはラーメンで!●



さてさて、以上で研修は終了。最後は、新潟県ホームヘルパー協議会より修了証が発行された。

さて、佐藤は、皆さんが、初日に会場に来たときと、今こうして修了証を受け取ったときでは、明らかに大きく成長したことを知っています。もう、新たな知識として注入された言語や考え方は、少しのことでは消えていかないでしょう。今意識できる言葉や振る舞い方をなるべく継続してくれると嬉しいです。


●ありがとう勢能さん!(長岡会場)●.jpg

●ありがとう勢能さん!(長岡会場)●



やはり、新潟に研修は写真がてんこ盛りですねwww。まぁしかたないけど。

さて、新潟県は、そろそろハンパない雪の頼りが聞こえて来そうです。皆さんの車もスタッドレスに履き替えているのでは無いでしょうか。
ヘルパーさんも冬に備えて、健康には十分に注意をしてください。

またどこかで会えることを楽しみにしています。ではまた。お元気で!
 


●越後国一の宮・弥彦神社の菊まつりを観て帰ります!●.jpg

●越後国一の宮・弥彦神社の菊まつりを観て帰ります!●



(ゴーン容疑者は「謙虚な人」と同情する声が外国であるようだ。でも謙虚かどうかではなく、犯罪をやったかやらないかが問われているのだ。好き嫌いの問題はない!To Be Continued!!)

posted by さとうはあまい at 17:52| 島根 ☁| Comment(0) | 研修会のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

奮闘記・第1069回 見聞録/長野県

●2018年● 長野県長野市


関越道から上信越自動車道をひた走るのだ!

〜戸隠神社を参拝し、鏡池にて青空を仰ぐの巻〜



さてさて、皆さまお元気でしょうか? 佐藤はドドーンと新潟県に入り、現在新潟市におります。そして本日から新潟県ホームヘルパー協議会さんの「訪問介護計画作成研修」(怒涛の後期)を行っています。

でも新潟市は、立冬を迎えるというのにコートもいらないくらい暖かいのですよ。さらに会場は、皆さんが持ち寄った訪問介護計画書の事例検討ということで、外気に負けないくらい熱いのですが・・・。研修会の模様は、後日「研修会のツボ」にて報告したいと思います。


そんで今回は新潟県に来るまでに立ち寄った名勝などの見聞録(前篇もあり?)をお伝えしましょう(笑)。

さて、佐藤は、例のごとく、「ひゃ〜参謀」を車のトランク(?)に押し込み、一路関越道を爆走した。今回は、雪国仕様(いわゆるスタッドレス)のタイヤをはいている。へへんだ。

なんせ、暖かいと言えど、天気予報は水もの。しかし、「いや〜外れましたねぇ、ハハハ」では済まないのだ。実際、新潟も初雪や初霜の便りを伝えていたのだ。

そこで、移動中の不測の事態に備えつつ、タイヤの負担を考慮し、左側車線優先で走行してきた。東京を出る時に降っていた雨も、関越道の上里パーキングエリアではすっかりあがり、徐々に雲が開けてきたのだ。

とうとう、埼玉と群馬の県境を流れる神流川を渡るころには、すっかり晴れ陽光がまぶしくなっていた。我々は進路を西に向け、「上信越自動車道」へ入る。めざすは久しぶりの戸隠神社だ。

移動ルートは、戸隠神社中社(なかしゃ)を経て、妙高高原経由で越後国一の宮居多神社を参拝したのち、新潟市へ入る予定となっている。その距離、たかだか450q余り。何か問題でも?(笑)

【戸隠神社中社】
我々を乗せた、研究所の藍色のデミオ・カナメイシ君は、上信越自動車道長野インターを降りて信州大学の前を右折し、そこから一気に山道を掛け登る。

途中対向車に、「降りて来ないで〜」と叫びつつ、難所「七曲りの坂」を何とか登り、無事に中社の駐車場に着いた。戸隠神社は、戸隠山の麓に位置し、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなっている。

戸隠神社のホームページに寄れば、その起こりは遠い神世の昔、「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、祭神は、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々様である。ここらへんのアバウトさがいい。


●戸隠神社中社に参拝●.jpg

●戸隠神社中社に参拝●



奥社には、天照大神がお隠れになった岩戸を、放り投げたとされる天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)中社には、岩戸を開くきっかけ(岩戸神楽を創案)を提案した、天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)が祀られている。これが神道でいうところの太々神楽になるわけだ。

天手力雄命は、長野県の冠着山(姨捨山)で、神代の昔に「天の岩戸」を背負って天翔けてきたが、この美しい峰にひかれ、ここで一休みして冠を着けなおしたという伝説もある。

余談だが、この神様(天手力雄命)は天岩戸事件後、須佐之男命(すさのおのみこと)を下界に「護送」する際に須佐之男命からスカウトされ、後の猿田彦命(さるたひこのみこと)になるという別伝説もあるのだ。

話を戻そう。


●御神籤は「吉」● .jpg

●御神籤は「吉」●



火之御子社には、岩戸の前で舞われた天鈿女命(あめのうずめのみこと)がお祀りされている。戸隠神社の太々神楽は、この神社に仕えていた社人によって古来より伝えられ、現在に至っているのだ。とは言え、すべての神々を参拝するためには、かなりの時間、戸隠に留まるしかないであろう。

そんで我々はその中でも中心を成している中社を参拝したのであった。奥社に行こうとしたら、信州名物・「リアル アルクマ」の目撃情報と警告があちこち貼られてたため、そちらへの参拝は断念した。

駐車場に車を置くと、そこには大阪県や兵庫県など、関西方面のナンバープレートを携えた車が多く停まっていた。早速、手水舎にて手を清める。その水は、戸隠山から湧き出るご神水であり、飲料可能とあった。我々はご神水を有り難く頂戴し、境内を歩いた。

境内には、子どもの成長を願う親子連れから、どんぐりの豊作を祈るクマの親子、登山客、外国人の姿もあった、って。ん?

佐藤は、今回の旅の無事とともに、再度こちらへ参拝に来ることができますようにとお願いをした。その後、恒例のおみくじタイムだ。

こちらは神職に寄るご祈祷みくじである。それは、神職に数え年(たいがいプラス1)を告げると、神職が社務所内に引きこもり、祭壇前らしきところにて、ムニャムニャムニャムニャムニャムニャ〜、祝詞祈念の後、PAN!PAN!PAN!と拍手を打ち、おみくじを引いて来て下さるのだ。

この「戸隠神社御神籤文」は、封筒におみくじが入っている。中には、その御神籤文が二つ折りにされ入っており、おみくじはお持ち帰りの上、日常の指標にしてくださいとあり。

開くと、御神籤番号と共に、天八意思兼命兆(あめのやごころおもいかねのみことのうらかたなり)と有り、結果は「吉」であった。

「是は万事思慮ふかく、人に用ひらるる幸い有るうらかたなり。されど、人の為に常々つかはるることありて見に苦労あるべし、随分こころをこめて、事を成す時には、必ず成就すべし、遠くおもひはかりて幸福を求むべし。」とあった。

佐藤にとっては、その通り!と腑に落ちるおみくじであった。お隣りの「ひゃ〜参謀」の結果は「平」らしいが、なんだかね。「ひゃ〜参謀」には、黄金の運気向上守を、自分ようには「芸能上達守」(赤)を所望したのだ。
その後、鏡池をズルズルとめざした。

【戸隠鏡池】
中社より、奥社に向かう道すがら、数分で、左側に「鏡池2q」の標識があった。佐藤は、標識に従い、左折し、山道を降りる。そこには紅葉を散策する人々姿が有った。ちなみに紅葉の時期の土日はマイカー規制がひかれ、車では入れないらしい。

ここは、映画「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」でも撮影に使われた。我々は平日だったので無事に鏡池の駐車場に車を置くことができた。

駐車場から鏡池に向かう道すがら「クマ出没注意」の札がかかっていた。そして鏡池の案内板の横にも、でかでかとクマ(リアル アルクマ)出没注意の立て看板が有った。

クマ出没というよりも、彼らの「生息場所」に、我々が出没しているのだ。であれば、そこは、ほら、くまさんには、登場して頂かないように願うしかないのだよ。我々は、鏡池の前の草原にたたずむ。ただ、佐藤は先ほどから、この草原(くさはら)に寝ころびたい衝動に駆られていた。


●リアル・アルクマ情報が・・・●.jpg

●リアル・アルクマ情報が・・・●



●死んだふり(?)●.jpg

●死んだふり(?)●



なぜだかわからないが、とにかく地球が呼んでいるのだから仕方がない。佐藤は、ひゃ〜参謀に「寝ころびたい」と打ち明けるとともに、草原に勝手にあおむけに寝ころんだ。


「クマに寝たふりは通用しませんよ」



とあきれる「ひゃ〜参謀」を横目に、大地に手をひろげる佐藤。「う〜ん」この大地のみなぎる力、青く澄んだ空、戸隠の山々なんて心地良いのだろうか。


●鏡池に写る戸隠の山々●.jpg

●鏡池に写る戸隠の山々●



その後、池のそばにたたずむと、確かに池に山が映り込んでいた。「ひゃ〜参謀」に写真を撮ってもらい、その場から離れると、なんと池の表面に風が吹き小波がたち、先ほどまで凪いで映っていた山の姿が消えてしまったのだ。

その一瞬の出来事は、神々のなせる技としか思えなかった。その後、鏡池を一望できる、カフェレストランどんぐりハウスにて食事となった。ここで摂れるガレットとは、フランス・ブルターニュ地方の伝統料理である。我々はメニューの中から、ハムとチーズとタマゴとサラダのガレットを選択。佐藤は紅茶と共に頂いた。

ガレット(仏galette)とは、円形のお菓子を意味するフランス北西部の郷土料理である。こちらのガレットは、そば粉100%の生地でできており、注文を受けてから1枚ずつ手焼きしているのだ。

真白い四角いお皿に、蕎麦色の生地と、レタスをふんだんに盛り付けたサラダが添えられている。中を覗けば、中央に目玉焼きが顔(笑)を出しているのだ。もちろん「ひゃ〜参謀」の分はまだ来ない。手焼きだからねぇ〜。


●カフェレストラン・鏡池どんぐりハウス●.jpg

●カフェレストラン・鏡池どんぐりハウス●




佐藤は、お先に頂くことに・・・。ナイフとフォークを使って、端の方を切り取り頬張る。鼻に抜ける蕎麦の香りと共に、カリカリとした食感ののち、モチモチさが口の中に広がって行く。“美味しい”。

やがて、 「ひゃ〜参謀」にもアツアツのガレットが運ばれて来た。チーズとハムとガレットの食感がたまらない。時々、レタスのパリパリ感を楽しむ。

見た目は、「これじゃ夜まで腹にたまらんな」と思うシロモノなのだが、いえいえ、これが意外にボリュームがある(笑)。ちなみに、お店でクマの出没状況を伺ったところ、最近はほとんどないとのこと。まぁ、しかし、それはアルクマさんのご都合しだいですからねぇ。

さてさて、お腹が膨れたところで、上越市めざすことに。上越自動車道に入る手前には、道の駅・しなのがある。ここは、研究所の仲間ナウマン君の生まれ(?)故郷(笑)。道の駅の真ん前には黒姫山があり、隣りには妙高山が聳えている。

そこの自動販売機には、このような案内が書かれていた。いやぁ〜、このような案内は旅をわくわくさせる力がありますねぇ。まだまだ旅は続きます!


●黒姫山をバックに(道の駅・しなの)●.jpg

●黒姫山をバックに(道の駅・しなの)●



●道の駅・しなのにて・・・・●JPG.jpg

●道の駅・しなのにて・・・・●



●新潟へ向かうのだ!●.jpg

●新潟へ向かうのだ!●



●新潟に到着し、朱鷺メッセにて、弥彦山と角田山を眺める●.jpg

●新潟市に到着し、朱鷺メッセにて、弥彦山と角田山を眺める●



■カフェレストラン 鏡池どんぐりハウスのデータ
長野県長野市戸隠2039-10
050-5595-5779 予約は不可
今シーズンは、11月23日頃~冬期休館。再OPENは4月下旬の予定毎月第3水曜日 
※5月、8月、10月は無休 (季節により時間変更 する場合あり)。詳しくはお出かけ前にネットなどでご確認ください。



(某区で「企業主導型保育所」で、保育士らの「一斉退職」が起こっていた。取材に対しトップは「給与の遅配はないが・・・」云々。でも辞めた側に取材すると「未払いあり」。これじゃ信用できんわな!To Be Continued!!)

posted by さとうはあまい at 15:53| 島根 ☀| Comment(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

奮闘記・第1068回 研修会のツボ/新潟県

●2018年● 新潟県長岡市&新潟市


新潟県ホームヘルパー協議会

《訪問介護計画作成研修(怒涛の前期研修)》



皆さま、お元気でしょうか。暖かい(?)新潟から帰って参りました。でもなんか物足りない。さてなんだろう? 
こう、なんというか・・・。あれよあれ!なにかが足りない。ドカっと・・・こう、いや止めておきましょう。
どうも言霊はこわい。来週早々にも・・・。うーん!


それはともかく、この研修は、新潟県からの委託事業として新潟県ホームヘルパー協議会さんが開催している研修である。

この研修の目的は『新潟県訪問介護資質向上推進事業は、介護保険制度における在宅サービスの中心になる訪問介護サービスの資質向上のため、現に訪問介護保険業務を行っているものを対象に、高齢者の多様化するニーズに対応した介護の提供のために必要な知識技術的に関する研修を行うものである。』としている。

佐藤がこの研修に携わらせて頂いて、はや10年余りが経過している。有り難いことである。当初、この研修は4日間の連続研修で新潟会場のみ。

その後、研修会場を長岡会場新潟会場の2箇所で開催することになった。もちろん、会場には、新潟県ホームヘルパー協議会の会員皆様をはじめ、会員で無い方も参加していた。

とは言え、年々4日間連続しての研修参加が難しくなっているとの意向を受け、今年は、前半2日後半2日間で行うことになった。もちろん、佐藤は、長岡駅から新潟駅を移動して計4日間(前・後泊を含め、6日間)連続して滞在することに変わりはない。ハハハ。


●JR長岡駅の良寛さんに再会!●.jpg

●JR長岡駅の良寛さんに再会!●


●長岡花火の花火玉、街中にいろいろなものがある(JR長岡駅にて)●.jpg

●長岡花火の花火玉、街中にいろいろなものがある(JR長岡駅にて)●



今回は前期研修の報告である。会場には、ホームヘルパー協議会の事務局を一手に引き受けている勢能さんが出迎えてくれた。どこの団体も、この事務局の力がないと研修は開催できないのだ。事務局は大切にしないとねぇ!

この研修では、参加者の方から1事例を提出して頂いている。勢能さんはその事例を取りまとめて佐藤に送ってくれ、佐藤は送られてきた事例を一つひとつ丁寧に読み込み、赤字で添削を行い、シュルシュルと当日持参した。

いや〜、事例といえど、皆さんが張り切って仕事をしていることが伝わって来る。佐藤にとってはかけがえのない、有意義な時間であった。

余談だが、せっかくの有意義な時間のあと、東京に帰って来ると、まぁ変なのに、某書類の文章を変なふうに書き替えられることがあって、晴れていた気分が塞いでしまった(笑)。そういうときこそ、「そうだ。新潟に行こう!」である。


●佐藤と応援する仲間たち●.jpg

●佐藤と応援する仲間たち●



さて、前期の研修は長岡会場新潟会場の順番で行われた。

◆前期研修で行ったこと

【第1日目】
(1)介護保険制度とサービス提供責任者の業務の理解
(2)訪問介護サービスの内容に関する管理及び指導業務(演習)
(3)訪問介護サービス内容(生活機能分類と訪問介護)

【第2日目】
(1)訪問介護計画の作成と展開(老計第10号について)
(2)緊急時対応と及びリスクマネジメント
(3)訪問介護サービス内容に関する管理及び指導業務(講義)


●長岡会場の研修風景●.jpg

●長岡会場の研修風景●



【第1日目】

1.介護保険制度とサービス提供責任者の業務の理解
訪問介護員であるならば「介護保険制度」について正しい知識を蓄えていて欲しい。そこで、はじめに、介護保険制度の歴史と、利用者さんが介護保険制度を利用するまでの仕組みを説明した。

@介護保険制度を利用するまでの道のり
ステップ 1
利用者が介護保険制度は申請制度により、利用する人々が、市区町村(保険者)に申請(利用を希望することを表明する)ことからスタートする。

申請を受け付けた保険者は、パンフレットなどを用いて、利用希望者に介護保険制度の仕組みを説明する(はず)。その上で、要介護認定を受ける必要があることを説明し、要介護認定申請書の提出を支援する。

ステップ 2
利用希望者は要介護認定の申請を行い、認定調査員による調査を受けた後、やがて(おおむね1か月)判定結果が届くのである。その要介護認定の結果は、新たな介護保険証と共に利用者に交付されるのだ。

その通知には、居宅介護支援事業所一覧(見たってわからんだろうに)が同封されており、介護保険制度を利用するためには、居宅サービス計画を作成する必要があること、その計画は居宅介護支援事業所の介護支援専門員が作成するので、自分で居宅介護支援事業所を選択するよう云々などと書かれているのだ。

ステップ 3
要介護認定が降りたのちには、居宅サービス計画を作成しないと介護保険はまぁ、利用できない。そのため、利用者は、居宅介護支援事業所に介護保険を利用したいということを相談する。現在は地域包括支援センターへの相談が多いようだが・・・。

相談を受けた居宅介護支援事業所は、介護保険の利用方法について説明し、介護保険制度を利用する意向の有無を確認する。

次に、介護支援専門員の役割について説明する。そして、利用者が居宅介護支援事業所を選択できるように支援するのだ(自社を選んで来たとしても、この時点で他の事業所も選択できることを説明しないといかんですよ)。

その上で、利用者の意向を受け、当該事業所の重要事項などを説明し、利用料金等について説明するのだ。

今は、居宅介護支援事業所の利用料金は、全額保険給付されているが、やがては利用料金が発生するような議論がなされているからね。お上は下々が困ることならなんでも導入するくらい考えておかないといけない。

本音はさておき、いくらかかるかをしっかり伝えないとね。もちろん、居宅サービス計画は自分でも作成できるということも説明しないと。

「ここまで」が利用者の介護保険制度を利用する際のいわゆる「入り口」の部分にあたる。

A介護支援専門員の役割
さて、新潟県が北陸地方ではなく、中部地方であるのと同じくらい、知っているようで、正しく理解されていないのが、介護支援専門員の役割ではないだろうか。でも岐、・・・やめておこう。

介護支援専門員は、利用者に居宅サービス計画を作成する。そして利用者とサービス事業所を結び付け、給付を管理するのが役割である。そこで介護支援専門員は、利用者等が市区町村へ「居宅サービス計画作成依頼書」を提出するように支援するのだ。

もちろん、市区町村への提出は利用者等の依頼を受けた介護支援専門員が代行できることを説明するのである。

市区町村へ「居宅サービス計画作成依頼書」が提出されると、担当する「居宅介護支事業所の名称」が記載された介護保険証が利用者宅に届くのである。結果、その居宅介護支援事業所が該当する利用者の給付管理ができるというか、まぁ「全振り」に近いのだが。

B居宅サービス計画作成の手順
契約が締結したら、介護支援専門員は利用者の家を訪問して、居宅サービス計画の作成方法について説明する。

介護支援専門員は、フェイスシートやアセスメントシートなどを用いて、国が定めた課題分析標準項目に沿って、利用者の現在の状態を把握する。

その上で、利用者及び、家族それぞれの困りごとを明確にしていく。そして、その困りごとをどうしたいのか? どうなりたいのか?の意向や要望を把握する。さらに、支援の専門職としての意見を伝え、それらをすり合わせて、生活全般の解決すべき課題を導き出すのである。

実は、この課題を導き出す方法が、介護支援専門員によって様々なのである(またはデ●ラメとも)。

なぜならば、国はインプット(課題分析標準項目)の内容は統一したが、アウトプット(課題を導き出す視点)を統一しなかったのである。わが国は全く・・・。

ここで、佐藤は、平成14年に「かなりわかりにくい」が、一応日本語訳にはなっている「生活機能分類」について説明した。まぁ聞く耳はともかく、この訳がもっとわかりやすかったら、もう少し普及していたかも知れない。

さて、平成27年度の介護報酬改定において、居宅サービス事業所が果たす役割として「心身機能の維持向上」「活動の維持向上」「参加の促進」生活援助(家事代行)介護負担の軽減が示されたことについても説明した。

であるならば、「生活全般の解決すべき課題」 「心身機能の課題」「活動の課題」「参加の課題」「環境(家事代行・家族・地域)などの課題」と分類することで、アウトプットが統一できるのではないか?と説明した。

さてさて、こうして「生活全般の解決すべき課題」を明確にしたのちには、「長期目標」を設定し、長期目標を達成するために「細分化された短期目標」を設定するのだ。

そして、その短期目標を達成するために「必要なサービス内容」を導き出す。その上で、そのサービス内容を担当するにふさわしい「サービス種別」を選出するのである。

介護支援専門員は、この時点で利用者に「サービス事業者一覧」などを示し、利用者がサービス事業者を選択できるように支援することを説明した。

いや〜、利用者がサービスを利用するまでは、このように本当に長い道のりがあるんですよ。お上は、よほど「使わせたくないんじゃないか?」と思ったほど。

でも、「持続可能な介護保険制度について、(少しでも)念頭にありましたか?」と聞いてみたくなるほど、ジャブジャブと介護保険を使わせたんだから、「使わせたくない」わけではなかったのだろう、ただ、医療保険の二の舞になっただけで・・・。

さてさて、利用者がサービス事業者を選択したら、介護支援専門員はその事業者にサービス提供が可能か否かの問い合わせを行う。

訪問介護事業所では、サービス提供責任者(サ責)が受託可能かどうか、「サービスの申し込みにおける調整」を行い、受託の可否を担当の介護支援専門員へ伝える。そして、受託可能な場合には「居宅サービス計画(原案)」を提示して頂くのである。

Cサービス提供責任者の役割
C−@サービス内容の説明及び選択に資する援助
さてさて、ここからがサービス提供責任者の業務と責務の説明である。
ここからは「居宅サービス等の事業の人員設備及び運営に関する基準」を用いて説明した。

本来であれば、管理者がサ責をはじめ、訪問介護員へ説明する責務があるのだが、なかなか浸透していない。まぁ無駄かも知れないが管理者の責務を全うして頂きたいと切に願う次第である。

居宅サービス計画(原案)を受け取ったのちは、利用者に事前訪問を行うための連絡を取る。そしてサ責として事前訪問を行い、利用者の選択に資する援助を行うのである。

サ責は、事前訪問にて重要事項説明書などを用いて、訪問介護の人員やサービス内容及び費用について説明を行い、利用者の選択に資する援助を行う。その上で、利用者からの選択(契約)を受けて、訪問介護計画の作成方法を説明するというわけである。

C−A訪問介護計画の作成の手順を説明する
サ責は、居宅サービス計画内で、提供された「サービス内容」に沿って「利用者のしていることやできることできないこと」を利用者と共に明らかにする(アセスメント)

そして、ヘルパーが行う「具体的なサービス内容(援助方法)」を明確にする。その上で事業所へ戻り、訪問介護計画を作成するのだ。

Dサービス担当者会議へ参加する
そして、居宅介護支援専門員が開催するサービス担当者会議に参加し、他のサービス事業者と情報を共有した上で、居宅サービス計画の承認が行われる。

サ責が、サービス担当者会議へ参加するのは責務のひとつである。ただし、サ責がサービス担当者会議へ参加しても、そのための介護報酬なぞはついていない。だから、会議は速やかに進め、スルスルと迅速に終了して頂きたい。

そのためには、事前準備が必要となる。

そこで2回目以降は、モニタリング後、担当ヘルパーとケアカンファレンスも行い、短期目標の達成の度合いをなんとか把握し、居宅サービス計画が更新されるように支援する必要がある。

そこで、モニタリング時には、利用者の「心身機能」「活動」「参加」「環境」について情報をまとめて参加するように心がけることを伝えた。

なんせ、生活機能を意識しないと、医療関係者に忖度し過ぎなのか?サービス担当者会議の検討する項目が、利用者の健康状態の推移に始終しかねないのだ。

Eサービスが開始される
サービス提供は、サ責がヘルパーにオリエンテーションをはじめることからスタートである。もちろん、サ責は初回訪問を行い、ケア手順などを明確にしておく必要はあるのだが・・・。

ヘルパーに対する利用者情報伝達の手立てには、「居宅サービス計画」「利用者の基本情報」「訪問介護計画」「ケア手順」である。

サ責が、ヘルパーと同行訪問を行い、利用者にヘルパーを紹介する。そして、サービスの提供方法を実践しながらヘルパーに注意事項などを伝達するのだ。ここまでできて、いわゆるOJT(実践研修)となる(これは研修であるからにして、ヘルパーには研修報告を書いて頂くことになる)。

Fその後定期的にモニタリングを行い利用者の状態の変化を把握して介護支援専門員へ報告をする
そして、利用者の状態の変化に応じて、居宅サービス計画が更新されるように支援する。その後、居宅サービス計画の更新ごとに、訪問介護サービス計画も更新されていくのだ。

この時点で、参加者は、介護支援専門員の役割やサービス提供責任者の役割を知って、介護保険を利用することがいかに時間を要することなのかを理解されたようである。

2.指導業務(演習)
ここでは対人援助をする人々に対して、「自己理解」を深めて頂いた。手法はもちろん交流分析である。皆さんは自分と向き合い、自分のパーソナリティや、他者と関わる傾向を数値やグラフで知り、一人ひとりが「なにか」に気づかれたようであった

3.訪問介護サービス内容(生活機能分類)とは何か
ここでは、再度生活機能分類について説明を行った。

心身機能の課題とは、健康状態についての課題であること。活動の課題とは、ADL日常生活動作。IADL手段的日常制活動作の課題であること。参加の課題とは、利用者の役割・他者との交流・趣味活動に関する課題であること。

そして、介護保険制度を利用している人々は、IADL(手段的日常制活動作)が必ずしも一人できるとは限らない。そこで、利用者に可能な範囲を手伝って頂きながら、一緒に掃除や洗濯や調理をするのであれば、それは利用者に役割を提供していることとなる。そこで、一緒に行う支援(役割の提供)は参加となるのだ。

環境の課題とは、家族や地域、及び家事代行に関する課題である。そもそも、家事代行(生活援助)は家族が担う部分である。

それが、一人暮らしや家族が病気などで家事ができない場合に、訪問介護の生活援助が提供されるのである。さすれば家事代行は環境整備の課題となるであろう。

また、介護には家族の力が不可欠であるし、利用者は地域の中の一員であるならば、地域とのかかわりも課題となる。

生活機能分類は、馴染みのうすい言葉でもあり、最初は抵抗があるかも知れないが、この程度に納めておけば、常日頃皆さんが支援している内容となるので、比較的理解しやすいのではないだろうか。


【第2日目】

1.訪問介護計画の作成と展開(老計第10号について)
ここでは、老計第10号について今年の介護報酬改定で見直された内容と、テキスト(拙著『よくわかり、すぐ使える 新訪問介護計画のつくりかた』(日本医療企画・刊)を併用して解説した。

そもそも「老計第10号」とは、平成12年3月17日付で、厚生省老人保健福祉局老人福祉計画課長から、各都道府県の各都道府県介護保険主管部(局)長宛に通知された訪問介護のサービス行為ごとの区分等である。

これが、現役の訪問介護員である皆さんも知らないということに、佐藤は驚いてしまった(だいたい知ってたけど)。介護支援専門員が知らないのは有名(これで介護保険の番人とは!)であるが、現役の皆さんまでが知らないとは・・・。

ここでも管理者にはしっかり説明して頂きたいのだが、まぁ管理者も知らなかったりする方が多いから、なんともなんとも・・・。

実は、このstrong>老計第10号が、<今回の介護報酬改定で、なんと設定以来、はじめて見直しが成されたのである。いや、長年「無かったこと」とされ、忘れ去られていたものが、突然発見されて、世界遺産になったようなものである。当然無視していた人々は驚愕(おおげさ?)しただろう。

つまり、平成30 年度介護報酬改定においては、訪問介護について、身体介護に重点を置いて報酬を引き上げるとともに、生活機能向上連携加算の見直し、「自立生活支援のための見守り的援助」の明確化。訪問回数の多い利用者への対応を行うことにより、自立支援・重度化防止に資する訪問介護を推進・評価することとしたのだ。

ここでは、佐藤が作成した「須藤さん事例」をもとに、生活機能を意識して作成した居宅サービス計画と訪問介護計画を説明した。その上で、佐藤が添削した皆さんの事例をこの段階で皆様にお戻した。すると、皆さんは、佐藤からのメッセージを、それはそれは、真剣に読まれていた(笑)。

次に佐藤が作成した「須藤さん事例」の訪問介護計画書を参考に、皆さん一人ひとりが持参した事例をもとに訪問介護計画書を「生活機能分類」を意識した計画に作成仕直して頂いた。

といいつつも、演習時間が短かったこともあり、結局宿題となってしまったのだが。参加者の皆さ〜ん! 日々のお仕事も大変だとは思いますが、ぜひ宿題を仕上げて後半に持参願いしますよ!!

午後からは、2つの項目をKJ法を用いて、わいわいがやがやと取り組んで頂いた。

2.緊急時対応と及びリスクマネジメント
リスクとは、文字通り「危険」なことを指す。訪問介護ならば、いわゆる介護事故であろう。まぁ、恐ろしいのは、介護職のヒヤリ・ハットは、たいがいがすでに「アウト」なのだが・・・。

そこで、訪問介護事業所では、リスク(介護事故)を回避するために「ヒヤリ・ハット」を残しヘルパー同士が共有できるようにしている。は、ヒヤリ・ハットの段階でヒヤリを未然に防ぐということをしていないからと考えられる。

そこで、ここではヒヤリ・ハットからそのヒヤリを未然に防ぐ手立てを考えて頂いた。そもそも、ヒヤリ・ハットは、「転倒したが怪我が無かった」などというものでは無い。怪我が無くても、側に付いていて、転倒したらそれはすでにアウト! そうもう事故なのである。

そこで、「ヘルパーならでは」のヒヤリ・ハットが続々と出てきた。例えば「ネズミの糞を見つけてヒヤリとした」「スズメバチが巣を作っていてヒヤリとした」など。

あるいは、「洗う前のお茶碗にヒビが入っていてヒヤリとした」とか。まぁ、出るわ出るわ。
一人の意見にみんなが重ねて、みるみる模造紙は、付箋でいっぱいになっていった。

佐藤は、付箋が出そろったところで次の作業を伝えた。

@皆さんが出した内容で似たような仲間を集めてひとまとまりとする。
Aそのヒヤリを眺めて、放置したら、考えられる「介護事故」を書き出す。
Bそのヒヤリや事故を未然に防ぐ手立てを考えて、介護事故の下に書く。

この作業をはじめると、皆さんジーッとはしていられなくなり、ついつい立ち上がる。この常日頃では体験できないところがいいよねぇ。

皆さんが作成した模造紙はホワイトボードに掲示して、それぞれにスマホ等のカメラで写して、各自お持ち帰りをして頂いた。


●「ヒヤリ」を書き出す●.jpg

●「ヒヤリ」を書き出す●


●想定される事故と対応策●.jpg

●想定される事故と対応策●


●「ヒヤリ」が勢揃い●.jpg

●「ヒヤリ」が勢揃い●


●長岡会場の紅葉●.jpg

●長岡会場の紅葉●


●ヒヤリハットを共有●.jpg

●ヒヤリハットを共有●


●研修計画を作成し発表した●.jpg

●研修計画を作成し発表した●


●JR長岡駅でレルヒさんがお見送り!ん?●.jpg

●JR長岡駅でレルヒさんがお見送り!ん?●




3.訪問介護サービス内容に関する管理及び指導業務(講義・演習)
しかし、「ヒヤリ・ハット」を共有しても、事故を完全に防ぐことは難しい。しかし、減らすことはできるはずだが、できていない。その原因

さーて、2日目最後は、指導業務(スーパービジョン)について簡単に講義を行った。そして、皆さんは対人援助の専門職なので、一人ひとりがある時はスーパーバイジーであったり、またある時はスーパーバイサーになり得ることを説明した。

次に、各グループで研修計画を作成した。ここでも模造紙と付箋が大活躍。模造紙を12等分にして、いざ研修計画作成研修のスタートである。

付箋に書き出すこと
@ヘルパーが行くことで利用者が助かっていること。
A訪問介護員同士、お互いの支援に対して困っていること。

その次は、付箋を眺めて同じような内容に分類する。この時に12個にまとめるように指示を出した。そして、12等分した枠内に付箋を収めるように伝えた。

まず、模造紙に線を引き、12か月を入れ込み、付箋を眺めて、研修名を書くのだが、ありきたりの研修名では、ヘルパーさんの参加が見込めない。

そこで、ヘルパーさんが参加したくなるような「キャッチ・コピー」を考えるのだ。皆さんは、すでに先ほどのヒヤリ・ハット(のブレインストーミング)で頭を使い切っているようだ。

そのせいか、なかなか付箋が増えていかない。もしかして飽きてしまったのか?(笑) なんせ、フリーチャイルド(FC)は、まぁ瞬発力はあるが継続がなかなかできないからねぇ・・・。自己理解!自己理解!自己理解!

それでも「ブタさんタイマー」が時を刻むに連れ、模造紙は付箋でいっぱいになっていった。終了30分前には、見事に研修計画を作成できたのだ。


●さて、こちらは新潟会場●.jpg

●さて、こちらは新潟会場●


●自分の事例で計画を作成する●.jpg

●自分の事例で計画を作成する●


●夢中になると立ち上がるらしい●.jpg

●夢中になると立ち上がるらしい●


●メンバ−4人でも頑張れる●.jpg

●メンバ−4人でも頑張れる●


●新潟会場のヒヤリハット●.jpg

●新潟会場のヒヤリハット●



佐藤は、ラスト30分を使って、皆さんにグループ発表をして頂いた。最初は会場の参加者に向けて、自分がどこから来たのか自己紹介を行う。その後、研修計画を発表するというわけだ。

ラストにマイクを持った人が、「ええ、まさか自分が発表者なのお?」という感じで他のメンバ−から押し出されて発表をするのだが・・・。どの方も、堂々としており、上手に発表されたのが印象深かった。これにて研修の前半戦が終了である。


●みんなで発表ドキドキ●.jpg

●みんなで発表ドキドキ●


●男性が大活躍!●.jpg

●男性が大活躍!●




皆さま、次回は11月6日からスタートです。今度は新潟会場から始まります。新潟の方々、宿題をやる期間が短いですが、どうぞ張り切ってくださいね。長岡の皆さま、宿題をする時間が新潟の方より少し長いです。どうぞ、頑張って仕上げてくださいませ!

佐藤は皆様との再会を楽しみにしています。ではでは!



(どこかの某国がまた暴走している。うるさいから一刻も早くビザを復活して、互いに入国制限の上、入国審査の厳格化がいい。そうすればお互い会わなくて済むし、互いに嫌な音楽も聞かなくて済むからな!To Be Continued!!)
posted by さとうはあまい at 13:07| 島根 ☀| Comment(0) | 研修会のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

奮闘記・第1067回 研修会のツボ/東京都

●2018年● 東京都葛飾区


葛飾区高齢者総合相談センター

ケアマネジメント支援研修
〜 課題分析標準項目の書き方研修 〜



皆さまお久しぶりですね。気づけば、10月も20日が過ぎてしまいました。こういうのが歳をとる秘訣なんだよなwww。

佐藤はこのところの気温の変化ですっかり風邪をひいてしまったようですね。鼻声となり、しかも耳の聞こえも悪くなり(前から?)、マイクを通して聞こえてくる自分の声が聞きにくく難儀しております。

そのような中で、葛飾区で活躍している介護支援専門員の方々と関わって来ましたので早速ご報告しましょう。


【課題分析標準項目の書き方研修】
「あの、白い空欄には、いったい何を書けばいいのか?」
〜 書くことがわかれば、質問の方法もわかるというもの 〜


今回のお題は標記の通り、「課題分析標準項目」の、あの白い空間には何を書けば良いのかという研修です。

いつもどおり、亀有香取神社で必勝祈願した。ん? 境内にはおしゃれなカフェが出来ていた。ケーキがおいしいお店ですぞ。


●今日も亀有香取神社に立ち寄り●.jpg

●今日も亀有香取神社に立ち寄り●


●境内には、なんとカフェが!●.jpg

●境内には、なんとカフェが!●




それはさておき、佐藤はむかし、某県で介護支援専門員の実務研修を長らく担当していた。

某県の実務研修では、参加者は前期終了後に実習を行い、課題を作成する。その課題を決められた期日までに仕上げて、事務局へ提出することになっていた。

事務局では、提出された課題をまとめて佐藤の所に郵送し、佐藤は送られてきた課題を全件チェックして添削をしていたのだ。まぁ、良くも悪くも、参加者の作成した課題を全件チェックする講師など皆無に等しいであろう(笑)。

実はこの全件チェック、自分の講義が参加者にどのくらいわかりやすく伝わったのか? それを把握できるツールにもなっていたのだ。

そして、全件チェックをしていると、介護支援専門員の試験に合格したからといって、この課題分析標準項目がすらすら書ける物ではないということがわかった。まぁケアマネ業務もそうなのだが。

なぜあの試験ができるとケアマネ業務ができると思うのか? 国の考えもよくわからないのだが(笑)。

それはそれ。もちろん、記入方法はテキストに沿って伝えた。でも、いくら書く内容が理解できたとしても、その材料を入手しなければ書くことはできない。

その入手方法が、利用者及び家族とのコミュニケーション(相談援助や対人援助)なのだ。


●スタート前に現状把握する●.jpg

●スタート前に現状把握する●



●自分が持参した帳票を確認して頂く●.jpg

●自分が持参した帳票を確認して頂く●



■研修で行ったこと
(1)課題分析とはどうすることなのか。
(2)各項目を収集する視点について。
(3)資料を用いて書く内容を説明。
(4)参加者同士で情報共有。



研修時間は2時間。参加者は40名とのこと。主催した方々はこんなに参加することは珍しいと話されていた(昨年も全3回シリーズで研修をしたこともあり、皆さんが参加しやすかったのではとのこと)。佐藤は簡単に自己紹介の後、その後、一気に話に入った(笑)。


1.課題分析とはどうすることなのか
課題分析=真のニーズを見つけ出すということ。その手法は下記のような状態となる。重要な点は、@〜Cは重なり合っていることにある。

 @ 利用者の現状を把握する。
   A 現状においての困りごとを把握する(改善・維持・悪化の判断材料)。
     B 困りごとをどうしたいか・どうなりたいかを把握する(目標の把握)。
       C 介護支援専門員等の意見を記入する(必要な手立てを提案する)。


そこで、介護支援専門員が利用者の現在の状態を把握する時に、それぞれが偏った情報収集をしないように、国が情報収集する項目として定めた物がこの「課題分析標準項目」なのだ。


●説明に耳を傾ける参加者●.jpg

●説明に耳を傾ける参加者●



2.各項目を収集する視点について
この課題分析標準項目は、「基本情報に関する項目」と「課題分析(アセスメント)に関する項目」とに分かれている。

まずは、基本情報に関する項目や、アセスメントにに関する項目は、どのような内容なのかをしっかりと把握しておく必要がある。そして、これからする事を利用者やご家族に、この課題分析標準項目が記載された帳票をみせて、これらの情報を伺うことを、丁寧に説明する必要がある。

断りもなくいきなり紙を出して、メモられるほど不愉快なこともない。もちろん、利用者や家族は、ここまで来る過程で、そのような失礼な取り扱いにはうんざりするほど突き合って来ている。

介護支援専門員が、帳票をみせてこのような情報を入手したいと、丁寧に依頼すれば、利用者や家族も協力してくれるだろう。なんせ、ことを早く終わらせたいのはお互いさまなのだ。

すでに住所や氏名などは、ここまでに来る段階で入手しているであろう(なきゃこれないし、それ以前の問題だが)。それらの情報は前もって転記しておくと良いであろう。もちろん、書類を開いた段階で「これは○×包括支援センターの○○さんより伺いましたが・・・」などと説明しても良いのだが。

その後は自分が知りたい情報から入手する。この時に、落としどころ(生活全体の解決すべき課題)を見極めている必要がある。そう、この落としどころこそ、自立支援の視点と生活機能分類の視点なのである。

自立支援の視点は、本人のしていることやできることを奪わないということ。

もちろん、本人や家族は「できないこと」を中心に訴えて来る。時には怒涛のように訴えてくる。なんせ、困っているのだ。

そのできないことに振り回されず、その中でも「していること」「できること」を把握すること。その上で困りごとを具体的に聞き出し、「それをどうしたいと思うか」を把握するということである。
合わせて、家族のしていることやできることも奪わないことが重要。支援をしていると、介護者(妻や夫、娘や息子)などが、それはそれは丁寧な介護をしている場合がある。そのような方は、「介護が大変だ」という方と、「自分が介護をしたいから大丈夫」という方などとそれはそれは様々なのだ。

もちろん、家族は、介護支援専門員に介護の大変さを訴える。でも、それは代わりの物品がただ欲しくて訴えているというわけでは無い(中には物品やヘルプ自体を求める方もいる)。その多くの方は、「自分のがんばりを認めて欲しい、聞いて欲しい」と思っている。

介護支援専門員は、人さまの話を伺うこと(聞くこと)も商売のうちである。

聞くということは、すなわち、傾聴・共感・受容・感情の表出を支援するということ。間違っても、初回面接時に「そんなに大変ならばショートステイを利用したらいかがでしょうか?」なんて、いきなり御用聞きに変貌してはいけない。なんでも順序よいうものがある。


◆生活機能分類の視点とは
心身機能の課題・活動の課題・参加の課題・環境の課題を意識するということ。介護支援専門員の多くは、サービスを入れ込む視点はお持っているのだが、課題を振り分ける視点となると難しいようだ(笑)。

もちろん、研修でも、「関係性がある物はまとめましょう」とは言うには言うのだが。介護支援専門員の主観も入りまくるから、課題が多かったり少なかったりしてしまう。だったら、生活機能分類の4つの視点を持つことで、情報も得やすくなるというもの。

特に着目して欲しいのが「ADL」と「IADL」だ。

「ADL」は、主に基本的日常生活動作BADL、つまりBasic ADL)。「IADL」は、手段的日常生活動作である。

基本的日常生活動作は、生活機能分類では「活動」に分類される。手段的日常制活動作は、別名家事活動ともいわれ同じく「活動」に分類されている。

ここで、介護保険制度を利用している方々は、この家事活動に不自由さが出てくるのだ。ただ、ただ、自分の思いどうりにいかない、まどろっこしさや不自由さからは他者のやることに対して「不満」が出やすくなる。

そこで、ヘルパーさん達などに「こうして欲しい」「ああやって」「違うわよ! こうして欲しいの!!」などと要望を伝えてくることになる。

そこで「賢い方」は、その要望を出すということを利用者の役割として設定するのだ。役割は、生活機能分類ではいわゆる「参加」に分類される。

当然、利用者は自分の要望を伝えるときには、ヘルパーさんの側に付いてくる。そうなると、ヘルパーは一つひとつ確認したり、時には「どうやるのですか?」と伺ってお手本を示して頂いたりする。

このような支援は、「老計第10号(訪問介護のサービスごとの区分等)」の1−6自立支援のための見守り的援助となり、報酬区分は「身体介護」となるわけだ。

一方、重度の利用者さんは、自分の身体のことでもう精一杯。だから家事活動に要望を伝えることなんぞ諦めている。

そのような方に対しての支援は、生活援助(家事代行)となるであろう。その家事代行が「生活機能分類の何処に入るか?」というと、実は何処にも含まれないのだ。

そこで、本来は家族や支援をする方がいれば、必要の無い支援であり、環境に入れても良いであろう。


●体を張って伝える佐藤(平常運転?)●.jpg

●体を張って伝える佐藤(平常運転?)●



3.資料を用いて書く内容を説明
さて、落としどころを意識することを伝えたので、ここからは資料を用いて項目に沿って説明した。

実はここの内容は、2012年に出した摂著、『ケアマネジャー最強のアセスメント力養成講座』に基づいて再校正をかけて内容を展開した。ここではその内容は省略する。

皆さんは、マイク越しに響く佐藤の声を聞きながら、時々うなずき、時々「うーん」とうなりながら最後まで静聴して頂いた。限られた時間であるから、泣く泣くはしょったが、資料は良いできだと自負している。引き続き困ったら引っ張り出して確認して頂ければ幸いである。


4.参加者同士で情報共有
さてさて、今回は皆さんに自分が使用しているアセスメント用紙を持参して頂いている。そこで、残り30分はお互いに現実どうしているのかを語り合って頂いた。

佐藤もグループ内を渡り歩き、質問を伺ったり、答えたりした。持参されたものの中には「課題整理総括表」「リ・アセスメントシート」なども散見された。ウ〜ンさすが現役のケアマネさんだ。カッコいいね。


●グループからの質問に答えてまわる●.jpg

●グループからの質問に答えてまわる●



会場内を周りながら聞こえてきたのは、「ソフトに入っているのは、チェックを入れるだけなのよね。困りごとや、要望なんてかけないのよ」とのつぶやきや、「課題分析標準項目のシートだけでは、ニーズを引き出すことは無理よねぇ。だって現状だけでは根拠にならないもの」とか。

「すいません。別の質問なんですが、いいですか?」
「はいはい。いいですよ」
「居宅サービス計画原案は、サービス担当者会議の前に事業所に渡すと」
「はいそうですよ」
「そして、サービス事業所が、アセスメントを行うということですか?」
「はい、そうですね」
「そんなこと、相談員さんやサービス提供責任者さんができるのですか?」
「そうですね。指定基準ではそうなっているんですが」


など個別に対応。そして、残り5分になったところで、今、伺った質問内容を皆さんにもお返した。


(1)課題分析標準項目だけでは、現状把握に留まってしまう。
そこで、意図的に、困りごとや要望を聞き出して記録すること。まぁ、過去に使用した「アセスメントチェックポイントシートは使いやすかったですね」と補足した。

(2)サービス担当者会議の前に、居宅サービス計画原案を配布する事について。
各サービス事業所には「あらかじめ」利用者や家族に、サービス内容や重要事項(費用も含む)を説明の機会をとって頂く必要があること。その時には、利用者に対して「サービスの選択に資する援助をしてい頂くことが必要であることを説明しました(介護支援専門員は、居宅サービス事業所の指定基準も遵守しないと!)。

ちなみに、サービス担当者会議の前に、居宅サービス計画原案を配布することは、『八訂 介護支援専門員基本テキスト1巻 介護保険制度と介護支援』pp.204〜208にイラストで案内されているのでご確認くだされ。

さてさて、本日の研修はこれにて終了!


●さて、〆の時間です●.jpg

●さて、〆の時間です●



次回は「支援経過記録の書き方」について行います。ご自分の支援経過記録をお持ちくださいませ! くれぐれも皆さまご自愛ください。

追伸
新潟県のサ責の皆さま! 佐藤は、来週は長岡市・新潟市に研修で出没予定ですぞ! まさか雪はまだ降らない・・・ことを祈りつつ、お会いできるのを楽しみにしております!!



●アリオのポムズファームでお昼●.jpg

●アリオのポムズファームでお昼●



(ドタキャンでもジュリーは意外と好印象。なんせ、さいたまスーパーアリーナは自分には大きすぎると事前に言ってたらしい。いろいろあるけど、ジュリーを見てケンタッキー・フライド・チキンが食べたくなったなというのがもっぱらの噂だぜ!To Be Continued!!)
posted by さとうはあまい at 16:01| 島根 ☀| Comment(0) | 研修会のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

奮闘記・第1066回 見聞録/島根県

●2018年● 島根県松江市

新装!小泉八雲記念館を訪問するの巻

〜 館長が探求した曽祖父の面影 〜


皆さま、いかがお過ごしでしょう? 

すっかり寒くなってしまいましたねぇ。でもまぁあの暑さが懐かしくなることはまずありませんが・・・。

さてさて、前回紹介したハンザケ(オオサンショウウオ)君の子ども達であるが、ハンザケ自然館さんのブログによりますと、館内入り口に展示しているケージの中で、子ども達が、それぞれのたまごの中ですくすくと育ち、誕生間近とのこと。

もう、この館が近くにあったら毎日でもいきたいところですがね・・・。

近いどころか東京スカイツリーより高いビルをひっそり作っててもわからないくらい、のどかな良い場所ですから。それはまぁ羨ましいが。佐藤は自然館のブログを見ながら誕生を心待ちにしているのである。


今回まずは、そのころに立ち寄った小泉八雲記念館と小泉八雲旧居のお話。まあ、佐藤のブログでもおなじみの場所である。この記念館は2016年に改装している。であるからして、今回は改装してからは初めての訪問となる。

ここ、小泉八雲記念館は、昭和9(1934)年に、小泉八雲(ラフヵディオ・ハーン)先生とその妻・セツさんが、明治24年5月から11月までの6か月間新婚生活を過ごした小泉八雲旧居の西隣に新築された木造平屋建ての和風建築の館であり、松江市立の文学館なのだ。指定管理者制度により、今は、NPO法人松江ツーリズム研究会さんが管理・運営している。それはまぁいい。

それが2016年7月に、展示構成を拡充・一新し、ライブラリーやホール、ミュージアムショップを備えた小泉八雲記念館として、初代の小泉八雲記念館開館から82年、日本人・小泉八雲が誕生して120年の歳月を経て生まれ変わったのだ。もちろん、館長は島根県立大学教授の小泉 凡(こいずみ ぼん)先生である。先生は、小泉八雲(ハーン)先生のご曾孫である。

ちなみに

「私はその人を常に先生と呼んでいた・・・。私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」といいたくなる・・・。よそよそしい頭文字かしらもじなどはとても使う気にならない。」

これはまぁ某・夏目金之助先生の文章である。ハーン先生や司馬遼太郎先生など、文章が好きな作家の方々については、拙文のなどでも「先先」と付けてしまうので、そこんところはまぁスールーして頂きたい。

小泉八雲旧居に来るようになって数年の時。旧居に入る前に、「ひゃ〜参謀」のケータイに東京から電話があり、「今日、旧居に凡先生がいるら・・・」というところで切れた(笑)。

すると、たまたま旧居で、小泉 凡先生が、子供たちに、激しく「小泉八雲学」をレクチャーしている熱き凡先生を目の当たりにした。

全然違うのよ、ふだんは紳士なのにほんとうに熱く語ってたのよ。後に、凡先生にお話したら、「いや〜そうでしたか」と照れてましたが(笑)。

そう、佐藤は凡先生と、2013年に一度お会いしているのだ。そして、なんと彼が奏でるピアノを目の前で観たことがある(奮闘記・第901回)。

佐藤は、当時松江ツーリズム研究会さんが企画・運営していた伝説の「松江ゴーストツアー」に参加したことがあるのだ。もう、ほとんど追っかけ。

松江に通うようになってから松江駅前の松江テルサにあるチラシを手に取るようになり、その中の1枚にこの「松江ゴーストツアー」のチラシがあったのだ。それから、このツアーに参加したい、参加したいと思っていたのだが、なかなか日程が合わなかった。

それが、ある時、宿泊を前倒しにすれば参加できることがわかり、思い切って「ひゃ〜参謀」に同行を依頼。そしてそれがついに実現したのだ。

このツアーには、《カラコロコース》《へるんコース》があった。へるんコースでは、蓬莱吉日庵で、凡先生の講演を聴講し、そのまま蓬莱吉日庵で夕食を頂き、その後にカラコロコースの人々と合流し、『怪談』ゆかりの地を巡るというものであった(そのうち凡先生が多忙なのかへるんコースは無くなったようだ)。

なんと、この日の参加者は、我々ともうひと組のカップルのみ。チラシには参加人数が少ない場合は中止と書かれていたが、参加者が遠方からの場合は無碍にできないと案内をしてくれたかたが話してくれた。

ということで、我々は凡先生を独り占め状態(尋問に近い)にして、話を伺うことができたのだ(笑)。

いよいよスライドを交えた凡先生による講演が始まった。凡先生の講演は、ハーン先生の生い立ち、彼が歩んだ地域、その地域の方々(外国の方々)との細やかな出来事や関わりの報告が主な内容であった。

凡先生は、ハーン先生の足跡を現地に出向き、今でも恐らく丁寧に調査研究をしているという。曽祖父の軌跡が残る場所を踏みしめるように何度も訪問し、情報を更新しているのだ。いいよ、ほんと。

でも、昨今は、ヨーロッパもアメリカもテロが多過ぎて、凡先生が巻き込まれてないかが心配になるのだが。曽孫の凡先生が語るハーン先生の姿は、身内としての愛情がそこかしこにあふれていた。

凡先生は、自分が目にした風景を写真に撮り、それらを紹介しながら話を続けた。ハーン先生ゆかりの建物を訪れ、門前払いにされ、塩をまかれた話や、その同じ家で持ち主が変わると、家に入れて温かく迎え入れてくれてもらったりしたそうな。写真の日付がどんどん若返って行く。

ご存じのようにハーン先生は、アイルランド人の父と、ギリシャ人の母との間に生まれている。出身地は、レフカダ島(リューカディア)である。凡先生は、レフカダ島の写真を解説する。その写真に描かれた風景は、紫煙る靄にしまなみが浮かび、眺めていると、松江の宍道湖の風景と重なった。

その後、ハーン先生2歳の時、アイルランドのダブリンに移り住む。まもなく父母は離婚し、同じダブリンに住む大叔母に引き取られることとなる。これでは宍道湖の夕日と重ねるようなゆとりはないかも知れない。恐らく、ほんとうに単純に宍道湖が好きだったのかも知れない。

凡先生は、ハーン先生の母・ローザさんについて、こう語る。

「ギリシャ生まれの彼女は、イングランドの気候に慣れなかったのも離婚の一因ではないかと」話してくれた。まぁ、しかしあの気候に慣れるのは、日照時間の短い秋田県に関東人が住みにくいのと似ているかも知れない(笑)。つまり難しい。

また、画家・安野光雅氏が、ハーン先生の母親の面影を求めて ギリシャへと渡り、その親戚であるという女性の家を訪ねた。そこで彼女が写った写真の存在について調べ、情報を収集して、アドバイスを受けながら、一枚の肖像画を描いたという。その安野さんが描いたローザさんの肖像画もスライドで見せて頂いた。

凡先生によれば、ハーン先生は、2歳の時に別れた母・ローザさんのことを慕っており、ずーと会いたかったという。母の肖像画が存在するならば、全財産をつぎ込んでも手に入れたい、と語っていたという。

その後も、ハーン先生には、阪神タイガースのK前監督や八戸学院大学の監督さんのような不幸が重なっていた。

イングランドの神学校に在学中、16歳の時に左眼を失明し、父が病死。翌年に大叔母が破産するなどで学校を退学する。その前後にはフランスでも教育を受けているのだ。19歳でアメリカへ渡り、24歳の時には、新聞記者となる。凡先生は、アメリカでハーン先生が暮らした場所も詳細に調査し、写真に収めている。

ニューオーリンズにも、同じようにゴーストツアーが存在し、そのツアーを大人たちも進んで参加し、楽しんでいるという話も伺った。

その後、ゴーストツアーにちなんだ、西洋社会でのゴーストや精霊たちにまつわる話をしてくれた。ハーン先生が生まれたギリシャにも精霊たちの話があり、こちらではゴーストツアーもあるという。そのツアーも大人が参加し、定番になっているという。キリスト教の世界観ではちょっと考えにくいものである。

まぁ最終的にハーン先生は、日本の阿弥陀信仰(仏教)とキリスト教の類似点を見出し、総合的にキリスト教に回帰していったのだろうと勝手に思っているのだが。さて・・・。これはイエス様やお釈迦様が云々という観点ではわかりにくいかも知れないが、宗教はあんまり得意ではないのでここまで。

こうして凡先生は、約小1時間、ハーン先生の遍歴を織り混ぜながら、世界で、小泉八雲の功績が高く評価されていること、小泉八雲が晩年を過ごした日本でも、このゴーストツアーを行うことにより、小泉八雲こと、ハーン先生が日本に残してくれたものを継承したいと考えているようであった。

そして最後になんと凡先生がピアノを弾いてくれたのだ。しかもその曲は、聞き覚えのある曲であった。なんとも胸の奥から哀愁があふれ、思わず胸が熱くなっていた。

凡先生はピアノで2曲披露してくださり、講演は終了となった。

「実は僕、楽譜は読めないんですよ(笑)」

と照れながら話してくれた。真偽はともかく、とても素晴らしい演奏であった。

「凡先生が譜面が読めない? まさかそんなぁ。だって世田谷区生まれのボ・・・(強制終了!)。恐らく読めるはず」

とは「ひゃ〜参謀」www。危ない!


あれから5年。佐藤は、今回、新装・小泉八雲記念館を訪問して、あの日に凡先生が語ってくれたことを思い出していた。


●新装・小泉八雲記念館である!●.jpg

●新装・小泉八雲記念館である!●



今でこそ、ハーン先生がセツさんとは、晩年あまりうまくいっていなかっただろうこともわかるし、松江から出て以降、海に行くのも、たいがいは太平洋側、そう海の向こうにアメリカが恋しかったに違いない。おそらく穏便に別れられれば、アメリカには一雄さん(長男)を連れて帰りたいという願望があったのだろう。

ハーン先生は、日本の食べ物は得意ではなかったし、日本語もあまり覚えていない。これも当初は帰国する気であったからだろう。

でも、これは批難しているのではない。よく故郷に帰りたい思いの中でその不満を漏らさず、死ぬまで日本で頑張ってくれたなぁと感謝の気持ちしかないのである。欧米から日本に来るなんて、東京から島根に住むどころではないのだ。

しかし、ハーン先生は、日本人は口にしなければ、そして文章にも残さなければ、それらの(アメリカに帰りたいという)気持ちを「なかったもの」として考える性質であることを知っていた。

日本人は明治時代から「文献主義」(文字に残って居ないものは、存在しないという共同幻想)なのだ。ハーン先生は、良き日本の喪失に対する不満以外は、日本や日本人を批判する著作がないのを見てもわかる。先生は、それが母国や欧米でできなかったからこそ、各国を転々としていたのだから・・・。


●館内は相変わらず写真ではお見せできません●.jpg

●館内は相変わらず写真ではお見せできません●



さて、館内には、3つの展示室と、2階へあがる階段のスペースを活用した階段展示があり、2階は多目的スペースと書庫となっていた。

展示室1は、「その眼が見たもの」「その耳が聞いたもの」「その心に響いたもの」というコンセプトのもとに、ハーン先生の生涯を編年で紹介している。

壁には、ハーン先生の生涯が、年表で綴られており、その周囲には関係者の写真などが掲示されている。これこそ、凡生生が長年、ハーン先生の面影を求めて、諸外国をまわったときに、実際にみた物、聞いたもの、心に響いたものだったのではないだろうか。

佐藤はハーン生生の人生を振り返りつつ、この軌跡を追い求めた、凡先生の姿を追っていたようにも思う。

それはまさしく5年前のあの蓬莱吉日庵で凡生生から直接話を聞くことがなかったら、このような思いは持たなかったであろう。まさしく時はつながっているんだな〜とつくづく思うのだ。

そして、展示室2には、ハーン先生の事績や思考の特色を「再話」「クレオール」「いのち」など8つの切り口から描き出している。ここには、ハーン先生が利用していた机や椅子と共に、静岡県焼津の山口乙吉さん宅が再現されていたのだ。


もちろん、佐藤は静岡県の焼津市の記念室へも行ったし、愛知県の明治村でもこの乙吉宅の部屋と、だるまをみている。また、島根県の隠岐の島の所縁の品々も展示されていて、すべてが懐かしく走馬燈のように私の周りを回ってた。

そうそう、展示室1から展示室2に入って。すぐの左には大人が2人程度が入れる空間がある。それが「再話コーナー」である。そこでは、なんと、『怪談』の朗読を聞くことができる。

ナレーターは、もちろん島根県出身・佐野史郎氏。静かな空間の中にあの声が響く(笑)佐藤は「かきつばた」を聞いてしまった。いやぁ。佐野さんの声がおどろおどろしく、暗闇から追いかけて来そうであった(笑)。

外国人向けの英語の解説だけではなく、英語のネイティブの朗読による『KWAIDAN』も聞くことができたら喜びます。

もしや外国人向けの解説の中に一部あるかもしれない。いや、知らないだけですでにあったのかも知れないが、それなら次回のお楽しみである。

On the Akasaka Road, in Tokyo, there is a slope called Kii-no-kuni-zaka・・・・.

これは、有名なハーン先生の原文の『KWAIDAN』MUJINA(むじな)の冒頭である。

かの作家の三島由紀夫氏や、大大ヒットした「広辞苑」(第二版)の編集委員長を務めた大野 晋先生がこの冒頭をよく口ずさみ、

「素晴らしい文章は外国語でも、日本語でも、いいリズムを持っている」

とベタ誉めであったそうな。ならば、ぜひネイティブでの音読も聞いてみたい気がする。だってハーン先生は、英語でセツさんに聞かせていただろうから。作品が翻訳されたのは戦後の話である。そもそも、ハーン先生の当時の読者は欧米人であり、英語で書かれていたのだ。

いや〜できれば、箱根の星の王子さまミュージアムのように、小さいスペースでもいいから、アメリカの新聞記者時代の「想定されるハーン先生の机まわり」も見てみたい(「ひゃ〜参謀」)。いろいろ興味は尽きないのであった。


また、新装記念館に話を戻す。

階段展示には、ハーン先生とその子ども達の写真も、多く展示されており、その表情は、写真を撮っているそばにいるであろう、ハーン先生やセツさんに向けてほほえみかけ全てに愛があふれているように見えた。そして、同時に凡先生の祖先を敬う気持ちがそこには現れていた。

このように、資料の研究など、ご子孫で一手に引き受けてくれるかたがいるのは、我々読者やファンには有り難いことである。

展示室3は企画展示コーナーとしてあり、現在は「八雲が愛した日本の美」として彫刻家荒川亀斎と小泉八雲と題して亀斎が八雲に見せた「気楽坊人形」が展示されている。

でも、申し訳ないが、「あの」人形は可愛くない感じがビンビンするんですけど(笑)。もし、家に置いてあったら、ちょっと怖い。昔のホラー映画のチャイルド・○レイを思い出しそう。でもハーン先生、布団に寝かせたりしてるんだよなぁ・・・、強メンタルとしか・・・。


●記念館の催し物のご案内●.jpg

●記念館の催し物のご案内●



小泉八雲の記念館のホームページによれば、

荒川亀斎は、松江の雑賀横浜にて木工職人荒川茂蔵の子として誕生。幼少の頃より彫刻界の天童と謳われ、地元では名の通った彫刻家。

1890年8月に松江に赴任した小泉八雲が、散歩中に出会ったあるお寺の石地蔵に魅了され、その作者を尋ね、「荒川亀斎」という名を知り、さっそく亀斎の工房を訪ねます。小泉八雲はその腕前と名人気質に惚れ込み、二人は美術論をかわし意気投合したという。

ここでは、八雲が見出した郷土の作家・荒川亀斎の作品およびその周辺を紹介するとともに、著作や西田日記などの中に登場する亀斎とのエピソードをたどることで、小泉八雲の審美眼・美術観を探り八雲の新たな側面を紹介している。

また、小泉八雲記念館が所蔵する荒川亀斎の作品をはじめ、最近発見された亀斎が八雲に見せた「気楽坊人形」(人形劇の図書館蔵)を初公開しているのだ。

いやはや、凡先生、相変わらず飛ばしてますねぇ(笑)。1日いても見切れませんよ。ホント。解説文などは外国人さん向けには英語の案内もあるので、外国人さんも満足されること間違いない。


その後、我々は聖地・小泉八雲旧居を訪問。玄関先では瑠璃柳が可憐な紫の花を付け出迎えてくれていた。また、南向きの百日紅はまだ赤い花を付け、庭には、秋の花である吾亦紅と桔梗が咲き誇り、その上を赤とんぼが飛んでいた。


●もちろん、こちらの聖地・小泉八雲旧居にも参拝(?)●.jpg

●もちろん、こちらの聖地・小泉八雲旧居にも参拝(?)●


●こちらは写真も大丈夫!●.jpg

●こちらは写真も大丈夫!●


●ここで暮らしていたんだよ!ハーン先生が●.jpg

●ここで暮らしていたんだよ!ハーン先生が●



西の庭には、大きな木瓜の実がたわわとなっていた。受付の方曰く。今年は木瓜の実が多くなりましたとのことであった。確かにたくさん実っていた。北の庭の池は鏡のように池の周りの松や椿の木々を写していた。ここはやがて雪に覆われ銀世界となる。

さてさて、ズーッといたいところではあるが、そろそろ出雲空港へ向かわないといけない。帰りがてら、道の駅・秋鹿なぎさ公園にある、レストラン・フォーシーズンへ寄ってランチを頂いた。


●松江のたんぼ・たんぼ・たんぼ!●.jpg

●松江のたんぼ・たんぼ・たんぼ!●


●宍道湖はいつでも素晴らしい●.jpg

●宍道湖はいつでも素晴らしい●


●道の駅・秋鹿なぎさ.公園に到着●JPG.jpg

●道の駅・秋鹿なぎさ.公園に到着●



でも、やはり客商売のプロフェッショナルってすごいなと思った。佐藤がそれはそれは久しぶりに、スルッと入店したのだが、厨房の方から、わいわい話しながらチラと見て、

「いらっしゃませ!」

という声のあと、

「あれ? 今の佐藤さんじゃないの?」

という声がしたのだ(笑)。何年振りかで店内をスーッと通ってもなかなかわからないよね、ふつう。

いや〜、気付いてくださりありがとう。久しぶりに宍道湖を眺めつつ、食事を頂きました。食後、会計時に店長と歓談。お互いに体のことを気にかけあいました。


●やはりフォーシーズンはいいなぁ●.jpg

●やはりフォーシーズンはいいなぁ●


●これが「ひゃ〜参謀」のお気に入りバーグ●.jpg

●これが「ひゃ〜参謀」のお気に入りバーグ●



【追記】

もちろん、松江に寄って、白潟天満宮売布神社佐太神社などにも廻りました。


●久しぶりの白潟天満宮だが、手水舎の龍さんが消えていた(泣)●.jpg

●久しぶりの白潟天満宮だが、手水舎の龍さんが消えていた(泣)●


●売布神社でお塩入りのお茶を頂きました●.jpg

●売布神社でお塩入りのお茶を頂きました●


●こちらも懐かしの佐太神社●.jpg

●こちらも懐かしの佐太神社●



湖陵町差海のイタリアンのクッチーナ・バッカーノ(Cucina baccano)にも行きましたよ。一時期お休みしていたみたいですが、再開しており、ピザもパスタも以前の味のまま、美味しかった。こういうお店が再開するとうれしいです。皆さんもどうぞお近くを通ったら寄ってみてね! また島根県の見聞録が続くやも知れませんよ。さて?

島根には、湖のそばにうまい店有りですから(笑)。皆さま、くれぐれもご自愛ください!



●吾輩は初めて出雲空港に凱旋できた。ハハハ●.jpg

●吾輩は初めて出雲空港に凱旋できた。ハハハ●



(巨人の某S選手が若いころ、ボール球を振って三振。ベンチのH監督が「ボールを振るからダメなんだ!」という小言に、背中を向け「自分は(ボール球を)振らなかったんかよ!」と小声で悪態をついたそうな。監督はともかく、周りにはしっかり聞こえていたという。H監督はボールを振るどころか、ストライクだって見逃したから!To Be Continued!!)
posted by さとうはあまい at 19:46| 島根 ☁| Comment(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

奮闘記・第1065回 見聞録/島根県

●2018年● 島根県邑智郡邑南町

【緊急!】

特別天然記念物の宝庫
〜オオサンショウウオは、育menなのであった〜



お久しぶりです。皆さまお元気でしょうか。佐藤は書類仕事がもう、たまり過ぎて・・・です(笑)。

さてさて、今回はこちらもエラく久しぶりで島根県に行って来ました。ハハハ。今、最も旬な情報なんで、そちらの話をお伝えしたいので、その時の見聞録をご報告したい。


●まずは久しぶりの出雲大社石見分祠から!●.jpg

●まずは久しぶりの出雲大社石見分祠から!●



佐藤が同館を訪ねた日の夕方、瑞穂ハンザケ自然館で、調査研究のために飼育されているオオサンショウウオがめでたく出産(あえて産卵とはしない)した。

この瑞穂ハンザケ自然館は、島根県邑南町(おおなんちょう)にある。邑南町は、島根県の中部に位置しており、自然豊かな町で、島根和牛などでも有名な所である。

今回は、用事を済ませた後、邑南町に、なんとオオサンショウウオのいる自然館があると言うので、行って来たというわけですよ、ええ。

その邑南町では町をあげて、日本の特別天然記念物のオオサンショウウオが生活できる環境維持に取り組んでいるという。

このオオサンショウウオは両生類のため、水が綺麗な清流でなければ生きていけないのだ。そのため、町では生活排水を川に流さない取り組みを行って、オオサンショウウオが生息できる環境を作りあげた。

ひとくちに生活廃水を川に流さないと言っても、町民一人ひとりがこの取り組みに理解を示さないとまったく始まらないから、そう簡単なことではなかったはずだ。

その結果、その取り組みが身を結び、今では、町民が生活しているすぐそばでこのオオサンショウウオを観ることができるようになったという。これは凄すぎる!

ここの自然館のパンフレットによれば、邑南町の一帯ではオオサンショウウオのことを親しみを込めて「ハンザケ」と呼んでいるそうな。

その由来は、一説には、口が大きくて半分に裂けて見えるからだとか、半分に避けても生きているからなどと言われているが、定かではないそうな。ああ、そうですかい・・・。

このハンザケは世界最大級の両生類で、昔ながらの姿を変えないで生き続けていることから「生きている化石」と呼ばれている。ほほう、生きている化石がいるとな!それは是非観たいものである。


ということで、今回も東京から拉致(?)・同行している、「ひゃ〜参謀」(もう果てそうだが)を急かして定宿の浜田ワシントンホテルを飛び出した。

浜田道を爆走し、ハンザケ自然館を目指した。その自然観は浜田道大朝インターを降り、道の駅・瑞穂(みずほ)に行く手前にあった。看板が意外と小さいのでそれを目的に行かないと見落としてしまいそうだ。


●瑞穂ハンザケ自然館●.jpg

●瑞穂ハンザケ自然館●



入口を入ると、髪を腰くらいまで伸ばした細身の女性(おそらく、岡さん)が「いらっしゃいませ!」と迎い入れてくれた。

入館料を払い、キョロキョロ見回していると、「どちらから来られましたか?」と尋られた。そこで、東京から来ました。こちらでオオサンショウウオが観られると伺ったので!!」と返事を返す(「ひゃ〜参謀」がリサーチ済み)。

すると、岡さんは我々を入口横のケージに案内し、しばしオオサンショウウオと町の取り組みを熱く語ってくれたのだ。いや熱い! 動物や考古学、美術などの専門家は対象に愛情を持っているから妥協がない。

そこでの話が、先述の町をあげて環境整備を行ったという話なのであった。佐藤が「町をあげて取り組んでいるとはすごいとですね」と話すと、

岡さんは「そうなんですよ。この取り組みは本当にすごいことなんです。だけど、あまり他者には知られていなくて、私はこの町の人はその宣伝が下手だと思うのですよ。もっとアピールしても良いのではないかと思っているのです」とおっしゃる。

そうそう、その通り。私も沢山の人々を知っていますが、皆さんそれはそれは謙虚な方が多いですからねぇ。《島根は自然豊かで美味しいものが沢山あるから素晴らしい所ですよ》などと言っても、「そうですか? イノシシやテンやクマなんかが出るところなんだよなぁ」とかわされ、佐藤の言葉を素直に受け取ってくれませんからねぇ(笑)と佐藤。

でも宣伝しないからこそ、このままでいられると思うし、台風の被災地で火事場○○するような連中が集まって来ても困るしな・・・。そもそも価値もわからんだろうてwwとは「ひゃ〜参謀」

会話を交しつつ、ケージの中にいる4歳(?)くらいの、まだまだ、小さなオオサンショウウオ君たちを眺めてた。


●若きハンザケ君●.jpg

●若きハンザケ君●



まぁ、まだまだ体は小さいが、まん丸い顔に大きな口を蓄えてそれなり顔つきをしている。この口を開けたら、まさしく《ハンザケ》にふさわしい。

「オオサンショウウオは、ほとんど目が見えないのですよ。だから口の周りに来たものは何でも食べて(噛んで)しまうんです。だから、共食いになることもあるんですよ」と岡さん。

ケージの個体を指しながら、「こちら個体は、あちらの個体に指を食べられたんです。でも徐々に再生して指らしくなってきたんですよ」と説明してくれた。

うーん、なるほど! 見れば2匹のうち1匹は指が短いようにも見える。確かに危険だが、それでも可愛いものは可愛い! 私と、 「ひゃ〜参謀」(無類のサメ好き)が「可愛い、可愛い」を連呼していると、突然「実は今この館にいる個体が出産の時期を迎えているんですよ」と彼女は話し出した。

そして、「オオサンショウウオは、巣穴を掘って、毎年同じ場所で産卵をするんですね。産卵の時期になるとオスが巣穴に入り、巣穴の掃除をはじめ、メスを迎入れる準備をするんですよ」。そして、「館内にも巣穴を展示してありますが、そこのオスが掃除をして、メスを迎入れる準備をしているんですよ。それで、今朝からその巣穴の近くにメスが寄ってきているんです」と。

「観に行きますか?」と言いつつ、すでに足は展示室の方へ向っていた。我々は「お願いします」と言いながら、岡さんの後を追う。奥の方から「こちらです!」と、我々をケージの前に誘った。

そちらに行くと、なんと水槽の中にドカンを縦に埋めて、横をドーム型に切り開けて・・・、言うなれば雪のかまくらのような形のもの。そこから焦げ茶色の円盤型の顔らしききものが外に出ていたのだ!


●出た!大物のハンザケ君!!●.jpg

●出た!大物のハンザケ君!!●



●目が悪いから、なんでも噛んじゃうもんね!●.jpg

●目が悪いから、なんでも噛んじゃうもんね!●



そして、その横には、暗黒色の丸い棒のようなものが横たわっている。水槽の明るさに目が慣れてくると、それは紛れもなく、メスのオオサンショウウオちゃんであった。しかも、その2匹はいそいそと意思表示をしているのである。ハハハ。

彼女の説明によると、「巣穴の中にいるのでかいのがオスで、巣穴の掃除をしていたので顔の上に砂が乗っています」とのこと。

うん、確かに顔の表面に砂のジャリジャリ感がある。そして、「入口の横にいるのがメスでお腹が膨らんでいる」という。確かに見れば胴体のお腹がプックリと膨らみ今にもはじけそうである。でも、産卵すると、オスがメスを巣の外に出して、子育てをオスがするらしい。ハハハ。まさに育menだな。


●こちらがメスでなかなかのシャイ●.jpg

●こちらがメスでなかなかのシャイ●



我々は、もう夢中になって2匹を眺めていた。

その間、オスがしきりに巣穴から顔から肩くらいまでを出して、メスの方を覗き込んでいる。一方のメスは、オスの姿を捉えつつも、裏側へ姿を隠してしまったのだ。

メスは、我々を察知して隠れてしまったのかもしれない。そりゃ人生(一生?)の一大事ですからね。メスが過敏になるのは当たり前ですよね。

我々はメスが隠れたあとも、しばしその場に留まり、オスを観ていた。すると彼はするすると首を水面に伸ばし、水面に鼻だけを出してブクブクブクブクと呼吸を始めたのだ。


●でもかわいいな●.jpg

●でもかわいいな●



そりゃ両生類だもの! 爬虫類だもの! 呼吸は必要だよね。ただ、その呼吸は、今にも鼻の中に水が入りそうにみえていかにも苦しそうであった。かわいいww。

オスは息継ぎを2回すると、首を引っ込めた。そしてゲップをするが如く水中で口を開けた。ぷわっ!と。

すると、その口からまあるい泡ぶくがひとつ出た。私は、その姿があまりにも可愛くて、思わず「アクアスのバブリングより可愛い!」(あれはあれでかわいいが、教えられた「芸」ですから)と叫ぶと、隣で岡さんがウンウンと頷いていた(笑)。

我々は暫しオスの行動を見守っていたが、2匹の恋路を邪魔してはと思いその場を離れて、館内を見学して回った。岡さんはその間も関係機関に電話かけて現状を伝え、出産が近づいていることを告げていた。

さてさて、館内を巡っていたら、見つけましたよ。何をって。それは、ほらこれ、被り物ですよ(笑)。


●さて♪なんだろう?茶ばねじゃないよ●.jpg

●さて♪なんだろう?茶ばねじゃないよ●



●チンあなごでもない●.jpg

●チンあなごでもない●



●まぁオオサンショウウオということで!(ひゃ〜参謀)●.jpg

●まぁオオサンショウウオということで!(ひゃ〜参謀)●



「ひゃ〜参謀」が笑いながらも「似合いますな」とのたまう。そしてかぶり物との記念写真を撮り、岡さんに挨拶をして帰ろうとあいさつをすると、岡さんは自然界でオオサンショウウオが見られる場所を地図を書いて教えてくれました。なんと親切な方なんでしょう(笑)。

我々はその地図を頼りにその場所へ行ってみた。ただ、その時は留守で見ることはできなかった。ただ、その川は水が澄んでいて、さも美味しそうな水に見えました。まさに瑞穂を名乗るのにふさわしい場所であった。


●きれいな川とオオサンショウウオが住める町・邑南町●.jpg

●きれいな川とオオサンショウウオが住める町・邑南町●



●きれいな町ってうらやましいな●.jpg

●きれいな町ってうらやましいな●




たまに、道路を横断して、交通事故に遭うらしい。見つけたら、車でひく前に、こちらの自然館まで連絡してほしいとのこと。ああ、けっこう危ないから触らないでください。天然記念物だし、とも。

さて、ここなら立派に生きていけるねぇ、ほんと良い場所だし。また来たら逢えるかも・・・。我々は川に手を振り、いつまでも元気でいるように祈念した。


さて、次の日、自然館のホームページを観てみると、なんと、訪問したその日の夜にめでたく出産したと書かれていたので、すかさず佐藤は、お祝いメールを出した。

すると、岡さんから返信があった(ここでお名前がわかったわけ)。まるで陣痛の波を越えるがごとく、メスが巣穴を出たり入ったりを繰り返したのちに、無事に出産したことが詳細に書き綴ってあったのだ。さらに、こちらに来た折には是非お寄りくださいとも書かれていた。もちろんですよ!

こうして、我々は偶然にもオオサンショウウオの出産日に訪問したことになったのだ。ハハハ。これも島根の神々様の粋なはからいだったのかもしれない。もちろん、道の駅・瑞穂のマグネットもゲットした。ハハハ。

さてさて、離れているとは言え、オオサンショウウオの様子は、瑞穂ハンザケ自然館が発信する、彼女のブログで現在の様子をうかがうことができる。今後の成長を楽しみにしておりますよ。皆さまもお近くにきたら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ではまた! 皆さまご自愛ください。



●オオサンショウウオ君がお待ちしてます●.jpg

●オオサンショウウオ君がお待ちしてます●



【瑞穂ハンザケ自然館】
所在地:〒696-0224島根県邑智郡邑南町上亀谷475
TEL:0855-83-0819
入館料:大人300円(税込)/小人150円(税込)
休館日:毎週月曜日、祝祭日の翌日、年末年始
開館時間:10:00〜17:00(5〜8月)/9:00〜16:00(9〜4月)
HPhttp://www.ohtv.ne.jp/mizuho-hanzake/


※2018年9月時点でのデータです。


(「議員になって33年で19人の総理をみてきたが、6年総理が務まるというのは、強靱な意志がないとできない」そりゃ国民なんて屁とも思わない強靭なそれがね!To Be Continued!!)

posted by さとうはあまい at 16:35| 島根 ☔| Comment(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

奮闘記・第1064回 研修会のツボ/東京都

●2018年● 東京都町田市

共催:町田市・町田市介護人材開発センター

2018年度 相談援助研修・初級編(第3回目)
『相談員の役割を体験 〜相談援助の展開(他者と語ろう)〜』



いやいや、日本中、どこにいても激しい雷雨に襲われる今日この頃、いかがおすごしでしょうか? 関東はとりわけ本当に暑くなりました。雷も凄かった(汗)。と言いつつ、今回も町田市での研修会のお話。


この研修は、町田市町田市介護人材開発センターさんの共催で行っている研修である。しかも主任介護支援専門員の研修を受講するための通り道にある研修なのだ。

参加者は、相談員は、もちろんその多くが介護支援専門員である。研修は全3回シリーズで行われている。今回は、いよいよその3回目である(第1回・第2回はすでに当ブログに掲載済み)

今回は、「相談員の役割を体験」として、皆さんが相談員になって他者と語ろうというものだ。ひと口に、他者と語ると言っても、これは世間話で済むような簡単なことではない(まぁそういうときもあるにはあるのだが)。まずは今回もなぜか大國魂神社に寄ってから会場入りした。


●何度目の正直(?)大國魂神社に参拝●.jpg

●何度目の正直(?)大國魂神社に参拝●



はじめに、佐藤は『[八訂]介護支援専門員基本テキスト』(介護支援専門員テキスト編集委員会 編)、長寿社会開発センター刊、2018 (第3巻)高齢者保健医療・福祉の基礎知識「高齢者福祉の基礎知識」のソーシャルワークとケアマネジメントの中の「相談面接技術」より一部を引用して資料を作成し、それについて解説していった。


●石原会長のあいさつからスタート●.jpg

●石原会長のあいさつからスタート●


●参考書籍を案内する●.jpg

●参考書籍を案内する●



「相談面接」の目的
相談面接には3つの目的がある。この目的は、それぞれが独立しているわけではなく、相互に重複している。そこで相談員は、これらの目的を認識し、個々の面接の実施前に具体的な目的を設定する必要があるわけだ。

1.援助関係を構築する
相談面接を行うためには、利用者や家族との専門的援助関係が不可欠である。この関係を確立することが初期の面接での、最大の目的と言えよう。もちろん、この専門的援助関係は相談面接のためだけではなく、ケアマネジメント過程のすべてにおいて必須のものなのだ。

2.情報を収集する
利用者が抱えている問題解決を援助するためには、それに関する情報を収集し理解していく必要がある。

この目的は、アセスメントの段階が中心となるが、すべてのケアマネジメントの過程で必要なことと言える。情報を収集するための質問と、利用者や家族からの応答を通して、利用者や家族がその問題に関する理解を深め、その解決に向かって進んで行くことを可能にする。

3.問題解決に向けた援助を行う
問題解決に向けた援助は、主にアセスメントケアプランの作成および実施、モニタリングにおける面接で行われる。利用者が自分の抱える問題を認識し、その解決に向けてどのような方法で対応するのかを決定することを支援する。

そして、その問題解決への対応がスムーズに進むように、利用者の環境を整備していく。同時に、専門的援助関係を基礎として、利用者が、自分の持つ問題解決能力や適応能力等を回復または向上できるように援助していく。

実は「相談面接」とは、このようにかなり込み入ったものなのだ。したがって、今回は演習時間も8分と短いため、このような「込み入った」相談面接ではなく、その手前くらいにあるコミュニケーションを他者とはかっていただこうと考えた。

なにしろ、コミュニケーションとで言っても、これまた奥は広く深いのである。


●「ひゃ〜参謀」も応援する●.jpg

●「ひゃ〜参謀」も応援する●



ちなみに(株)ヒューマンスキル開発センターでは、「効果的なコミュニケーションの要素」を5つあげている。

相談員が、

(1)しっかりとした自己概念をもっていること。
(2)良い聞き手であること。
(3)自分の考えていることやアイデアをはっきりと表現すること。
(4)感情を効果的に取り扱うこと。
(5)真実を持って相手に自己を開示すること。

をあげている。

本来であれば、これもエゴグラムストロークと同様に「心理テスト」があるわけで、それを行えば、まぁ自分の弱みや強みを認識できるのだが・・・。

今回は諸事情で省かせていただいた。その代わりに、参加者には、再度、自分のエゴグラム(価値観)ストローク(他者とのかかわる傾向)を思い出しながら演習を進めて頂いた。

この演習は、自分の「コミュニケーション」(質問技法)を他者に披露する場であり、同じく、自分が他者の「コミュニケーション」(質問技法)を観察することができる場でもある。

具体的には、相談員役が、グループメンバーの前で、限られた時間内に、利用者役の方に、質問を行い、与えられた課題を明らかにしていく。しかも、相談員役と利用者役には、それぞれ書記役が付いており、語り合った内容が記録されるとした。

グループ内での役割分担は、相談員役1名。利用者役1名相談者の書記1名。利用者の書記1名。観察者1名となる(4名の場合は観察者を抜く)。

ちなみに、この手法は、私が某県で介護支援専門員の実務研修や、専門課程研修の時に取り入れて、結構おもしろがられていた演習である。


【演習課題:利用者役の幼い頃の楽しかった思い出を明確にする 〜あなたの楽しかった思い出話をお聞かせください〜】

演習で行う面接時間は8分間とし、演習をふり返る時間を2分とり、合計10分で行う。


●演習方法を案内する●.jpg

●演習方法を案内する●



《演習方法》
@自分が相談員役になったときに、先に自分の名前を記入した用紙を、書記2名。観察者1名に配布する。

A司会(佐藤)が始めてくださいの合図で演習を開始する。

B書記の方は相談員役及び利用者役、それぞれが発した言葉をなるべく詳細に記録し、ため息や、笑い声、沈黙も記録する。

C利用者役は、相談員役の問い合わせに答えること。その時々の話によって、話し安い場合には、話を続けて構わない。逆に、「話したくない」部分は避けてもかまわない(できるだけ相談員役に協力的な態度で応じること)。

D相談員役は、(1)援助関係を構築しながら、(2)情報収集を行い、(3)課題を明確にする(相談者が十分に話せた。あるいは聞いてもらえたという気持ちになれるように展開していく)。

E観察者は、相談員役の手法を観察しながら、効果的な質問や、相談員役のとる態度行動の中で、良い所を書き留めること。また、この部分はこうした方が良いのではというところがあれば助言を書いて置く。

F相談員役の演習が終了したら、書記観察者が記載した記録用紙のすべてを相談員役に戻すこと。その用紙は各自持ち帰り、自分の質問傾向をふり返って見ても良いでしょう。


●演習スタート!●.jpg

●演習スタート!●



さてさて、こうして各グループの演習がはじまった。佐藤は、タイムを切りながら、各グループをめぐり、相談員役の後方に静かに座り、相談技法に耳を傾けた。

もちろん、他のメンバーは、佐藤メンバー(?)の侵入に気がつくのだが、相談員役の方は、演習に真剣に挑んでいるため、気づく方は少ないのだ。


「〜で、あなたの楽しい思い出は○○ということですか?」

「それは楽しかったでしょうね?」



などなど聞こえてくる。

佐藤は、心の中で「おいおい、質問者が利用者の感情を決めつけてどうするのよ?」とつぶやくのだが。

また、他のグループでは利用者役が開口一番「私には楽しかった思い出はありません!」と口火を切ってしまい、その後気まずくなり、質問がぎくしゃくしてしまうなんて場面もあった。

そんなときには、ふり返りの場面で、「相手が思い出した感情を決めつけないこと。そのような場合には、『その時あなたはどのような気持ちになりましたか?』とさらに質問を重ねてみること。

また、相手が楽しかった思い出がないと言ったときには、『よろしかったら、楽しかった思い出がないという理由をお聞かせください』などと、その気持ちを深く掘り下げてみても良いのでは無いかと助言した。


●どう? 話は深まりましたか●.jpg

●どう? 話は深まりましたか●



あるグループでは、「私は夏休みにおばあちゃんの家に行き、農作業を手伝うのが楽しかった」という答えが出たときに、『どんな農作業をしたのか?』『お弁当には何を持っていったのか?』、あるいは『その場には誰がいたのか?』などなど、その方が、楽しかった場面を打ち出してくれたのであるならば、その場面を更に広く広げることも大事であるということを説明した。

そう、今回の「(利用者役の幼い頃の)楽しかった思い出を明確にする 〜あなたの楽しかった思い出話をお聞かせください〜」では、楽しかった思い出「場面」だけではなく、思い出を明確にすること、及び思い出話を聞くことが目的なのだから・・・。

「○○が楽しかった」「○×が面白かった」だけでは、保育園や幼稚園子どもたちの感想と大して変わらないではないか(笑)。

せめて小学生の絵日記にもあるように、なぜならば「〜○×だったから」までを引き出せるようなコミュニケーションをはかっていただきたいものである。


●石原さんも興味津々●.jpg

●石原さんも興味津々●


●演習に耳を傾ける佐藤●.jpg

●演習に耳を傾ける佐藤●



まぁ、皆さんにとっては、(多くが)初めての体験で、それはそれは緊張されたことと思う。

そこで、最後に佐藤が参加メンバーの協力を得て、その方の「幼い頃の思い出」を引き出すことを試みた。

ここでは、自己紹介において、その方の「名前」(薔薇の名前?)がとても素敵であったため、ついつい、その名前の由来を明らかにする質問となってしまった(笑)。私は8分間の中で、様々な角度からその内容を掘り下げていった。

結果、その由来を明らかにする中でも、たくさんのエピソードがあふれ、隠れていた。私はもちろんだが、答えてくれたご本人も、2人の関わりを聞いていた参加者も、すべての人がほっこりとした気分になれたかなと思う。皆さんは佐藤の「面談デモ」を見ながら、少なからずこの演習の意義を理解していただけたようである。


●参加者の協力を得てデモってみた●.jpg

●参加者の協力を得てデモってみた●


●利用者さんは同じようで同じではない●.jpg

●利用者さんは同じようで同じではない●



後日、担当者から届いたアンケート結果は、

「他者の質問技法を観ることができて良かった」
「同じ言葉でも違った意味があることを知った」
「自分の話を書き留められることに抵抗があったが、終わってみてふり返ることができて良かった」
「事業所でも取り入れてみたい」


などなど。好評を得られて、佐藤としても良かったと思われました。

さてさて、これにて、相談員研修は終了です。今年は残暑と言うより猛暑が続いております。皆さんどうぞご自愛しつつ、ご活躍ください。


(米フロリダ州で、今度はビデオゲーム大会で敗れた参加者が乱射し、三人死亡のニュースが出た。銃規制に問題はその国の問題だが、自衛手段として規制しないのに、犯人に打ち返した市民の例はあまり聞かないが、気のせいだろうか? まぁアメリカでもふつう、家にはともかく、外に銃なんて持ち歩かないだろうけどな!To Be Continued!!)
posted by さとうはあまい at 22:17| 島根 ☁| Comment(0) | 研修会のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

奮闘記・第1063回 研修会のツボ/東京都

●2018年● 東京都町田市

共催:町田市・町田市介護人材開発センター

2018年度 相談援助研修・初級編(第2回目)
『私のアセスメント・自己覚知 〜他者と交流し、自己理解を深める〜』



もう語るのもなんですが、暑いですね! 皆さま・・・大丈夫ですか(危ないのはこちらかも)。

さて、そんな中、この研修は、町田市町田市介護人材開発センターさんが共催して行っている研修である。しかも主任介護支援専門員の研修を受講するための通り道にある研修でもあるのだ。参加者は、相談員はもちろん、その多くが介護支援専門員である。

この研修は全3回シリーズで行われつつあり、今回はその第2回目第1回目の内容は前回のブログにて報告済み)。今回は、相談援助を行う自分自身をアセスメントして、自己覚知を深めようというものだ。

この日も、暑い暑い暑い暑い暑い中、会場には多くの方が集合してくださった。


●またまた大國魂神社!●.jpg



●いざ町田市へ!なーに都内ですからw●.jpg

●いざ町田市へ!なーに都内ですからw●



【研修で行ったこと】
自己分析(交流分析のツールを使用して自己に気付く)。
自分で×とする部分を少しでも○に近づけるように意識する。


佐藤は、『[八訂]介護支援専門員基本テキスト』(介護支援専門員テキスト編集委員会 編)、長寿社会開発センター刊、2018 (第3巻)高齢者保健医療・福祉の基礎知識「高齢者福祉の基礎知識」のソーシャルワークとケアマネジメントの中の「相談面接技術」より一部を引用して資料を作成した。


●町田市より激励を頂く●.jpg

●町田市より激励を頂く●



そこには、対人援助を行う人の「価値観」が、その方が行う「相談面接過程を牽引している」とあった。

介護支援専門員のケアマネジメントのプロセスは、介護保険法の中で決められた多様な責務が継続するものであり、行わなければならないことが明確に規定されている。

しかし、相談援助自体は、行わなければならないことが、はじめから決められている(答えがある)のではなく、目的と関係性を熟慮して見つけ出していくものであろう。

ケアマネジメントのプロセスが業務として決定されているがゆえに、自分がなぜ、それを行っているのか、どのような方向へ向かっているかについて見落としがちになってしまう。

だからこそ、自分の中に、相談面接の全容を牽引する価値観を置くことによって、事務的な手続きも明確に行いながら、その本質をあるべき方向に向けて行くことが可能となる。

そのためには、自分を牽引する「エンジン」部分である価値観や倫理を、援助者自身が深く認識し、「エンジン」を常にメンテナンスする(常に見直していく)ことが大切なのだ。

そう、すべての対人援助を行う人は、はじめに自分の価値観(自分がどのような人間なのか)を認識しておく必要がある。確かに、相談面接の専門家と言われる「社会福祉士」の方々であれば、学校などで、様々な手法を体験し「自己覚知」に励んで来たはずである。

しかし、医療や福祉の現場で働き続けた人々に取っては案外この部分はスルーしている内容かも知れない。どちらも特殊な状態が一時的な場合であればしかたがないのかも知れないからだ。

そこで、今回は、自分の「価値観」を1人ひとりが意識できるように、(株)ヒューマンスキル開発センターが開発した交流分析ツール「エゴグラム・ストローク」表を使用して、皆さんに自己分析をして頂いた。


●用紙を配布する●.jpg

●用紙を配布する●



手始めとして、皆さんに「自分はどのような人間なのか」を、5分間自分と向き合って「私はこのような人間である」を箇条書きに書き出して頂いた。

例えば、私は優しい。何事にも控えめ。短期。人には親切にしてあげたい。1人仕事が好き。片付けられない。などなど。30秒に1個書ければ最低でも10個は書けるはず・・・ハハハ。

佐藤は皆さんが自分と格闘している間、会場をめぐりみなさんの書いた文字を見て歩いた。

ある方は、小さい文字で、点々と。ある方は大きな文字で、ずっしりと。またある方はb振りながら、書き進めていた。また、中にはなかなか書く事ができずに「難しい」とこぼす方もいた。

そうこうしているうちに、タイマーが終了時間を告げる。


そこで佐藤は、皆さんに、

「自分が書いた自分」を眺めて見て、「良いと思うところには○印。駄目、嫌いだと思う部分には×印、どちらとも言えないと思う部分には△印を付けてください」

と伝えた。そして、それぞれの数を数えて頂いた。

その上で○印×印のどちらが多いのかを、それぞれ挙手して頂く。すると、何と言うことか、自分が書いた自分に×印を付けた方が多かったのだ(笑)。ひゃ〜い。もしかしたら、物事を見る目が厳しい方が多いのかな。

ただねぇ、自分を表現する時に、×印の部分しか思い浮かばないっていうのは、つらいのではないか?

×(バツ)探しをする方は、知らない間に相手に対しても×(バツ)探しをしがちですからねぇ。それではもったいない。

昔から、長所と短所は裏表というように、自分が×印としてとらえた事柄を○印の言葉に置き換えてみることも重要なこと。また、常に、いいとこ探しをするように心がけることも対人援助職には必要なことなのだ。・・・人は、そうそう、いいことばかりないものなのかも知れないからね(笑)。


●では、自己と向き合いましょう●.jpg

●では、自己と向き合いましょう●



さてさて、その後エゴグラムや、ストロークの図表を作成して頂き、資料に基づき解説を行った。

皆さんが描いたエゴグラム表はどのようなものだったであろうか。親の影響を受けて自分の中に取り込んだ、批判的ペアレンツと、保護的ペアレンツの割合はいかがであろうか。

両者がバランスがとれているとよいのだが、いずれかが極端に高い、あるいは極端に低いと、高い方のエネルギーだけが働き、偏ったものの見方をしてしまうかも知れない。

また、チャイルドのエネルギーはいかがであったろうか。こちらも、緩やかなカーブを描いていればよいのだが、いずれかの子どもが突出していると、そのエネルギーが強く働き、歪んだ物事の見方とらえ方をしてしまうかも知れない。

ただ、この自分の中にあるペアレンツチャイルドのもつ特徴を理解しておくことも重要なこと。これらの特徴をつかむことによって、「なぜ、こうなってしまったのか」と悩むことは少なくなるかもしれないのだから。

さらに、唯一この親からの影響を受けないで、自分で育むことができるものがある。それが、アダルト(成人)なのだ。

佐藤は資料の中で、低い部分のはぐくみ方を説いた。成人の物事の見方とらえ方考え方を育むためのコツとしては、自分の「言いたいことやしたいこと」を文書にして書いてみる。

あるいは、他の人なら、「どう判断し行動するか」を考えてみる。または、相手の話を鵜呑みにしないで「相手の話の内容」を確認してみるなど。

さらに、感情に揺り動かされるのではなく、「計画を立てて行動する」ように意識してみる。または、「自分の行動に無駄がないか常にチェックする習慣を付ける」などなど。

さてさて、次はストローク表について。TA(交流分析)理論の中にストローク(Stroke)ディスカウント(Discount)の理論がある。ここではこのストロークとディスカウント理論をもとに、自分の傾向性をみて頂いた。


●この部分は自分でそう思っているだけかも●.jpg

●この部分は自分でそう思っているだけかも●



「ストローク」とは
「相手(あるいは自分)の存在・価値・行動を“認めている”ということを伝える、何らかの行動や働きかけ」である。つまり、自分が自分の存在・価値・行動を認めているかも自分が描いた図表から捉えることができる。

「ディスカウント」とは
「相手(あるいは自分)の存在・価値・行為について値引く」ことである。相手(あるいは自分)についてバカにしたり、軽く見たり、無視したり、否定したり、排除したりするこころのメカニズムと、それが表面化した言動すべてなのだ。

そう、このストローク表は、皆さん1人ひとりの、他者(自分自身)とのかかわり方を図表(数値)で表しているのだ。

他者と積極的にかかわる傾向性はどうか? 自分が現在働いている環境の中で、自分のことをどのくらい認めてもらっていると思っているか? また、自分自身が自分自身の存在価値をどのぐらい大事にしているか? はたまた、他者に対して「肯定的ストローク・否定的ストローク」を効果的に発信しているかどうか?

さらには、他者からのストローク(感謝及び苦情)を素直に受け取ることができるのか否か? さらには、自分の「できることやできないこと、あるいはして欲しいことなど」素直に他者に伝えることができているか? などなど。

皆さんが、図表を作成する間、佐藤は会場をめぐり皆さんが書かれた図表を眺めて見た。するとどうだろうか。自分自身の存在価値をディスカウントしている方が多くいることがわかった。

ちょっと、ちょっと、相談援助や、対人援助をする人が、自分が自分の存在価値をディスカウントしてどうするの? 利用者や家族は誰を頼りにすれば良いのか(笑)。

まぁ、日本には、「謙譲の美徳」という考え方もあり、自分より他者をたてるという考え方が根強く存在していますからねぇ。言葉の中にも、(使えるかはともかく)尊敬語・謙遜語があるし・・・。

ただ、これは物事の考え方や行動の仕方であって、根っこの所では、自分の存在を大事にした上で、他者を敬おうという考え方が存在しているのだと思う。

なかなか、そのような思いはやはり言葉として表現されていないので難しいことなのかも知れない。

だとしたら「自分の存在価値を認める」という考え方や働き方を意識しないとねぇ。そのためにも、自分が、いま、ここにいる自分自身を愛おしく思い、大事にしないとね。人間は自分を愛するしか分しか他者を愛することができないんですって!


●これにて解説は終了●.jpg

●これにて解説は終了●



●最後にグループ内で語り合う●.jpg

●最後にグループ内で語り合う●



さてさて、国はいずれは介護支援専門員の働きに対して、利用者から負担して頂くことを真剣に考えているようだ。そう、相談援助の分野にも明るい光が差し込んできているともいえるし、人によればそうでないとも。

いよいよ、介護支援専門員自身が、自分の能力「何がどのようにできて、何がどのように、なぜできないか?」を説明して選択して頂く時代がやって来るかもしれないのだ。

その時代を見据えて、今だからこそ、自分自身へのストロークを満杯にしておくことは大事なことであろう(「私はこういう人間だ」において、○印を増やすこと)。


さてさて、これにて第2回目の研修は終了です。

相談援助の研修という割には、佐藤が話している時間が多いような(反省)。

いやいや、大丈夫? 次回は皆さん1人ひとりが主人公。たっぷり、相談援助の醍醐味を味わって頂きますから。どうぞ、次回も楽しみに参加してくださいませませ!


迷走台風が去り、再び猛暑がやってきちゃいました。なんだか日の出が遅くなり、日の入りが早くなってきたような・・・。

暑くても、うっかり電車の座席の下にはさまらないようにご注意ください。危険は思いもよらないところにこそあります。皆さま、引き続きご自愛ください。ではまた!



(岐阜県多治見市で、今年3度目の40℃超。これはもう災害認定レベルに違いないのだが、熱中症対策が抜群の街で被害が少ないらしい。やはり人間ってすごいのかも!To Be Continued!!)

posted by さとうはあまい at 16:46| 島根 ☀| Comment(0) | 研修会のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする